我がフェイエノールト

クラーシ 「誰もデ・カイプを去ることなどできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンガリーとのWK予選からPEC ズヴォレ戦へと特別な1週間を終えたオランイェの新顔 ヨルディ・クラーシ。このスペルマーカーはGoal.comに初の代表戦とフェイエノールトのスタディオン・プランについて語った。

「オランイェ・デビューはとても素晴らしい体験だったよ。夢が叶った。毎日あんなビッグネームとプレーし、トレーニングできることはそうそう無いし、忘れられない。もちろん試合のレベルも高かった。エールディヴィジへの切り替えは難しくなかったよ。僕はいつも同じ姿勢で試合に臨んでいるからね。トルコ相手でもズヴォレ相手でも、僕はいつも同じヨルディ」

9月7日の金曜日にクラーシはボンズコーチ ルイ・ファン・ハールから初めてのチャンスを貰ってスタメン出場したが、納得のいくプレーは見せる事ができず、2-0で勝利した試合後もナーヴァスになって本来のプレーができなかった事を認めざるを得なかった。しかし次の火曜のアウエーでのハンガリー戦は遙かに良いプレーを見せた。

「2試合目はそれほどナーヴァスにならなかった。自分のプレーを見せられたとも思う。最初のトルコsねんではあまり良いプレーはできずに、安全策を選びすぎてしまった。もちろん多少ナーヴァスになるのは当然。オランイェでああいうビッグな選手たちと一緒にやれば、誰だってミスが怖い。特に初出場だったしね。でもハンガリー戦でずっといい感じにできたのは良かったよ」

しかしオランイェでの2試合をいつまでも引きずってはいられない。先週土曜にはクラーシはフェイエノールトでズヴォレを迎えたホームゲームに再び集中しなければならなかった。ロッテルダマースが昇格チームを振り切るのに苦しんだのは間違いない。
「僕らには良くあることだけど、決めるべきチャンスはあった。単純にそれを決めていればもっと簡単にやれただろう。敢えていうけど、デ・カイプで先制すれば95%は僕らの勝ち。そこから負けることはまず無いからね」

それに続けてクラーシは敏感な話題を持ち出した。フェイエノールトのディレクター陣はニュー・スタディオンの建設計画を提案しているが、レヒューンはデ・カイプを去る事など絶対にあり得ないという気持ちを持っており、Reddekuip.nlの先導のもとで1万人以上のサポーターがこのクラシックなフットボール・スタディオンを守ることを支持している。そしてクラーシも彼らに賛同する立場だ。

「フェイエノールトはこのスタディオンを維持するべきだと思う。デ・カイプはファンタスティック。ここの雰囲気がどういうものか、ここにいた誰もが経験している・・・。誰もこのスタディオンを去る事などできないだろう。だからこの件については彼らはデ・カイプを守るべきだと僕は言うよ」

http://www.fr12.nl/nieuws/19641-clasie----de-kuip-kun-je-niet-zomaar-verlaten--.html



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バルセロナのプジョルが復帰戦で故障 全治4~6週間で再び“クラシコ”欠場へ【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

プレミア第4節、気がつけば上位はいつものメンバー、リバプールは初勝利ならず【ほんとうのスポーツのために】

雑記、スパニッシュ イン 英国【くうねるサッカー アラウンド】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:467
  • 累計のページビュー:5492062

(06月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss