我がフェイエノールト

ファン・ヘール、クラブの現状について語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

マルティン・ファン・ヘールはデ・カイプで働き出してまだ2週間だが、ロッテルダム・ザイトではすでに彼の貢献について高く評価されだしている。投資家ピム・ブロクラント氏から「理想的なチームプレイヤー」と評されたファン・ヘールがADに対して現在のフェイエノールトの状況について語った。

ヨン・ダール・トマソンはフェイエノールトに残る?
「ヨン・ダール・はセレクションの新シーズンがスタートする6月26日にフィットしようとトライしている。彼は良い形でキャリアを終わらせたいと望んでおり、我々もそのチャンスを彼に与えたい。しかし我々はもう彼を戦力としては数に入れていない。彼はまだトップフィットしようと調整しているところで、セレクションにとっては今のところおまけのようなもの。ヨン・ダールにとって確かなのは、フェイエノールトで続けるか、引退するかと言うこと」

カリム・エル・アマーディはデ・カイプに戻る?
「カリムとは話をしたが、彼はドバイにこれ以上残ることは考えていない。フェイエノールトでの契約がまだ残っているし、彼は我々のところに戻って来ることになる。カリムにとってロッテルダムでの新しい時間が簡単ではないことは我々も分かっている。だからお互いそれを解決するために動いているところ。彼への興味は届いているが、彼はそれについて何も考えなければ、我々は契約を尊重する事になる」

ロブ・ファン・ダイクが去った後、新しいGKは来ないのか?
「これは間違いない。我々はセレクションに3人GKが揃っている。エルヴィン・ムルデルを筆頭にダルレイ、ランプルー。みんな競争できる仲だ。残念ながら何かが起きてしまった場合には、他のGKを探すシャドウリストがあるが、基本的には新しいGKにかける予算はない。それよりはセレクションの他のポジションに回したいからね」

契約中の選手たちで移籍する可能性があるのは?
「カリム・エル・アマーディ、アディル・アウアサル、アンドレ・バイーアは新しいクラブを探しても構わない。しかし6月26日まで何も無ければ、彼らはフェイエノールトで歓迎される。彼らがこの夏出て行くことが出来る、というのが我々の立場。その点はハッキリしている」

O/17 オランイェのユース代表選手6人が出て行く怖れは?
「彼らがEKで良い印象を残したのは間違いない。カイル・エベシリオはすでにアーセナルへ行っているし、カリム・レキクはマンチェスター・シティへ、ナタン・アケはチェルシーへ行く。今度のWKにもまた多くのスカウトが集まって他の選手たちを獲ろうとするのは分かっている。ADでアナス・アハバールとトニー・トリンダーデ・デ・フィリェナがまずはデ・カイプで成功したいと行っている記事を読んだが、私はこれは良いサインだと思う。選手たちには出て行くまで、なるべく長くオランダに留まって欲しい」

エクセルシオールとの提携はさらに進んだものになる?
「そうなるように強く働きかけてて行きたい。フェイエノールトはこの夏新たにクラーシ、フェルナンデス、ネロム、ラムスタインの4人をデ・カイプに連れて行き、もちろんまたタレントたちを反対に送り出す。マルレイ・ベルクフェンス、ケフィン・ヤンセン、ダーン・スミス、マルタイン・デ・フリースだ。アレックス・パストールの後任が誰になるかがイメのエクセルシオールにとって主要議題だが、我々もそれについてはハッキリとした考えがある。二つのクラブの間での誓約をしっかり守れる人物でなければならない。シモン・ケルデルなら私は何の不足もない」
http://www.fr-fans.nl/?p=lees&id=1450



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

海外日本人選手に値段をつけよう! 第一回 長友 佑都【芝を刈り込んで坊主頭 segunda】

今日の注目試合!!【やっぱりスポーツはいいよね!うん!】

モウリーニョ監督、スポルティング・ヒホンのプレシアド監督と和解【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:177
  • 累計のページビュー:5610449

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss