我がフェイエノールト

「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

WK初戦はまだ行われていないが、すでにオランダは伝統的な議題を提供している。ルイ・ファン・ハールは新しいプレースタイルでホーランセ・スホールの原則に縁を切ったのか?それともオランイェのボンズコーチには他の選択はなかったのか?『みんないろいろ望んでもいいけど、しかし我々は勝利も望んでいるんじゃないか?』

ナイジェル・デ・ヨングはかすかに微笑みを浮かべながらRio de Janeiroの木製のテーブルにもたれかかった。そう、イタリアでも頻繁にプレーシステムが語られる。「でも前提が全く違うんだよ。最終的に重要なのは勝つ事。結果だ。それ以外は何の意味もない」

オランイェの全ての代表選手について、彼は多かれ少なかれ『オランダ的な』フットボーラーのスタイルやフットボール観を持っていると彼は考えている。「ドイツ、イングランド、イタリアでプレーすると、他の見方や考え方を学べるんだ。僕はもうアヤックス時代のように足元にボールを持ってプレーするフットボール選手でも、ハサミを使いすぎる選手でもない。そういう遊びは辞めたんだ。でも最終的には自分はホーランセ・スホールから出たフットボール選手だと感じているよ。今でもね」

これはオランダでは古典的な議論だ。金曜のSalvadorでオランダは未成熟なチームと共に生き残りをかけ、スペインのクラッセたち相手に5人のDFで抵抗を試みようとしている。「これが我々によって唯一の可能性」とボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは自分たちについて語る。「結果が何よりも重要なんだ」

しかし彼の口からその言葉が発せられるのは奇妙に、ほとんど現実でないように思える。ルイ・ファン・ハールは攻撃的なフットボールの信奉者であり、我々がホーランセ・スホールと呼ぶものの代表者と自認する存在である。確かに2009年には相手を待ち構える、リアクション志向の2スピッツ・システムでAZと共にカンピューンになった。しかし彼の著書”Biografie & Visie”で、ファン・ハールは実に半分を攻撃的な、魅力的なフットボールへの揺るぎない信念を語る事に費やしている。福音史家として彼は長年それを実践してきたのだ。

彼のコース変更は識者たちにとって注目すべき事柄でもある。シナからはアリー・ハーンが全く賛同できないと叫んだ。レオ・ベーンハッカーは新たなリアリズムを論理的だと考えた。ヨハン・クライフは自分の意見が事を大きくするリスクを考えてこのテーマについては沈黙した。コ・アドリアーンセは彼自身がアヤックスで5-3-2を使用した過去があるため。この議論の全てに自分を絡めるのに熱心だった。

オランイェの選手たちはこの多様な議論を自分たちなりのやり方で追っている。「みんな本当にいろいろ望んでいるよね」とアルイェン・ロッベンはドライに語った。「もちろん僕らは4-3-3でプレーしたいよ。楽しいし、華麗だからね。でも僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」

「ホーランセ・スホールは僕にとってバイテンスペーラーがいるかどうか、というだけの話でしかないよ」とデ・ヨング。「利き足で準備し、ポジションプレーに気をつけ、勇気ある選択をすること。それが僕が学んだ事だ。監督がベストの選択肢だと思うプレーシステムを選ぶのは極めて当然のことだと思うよ。監督なら誰でもそうする。でもそれが、突然僕らが全てを投げ捨てたと言いたいのかい?」

ファン・ハールはメディアで自分を嫌う敵たちに対して、自身の新しいコースにあくまで拘る事を誓った。だがそもそもの背景として、『我々はフットボールの世界で今もガイドでありたいのか?それともユートピアになりたいのか?』という関連した議論も巻き起こっている。ファン・ハールの選択はスナップショットに過ぎないのか、それとも幅広いフットボールの成長における必然の結果なのか?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

イングランド発:ちょっとビミョーなワールドカップ応援グッズ【J SPORTS プレミアリーグナビ】

グアルディオラ対アンチェロッティ ~2014年4月29日の決戦~【サッカーの面白い分析を心がけます】

【W杯】で注目のヤングスター【Live Oranje】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:588
  • 累計のページビュー:5430140

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss