我がフェイエノールト

力強いプレーもあまりに痛い引き分け

このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜午後に行われたエールディヴィジ第25節、フェイエノールトはFC トゥエンテとのアウエーゲームを1ptという結果に甘んじなければならなかった。ロナルド・クーマンのチームはグラツィアーノ・ペッレとジャン・パウル・ボエチウスのゴールによって0-2と全く相応しいリードを得るも、最後の1秒でクコ・マルティナに同点ゴールを許して2-2。終了20分前にはルク・カスタイニョスが追い上げのゴールを決めている。この引き分けにより、フェイエノールトとトッカースの差は3ptsのまま変わらず。

フェイエノールトはエンスヘデで試合開始直後から、このトップゲームへの意気込みの大きさを見せる。フィテッセとPSV同様に、この節すでに3ptsをつかんでいるコップローパー アヤックスを視界に留めるには勝つしか無く、それと当時に順位表で上位にいるFC トゥエンテとの差も埋めることができるはずだった。

ロッテルダム軍の喜びはグラツィアーノ・ペッレが15分も経たずに見事なゴールを決めて大きなものに。このイタリア人はペナルティエリア内でジャン・パウル・ボエチウスの絶好のタイミングでのパスを受けると、反転しつGK ニック・マルスマンを破って0-1。フェイエノールトは特にタイトな組織でピッチ上を支配していたため、この先制はピッチ上の力関係を完全に反映していた。それ以外にもホームチームに上手くプレッシャーをかけ、レクス・インマルスが激しいボール狩りでマルスマンを大問題に陥らせ、ボールをほとんど奪いかける。するとこのGKはインマルスを地面に引き倒すも、主審 セダル・ゲズブユクはPK判定もレッドカードも出さず、彼らをそのまま放置した。

リードを守りつつ、相手の攻撃で生まれたスペースを何度もカウンターで突き、フェイエノールトは前半全体を通して試合を手中にしていた。FC トゥエンテはほとんど危険なシーンを作れず、唯一開始数分後 ルク・カスタイニョスのクロスに左サイドからフリーでゴール前に入ったFW クインシー・プロメスがボールを押し込み損ねた場面だけ。

後半もフェイエノールトはボールを持った時は前へフットボールをし続け、ホームチームにはクリエイティヴなストロング・ポイントを出す機会を与えなかった。このプレースタイルは60分も経たずに再び報われ、ボエチウスがゴールに向かってトリガーを引くと点差は2点に。右サイドのダリル・ヤンマートとインマルスからの素早い攻撃からこのウィンガーがボールを受けると、シュートはマルスマンの手の届かないコースでネットを揺らした。

フェイエノールトはこれでフロールシュ・フェステで大きな花を咲かせたかに思えたが、その出口はすぐに狭まる。見事なスルーパスからカスタイニョスがヨリス・マタイセンより素早くボールに反応し、得るvn・ムルデルのニア・サイドを破って残り20分でスコアボードに追い上げのゴールを刻む。これによってトゥッカースに良い結果への希望が完全に戻り、同点ゴールを狙って全力で前へ出始めた。

クーマンのチームは押し込まれたものの、セットプレーでの数回の危なっかしいシーンを見事に凌ぎ、リードを守り続ける。しかし最終的にトッパーは数秒間だけ余計だった。ロスタイム5分の最後の1分、クコ・マルティナのシュートがゴール隅に決まって同点。FC トゥエンテのカスタイニョスはオフサイドポジションでムルデルの視界を制限していた。こうしてフェイエノールトはたった1ptの結果に甘んじなければならず、その力強いパフォーマンスへのご褒美としてはあまりに物足りない。

FC Twente – Feyenoord 2-2 Scoreverloop: 13’ 0-1 Pellè 54’ 0-2 Boëtius 68’ 1-2 Castaignos 90+5’ 2-2 Martina

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

力強いプレーもあまりに痛い引き分け

いまビデオ観ましたが、本当に悔しいですね。
しかしこれから先も前を向いてやって行くしかないでしょう。

こんな記事も読みたい

第25節結果 カンブール、ローダをさらに降格圏深くへと追いやる。ユトレヒトが2014年初勝利で残留へ前進【我がフェイエノールト】

スペインサッカー・コード⑤ グアルディオラの熱弁【坂本 圭 スペイン式サッカーメソッドを体感する!】

溜め息しかでないチーム状況【スパーズよ永遠に。※煽りの方は無視致します…。詳しくはプロフを見てください♪】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:383
  • 累計のページビュー:5577979

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss