我がフェイエノールト

ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に

このエントリーをはてなブックマークに追加

水曜に行われたEK2戦目、Charkovでオランダはドイツに1-2と手痛い敗戦。Mario Gomezの2ゴールによってオランダはEK敗退の危機に晒されることになった。後半に1点返したのはロビン・ファン・ペルシ。オランイェはドイツがデンマークに勝った上で、ポルトガルに2-0で以上で勝った場合にのみ生き残ることが出来る。

Metalist Stadionの観客の目の前で現実となったのは有名な映画のようなシナリオ。オランダは出だしから試合をコントロールしてロビン・ファン・ペルシに二つの良いチャンスを作ったが、それを決める事ができず。ドイツがその後チャンスを活かして2-0とすると、間もなく,,Schade Holland, alles ist vorbei.’’の声が響いた。

デンマーク同様に24分に決めるべきシーンでの決定力を見せたドイツ。デ・ヨングとファン・ボメルの視界から逃れたBastian SchweinsteigerからMario Gomezにパスが通ると、このドイツ人スピッツはマーカーのヨリス・マタイセンから上手くマークを外すしてマールテン・ステケレンブルフにはノーチャンスだった。前半ほとんどライン際にタチ続けていたベルト・ファン・マルワイクだが、この失点に両腕を振り上げた。

15分後に再び効率性についてのレッスンを受けたオランイェ。またも完全にフリーのSchweinsteigerからGomezにパス。イェトロ・ヴィレムスのスライディングもかわされてステケレンブルフにはノーチャンスの0-2。この大きな一撃で大会からの早期敗退が現実味を帯びてきたオランダはミスを連発。ファン・マルワイクはベンチからふん点ラールとファン・デル・ファールトを呼び出し、HTにアフェライとファン・ボメルと交代させた。

ファン・デル・ファールトはデ・ヨングの横へ、ファン・ペルシが右サイドに入ってフンテラールがスピッツに。ロッベンは左サイドに回った。攻撃に全力を向け始めたオランイェ。すぐにファン・ペルシがロッベンの左足クロスにあわせてドイツゴールへシュートを放つが、Manuel Neuerの好セーブにあう。

73分、ペナルティ・エリア際から強烈なシュートでオランイェを競り合いに戻したのはロビン・ファン・ペルシ。その1分後にも彼はあわや2-2のチャンスを得るも、シュートはブロックされる。しかしファン・ペルシが生き生きとし始め、オランイェも息を吹き返し、スタディオンに再び‘Holland, Holland.’の大声援。

だがその流れを活かすことができなかった。残り15分間でオランイェは拳を振り上げることはもはやできず、2敗目で大会敗退が濃厚に。生き残れるのはポルトガルに最低でも2-0勝ちをした上で、ドイツがデンマークに勝つことだ。

Statistieken:

Nederland – Duitsland 1-2 (0-2).

Scoreverloop: 24. Gomez 0-1, 38. Gomez 0-2. 73. Van Persie 1-2.  

Geel: Nigel de Jong, Willems (Nederland), Boateng (Duitsland).

Opstelling Nederland: Stekelenburg; Van der Wiel, Heitinga, Mathijsen, Willems; Van Bommel (46. Van der Vaart), De Jong; Robben (83. Kuyt), Sneijder, Afellay  (46. Huntelaar); Van Persie.

http://www.onsoranje.nl/nieuws/artikel/12833/lot-oranje-aan-zijden-draad

ベルト・ファン・マルワイク
「最初の20分間のプレーは良かった。決めるべき良いチャンスもいくつかあった。ドイツに勝ちたければ全員が絶好調でないといけないし、ああいうところでボールを入れないと。フォームを崩している選手が何人もいた」

「20分過ぎからは上手く守れなくなった。先制点は何も無い所から決められたが、CBコンビと守備的MFコンビとの連携が上手くいっていなかったせい」

「前進守備をして下がらないようにかなりトレーニングをしてきたが、残念ながらその通りにならなかった。DF陣の勇気をもっと見たかった。それが中盤を楽にすることにもなる。一旦DF陣を1対にさせてコントロールできるようになったが、それを続けられなかった。フィリップも私も声がかれるほど叫んだんだが。2-1にして追い上げムードの時でさえ駄目だった。」

「我々は非常に良いチームによって敗れたということは忘れるべきではないが、勝てると信じていたし、少なくとも1ptは取れた。これまで学んだ多くの事をポルトガル戦へ持っていく。少なくとも2点差で勝ってドイツも勝つことに望みを繋ぐ方法を見つけないといけない。準々決勝へ進むチャンスはまだあるし、最後までそれを狙わないと」

マルク・ファン・ボメル
「この試合は負けないことが狙いだった。そこから監督がやり方を変えようとしても、みんな冷静に受け入れなければいけない。監督はあの交代でショック効果を狙ったんだ。そういう場合にはチームを優先して、ラインの外からチームをサポートしようとしないと」

「我々のスタートは良かったし、多少チャンスも作った。その後与えた2回のチャンスで2-0のビハインドを負ってHTに入ることになったのが残念。でもまだ幸運にも終わったわけではない。まだ可能性はある」



ドイツもそんなに良かったわけではないですが、まぁそれでも歴然たるチームの力の差は認めるしかなく、しょうがないですね。
スタメンはこの4年間を思えば突然そんなに変わらないだろうと、ある程度予想通り。さすがにフンテラールは使ってくれると思いましたが・・・。試合運びの方も予想通り手堅くコンパクトに守って、無理せずに押し上げ、チャンスがあればカウンターで狙う、という感じで今日もなんとなくチャンスは作るものの、肝心のファン・ペルシに得点の気配が全く無くそれを逃し続ける展開。もういい加減に彼のスピッツは無理と気づいて欲しい。ベルタスの理想は分かりますが、チーム全体が彼のために動くなんてオランイェでは絵に描いた餅。後半を見ればフンテラールが囮になって、ファン・ペルシが2列目から入ってきてシュートを狙う形の方が明らかに説得力があります。

20分あたりまでは希望が持てたものの、今日もあっさり失点してその後立て直せず。失点シーンはまずファン・ボメルがÖzilに付いていく形でボールサイドに寄せて空いた中央のスペースを誰も埋めず、そこにファン・ペルシとロッベンの間にいたSchweinsteigerがスルスルッと上がってきてフリーでボールを受け、ハイティンハの背後からマタイセンとの間に入ったGomezが楽々決めた形。vdヴィールがなぜ1人だけオフサイドラインを下げる位置にいたのかは謎ですね。誰が悪いかと言われれば、やっぱりみんな悪い。

その後もまだしばらくはボールが回っていたものの、。30分過ぎくらいから膠着化し始めて2失点目以降は見るも無惨な流れに。2失点目は相手のゴールキックを相手選手も競り合ったヴィレムスも触れず、その裏に走り込んだGomezがぐるっと回ってマタイセンのマークをかわしてヴィレムスもかわしてズドン。中央の守備はリスタートでそもそも人数が足りてなかったですが、これも後方から走り込んだSchweinsteigerにロッベンもファン・ボメルも間に合わず。しかしまぁフィニッシュ能力はファン・ペルシと比べものになりませんね。

今大会最大の誤算はファン・ボメルと両ウィンガー アフェライ&ロッベンの不調でしょう。直前のテストマッチから不安な感じでしたが、一旦持ち直して安心したものの、やはりまったく動きにキレが無し。まぁそもそも南アフリカに続いてチーム全体としてコンディション調整に失敗している体たらくですから、ベテランが多い時点で失敗だったか。「フォームを崩している選手が何人もいた」といいますが、スナイデル以外にフォームを保ってる選手がいるのかどうか。まぁナイジェル・デ・ヨングくらいですかね、ぱっと見。ヴィレムスはもしかたら保ってる方かも・・・。まぁワーストプレイヤーがvdヴィールなのは明白ですが。両ウィンガーに至っては、そもそも1対1で勝ててないので攻撃の作りようがありません・・・。

そもそも個々の選手の調子が上がってないのでポルトガル戦へもあまり希望が持てる感じがしませんが、最低でも2-0が必要という状況でベルタスがどういう采配を見せるかはちょっと見物ではあります。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オランイェ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【オランダ×ドイツ】愚直なまでにこのメンバー、このフォーメーション、この戦い方。分業サッカーの限界。【eight hundred years of football】

「攻めのカウンター」 Group A ポーランド vs ロシア【カキナグルー】

オランダ代表【大阪市民のサッカー人】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:324
  • 累計のページビュー:5516565

(08月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss