我がフェイエノールト

第23節結果 RKCが夢の15分間で残留へ一歩前進。PECHズヴォレがラッキー・アヤックスを止める

このエントリーをはてなブックマークに追加

Speelronde 23

07-02-2014 20:00 Vitesse - ADO Den Haag 0-0

フィテッセは出場停止のレールダムに代えてvdストライク。ハーフェナールをベンチに置いてトラオレがスタメン・スピッツ。スタインに代わってフレーサーが監督に就任したADOはファン・ハーレンをベンチに下げ、ホラ、マローン、バッケルでやや守備的な中盤。

フィテッセが7割以上ボール持つも、今日も動きの少ない低調なフットボール。逆にADOはコンパクトな守備からロングボールでフィテッセ守備陣の数多くの対応ミスを突き、ファン・ダイネンを中心にハーフチャンスの数で優ったが決定的シュートには至らずにHT。

フィテッセはヴェイノヴィッチ→ラビアトと代えてややハーフチャンスが生まれたものの、しかし試合イメージに大きな変化は無く時間が経過。65分にファン・ダイネンのポストプレーからバッケルがこの試合初めての決定的シュートもフェルトハイゼンの壁。 お互い交代カードを切って5分間のロスタイム、こぼれ球にハーフェルナールのシュートはポスト直撃。さらにFKからvdストライクのヘディングはコウティーニョがセーブでADOが凌ぎ切ってドロー。

最下位ADOは監督交代での出直しゲームで集中した守備を見せ、まずは現実的に1pt獲得。しかし次節ローダ-uitにアルベルフとベウヘルスダイクが累積で出場停止に。フィテッセは4試合勝利無し。ここ7試合でわずいか1勝と完全にフォームを失う。

ペーター・ボス 「ここ4週間はウィンターストップ前のようなフレッシュさもフィットネスも無くなっている。それが自信に影響を与えているんだ。前半はとても悪かった。非常に不安がってゆったりとしたプレーだった。勇敢さが無く、何度もボールを戻していた。後半は現時点での我々の能力全てを出したが、残念だがそれでも勝つのに十分では無かった」

ヘンク・フレーサー 「酷くタフな1週間の後にエールディヴィジのベターチームとの対戦だったし、へヴィな試合になるのは分かっていたこと。選手たちが試合全体を通じて見せた規律は賞賛に値する。特に前半は3ptsを得るチャンスもあった。プランがしっかり実行されたのは素晴らしい事。後半も良いチャンスはあったが、最後の数分はフィテッセもシュートをポストに当てた。拳が震えたよ。これは第一歩であり、ここからこれを繋げていくことが重要。今シーズンの我々は一つ良い試合をした後に、それを続けられていないからね。それを変えるのが私にとっての素晴らしい仕事だ」

08-02-2014 18:45 PSV - FC Twente 3-2 7’ Santiago Arias 1-0 / 23’ Jürgen Locadia 2-0 / 40’ Quincy Promes 2-1 / 52’ Jetro Willems 3-1 / 3-2, 68’ Kyle Ebecilio 3-2

PSVはレキクの出場停止でヘンドリクスがスタメン。ルイスが戻り、マヘルは今日もベンチでバッカリはベンチ外。トゥエンテは再びエーガンを外してタディッチを10番に。

序盤いい上がりを見せていたアリアスがそのまま単独でフィニッシュまでいって見事に先制。さらにデパイのクロスにロカーディアが頭であわせ、早速ヒディンク効果か珍しくチャンスをモノにし続けて2点のリード。トゥエンテもチャンスは作るもタディッチが右足でバー直撃。それでもHT前に素早いスローインからプロメスが決めて1点差で折り返し。

しかし後半もヒディンク効果か、ヴィレムスがオープンスペースを駆け上がってそのまま右足でのフィニッシュで3-1。試合をコントロールに入ったPSVに対してトゥエンテはカスタイニョスが決定機を例のごとく逃し、CKからエベシリオが密集地帯から3-2と再び試合に緊張感を戻すも低調すぎた前半が高く付いて追いつけず。ロスタイムにはロシア行きが決まったマタフスがお別れ出場。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エールディヴィジ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アウヴェス、カンプ・ノウの観客減を憂慮「選手とサポーターが一体にならなければ」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

マンUを見ているとサッカーの難しさを感じる【サッカー食いしん坊】

勝てないユナイテッド 明日はどっちだ?~ついでに香川の明日もどっちだ?~【概ねサッカー、時々ゴルフ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:435
  • 累計のページビュー:5579682

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss