我がフェイエノールト

マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

これから3シーズンをフェイエノールトでプレーするヨリス・マタイセン。32歳のDFは来週のデ・カイプでのヘーレンフェーン戦でデビューすることを望んでいる。「このクラブを選ぶ気持ちはEK後に出てた」、「僕のキャリアにとって正しいステップだ」とマタイセン。

とうとうフェイエノールトへの移籍が決まったけど、ホットしている?
「マルティン・ファン・ヘールからの連絡を貰って大喜びしたんだ。それからまだ数日かったけど、このステップを踏むしかないと自分で分かっている。それにはマラガとのことを全て終わらせなければならなかった。でもそこからはあっという間だったよ」

スペインを出たのはマラガがお金を出さなくなったから?
「決してそうじゃない。あのクラブが昨夏にスタートさせたプロジェクトは素晴らしいものだったし、僕らはCL予選にも進めた。でもクラブには問題があって多くの選手が見切りを付けたんだ。ただマラガがあのまま上手く行っていたとしても、僕はこのステップを選んだだろう」

テクニカル・ディレクターのマルティン・ファン・ヘールとは親友だよね?
「マルティン・ファン・ヘールの存在は非常に大きかたよ。もう長年の付き合いだしね。でもフェイエノールトはタレントに溢れているし、昨年の2位からも成長を続けようとしている」

アヤックスからも連絡はあったでしょ?
「でも具体的な話ではなかった。具体的だったのはフェイエノールト。僕はフィットしているし、今週もオランイェで2回トップレベルのトレーニングができる。来週のヘーレンフェーン戦には出たいね」

ディルク・カイトも32歳だけど、彼はフェイエノールトへのステップを選ばなかった。
「ディルクがなぜフェイエノールトに来なかったのか、僕は知らないけど、僕は彼とは別の選択をしたということ。国外でフットボールをするのは素晴らしいことだけど、家族を犠牲にしている面もあった。僕にとってはエールディヴィジに戻る良いタイミングだったんだ。そこにちょうどフェイエノールトから話が来た」

http://www.fr-fans.nl/?p=lees&id=4944



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

いよいよリーグ戦スタート【我がフェイエノールト】

今季もリバプールは・・・【サッカー中心 スポーツは何でも好き】

アーセナルの心穏やかならざる日々…その②【お茶漬け唐辛子】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:767
  • 累計のページビュー:5490569

(06月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss