我がフェイエノールト

第22節結果 ヘラクレスに完敗でADOがスタインを解任。残り12試合、ボトム8は6pts差

このエントリーをはてなブックマークに追加

Speelronde 22

04-02-2014 18:45 Roda JC Kerkrade - Feyenoord 1-2 13’ Lex Immers 0-1 / 45’ Samuel Armenteros 0-2 / 77’ Anouar Kali (str.) 1-2

ローダはパウリセンに替えて新加入 アンコ・ヤンセンが2列目左サイドでデビュー。フェイエノールトはスタメンは代わらず、スハーケンが首の痛みで欠場。

これまでの誤審の数々に我慢の緒が切れたローダ・サポーター。計画されていた笛の持ち込みは行われなかったが、試合序盤からマッケリーの判定一つ一つに大きなリアクション。 しかしフェイエノールトが冷静にフットボールをして立ち上がりから試合を支配すると、インマルスがペナルティエリア際からゴール逆隅にシュートを決めて先制。しかしその後も圧倒しながらボエチウスとデ・フライが決定機を決められず。ローダは40分にフッペルツがマルティンス・インディとコンゴロをかわして初めてのチャンスも、ラストパスが誰にもあわず。フェイエノールトが終盤雑になるも、HT直前にカウンターからインマルスのシュートのリバウンドをアルメンテーロスが決めて0-2でHT。

後半もフェイエノールトが雑なプレーでローダの攻撃の時間が増えるが、フッペルツがマルティンス・インディを圧倒して数回脅威になっただけでフェイエノールトが試合をコントロール。しかし次第にローダの圧力が増すと70分過ぎにドナルドが飛び出し、ペナルティエリア内でインマルスが倒してイエローカード&PK判定で1-2。マッケリーはローダに今シーズン5回目のPK判定。 終盤試合に緊張感が戻るも、フェイエノールトが全く攻められないながらコントロールをやや取り戻して大きな問題は無く逃げ切り。ただロスタイム最後の1分には久しぶりに相手陣内に入ったチームが時間を稼がずにあっさりボールを失ったことにクーマンが激怒して終了。

フェイエノールトは3試合ぶりの勝利。

ヨン・ダール・トマソン 「インマルスはレッドだと思ったか?その可能性はあっただろうが、その質問は審判に聞いた方が良い」 「後半の我々は全てを出し尽くしたが、それでも1ptには不十分だった」

19:45 ADO Den Haag - Heracles Almelo 0-3 2’ Bryan Linssen 0-1 / 34’ Mark Uth 0-2 / 57’ Mark Uth 0-3

2分も経たずにリンセンがここ6試合で6点目となるゴールでヘラクレスが先制。その後もアウエーのヘラクレスが最下位ADOを圧倒。ホームチームも30分過ぎからようやく試合に入ってハーフチャンスを作るも、ロシュヘウフェルのクロスに対してウートがベウヘルスダイクをかわして2点リードで折り返し。 ヘラクレスは後半早々にリンセンが怪我でピッチを去ったが、ADOが前掛かりになったスペースをウートが突いて勝負あり。

ADOは2連敗でいよいよスタインの首が危うく(翌日に解任)。

モーリス・スタイン 「この状況からもっと強くなっていけると私は確信している。しかしこれは痛い敗戦。我々は最近フェイエノールトに勝ち、負けはしたがヘーレンフェーン相手に良いプレーをしていた。それらの試合で我々は自分たちの力を示せていたのに、ヘラクレス戦では全員で失敗してしまった」

トム・ベウヘルスダイク 「悲劇的だった。今日何が悪かったのかは僕にも分からない。試合終了を待たずに帰るサポーターがたくさんいたけど、それも当然だと思う」

ヤン・デ・ヨンゲ 「先制後はADOにプレッシャーをかけて我々はかなり伸び伸びやれた。我々にとってはこれまで無かったこと。生まれていたスペースをほとんど使い切れなかったのが残念だが、この勝利はとても嬉しい」

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エールディヴィジ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

長友佑都はキャプテンとして先発フル出場。長友にはもう一度守備から自分のプレイを見直してみて欲しい。 【 ユヴェントス vs インテル 】【FCKSA66】

R・マドリードのモドリッチ、「今日のようなプレーをしている時の僕達は本当に強い」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

香川はアップ!フェライニはダウン?ファンがつけたマンチェスターU選手の現在の評価額【J SPORTS プレミアリーグナビ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5577979

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss