我がフェイエノールト

フェルメールが禁断の移籍

このエントリーをはてなブックマークに追加

移籍市場残り1日半という日曜午後、エールディヴィジ第4節の真っ直中で「フェイエノールトがケネト・フェルメールを獲得する」という衝撃のニュースが流れた。FC フローニゲン-アヤックス戦の終了直後、FC トゥエンテ-フェイエノールト戦の直前というタイミングでFOXが速報として伝え、VIやDe Telegraafも間を置かずに報じたため、アヤックス側から情報が流れたと見て良いだろう。実際フェイエノールトは試合に臨む選手たちにこの情報を全く伝えておらず、エルヴィン・ムルデルはもちろん、キャプテンのヨルディ・クラーシも試合後のインタビューで新GK獲得へのコメントを求められ「新Gk?誰?フェルメール??いや、知らない」と驚きの表情を見せていた。

アヤックスからフェイエノールトへの直接の移籍では1983年のヨハン・クライフがあまりに有名だが、近年では2006年8月31日のアンゲロス・ハリステアス以来。シュートに対する素晴らしい反応と高いフットボール能力、そして度々致命的なキックミスを冒すことで知られるフェルメールは昨シーズン途中であまりの不安定さから遂にヤスパール・シレセンにポジションを奪われたものの、シレセンがWK帰りで欠場した今シーズン第1節のフィテッセ戦でも「オランダ最高のGK」(ラビアト)の実力を証明しており、この移籍情報が与える衝撃はハリステアスとは別格に大きい。

フェイエノールトはこの数年エルヴィン・ムルデルが多くの批判を受けながら第1GKを務めており、昨シーズンは見事なパフォーマンスで遂にフェイエノールトの第1GKとしての地位を確立したかに思われたが、今シーズン序盤は再び不安定な印象でまたしても批判を呼んでいた。この夏大きな期待を持って獲得したヨング・オランイェの第1GK ヴァルネル・ハーンはプレシーズンで実力不足と判断されたのか、フェルメールの獲得によりエクセルシオールにレンタルされると見られる。

フェイエノールト・サポーターに大きな驚きと、少なくない怒りと反感をもたらす移籍情報なのは確かだ。実際にネットで情報を得ていたヘット・レヒューンはトゥエンテ戦でムルデルへ大きな声援を送り、試合後もその名前を歌っていた。しかし最も大きな驚きと怒りを感じたのは、やはり寝耳に水だったアヤックス関係者だろう。スユルト・モサウによると、フェルメールと代理人 ヴィニー・ハートレヒトはアヤックスから他のクラブとの交渉の許可を得ていたとのこと。「フェルメールは自分が少額の移籍金で出て行ける事を分かっており、ハートレヒトはアヤックスに交渉しているクラブ名を伝える前にフェイエノールトと話をまとめてしまったんだ。伝えてればアヤックスにブロックされるからね。彼らはフェルメールに出ていっても良いと約束していたが、それがフェイエノールトかPSVでは黙っていられない。アヤックスも驚いたが、もうどうしようもなかった」とモサウ。

敗戦後のフランク・デ・ブールもいつもの無表情は崩さないままだが、この移籍への驚きを口にした。「ショックかって?ああ、そうだ。こういう移籍はとてもデリケートなもの。それにフェルメールはオランダ最高のGKの一人。我々はもちろん相手を強くしたくはない」

フェルメールは移籍市場最終日の月曜にメディカル・チェックを受け、ロッテルダム・ザイトのクラブと4年契約を結ぶと見られている。移籍金は75万~多くとも100万ユーロとの報道。第2GKを失ったアヤックスは穴埋めとして早くから噂のあったデリク・ブールの獲得を即座に決定。第1GKを失うPECはNACのヘルト イェレ・テン・ラウウェラーウを候補に挙げていると報じられており、フェルメールの移籍の余波では喜ぶ人より腹を立てる人の方が圧倒的に多いのはあまりにも明白な事実だろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エールディヴィジ
契約・移籍
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第4節結果 4連敗でヤン・デ・ヨンゲ解任、1100分ゴール無しのウートがハットトリック【我がフェイエノールト】

トールンストラのデビュー戦はスコアレスドロー (第4節FCトゥエンテ-uit結果)【我がフェイエノールト】

香川のドルトムント復帰に中国サッカーファンはどんな反応?【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:767
  • 累計のページビュー:5490569

(06月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss