J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)

J1川崎のJ1優勝について 【J OKAYAMA】

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロローグ 少し前の話題になってしまいましたが、まだまだホットな話題だと思います。昨日もTVのどこかの局で憲剛選手特集をやっていました。憲剛選手の入団当初はJ2だったのですね。改めて川崎さん逆転優勝おめでとうございます。とにかくあの日のどの試合も涙を流す選手が多かったのが印象的でした。川崎さんは、湘南さんと並んで当ブログで最も評価しているJクラブ。一ファンとして川崎さんに関わったすべての皆様を祝福いたします。川崎さんの優勝からセレモニーのシーンを観ていると、あくまで個人的主観ですが、一番地域に根ざし、一番ファン・サポーターと距離感が近く、一番幸せなJクラブかもしれないと思いました。疑問を感じた人がいたら、試しにその一連のシーンを観て下さい。某黄色いチームは置いておいて、今までで一番感動した優勝シーンでしたね。あれからいろいろと川崎さんのJ1絡みのニュースが流れました。当ブログでも優勝時の模様を一度記事でアップしています。では、順番に見ていきましょう。     昨季と異なる“強さ”を示した川崎…転換点となった夜、指揮官が発したある一言とは

「今シーズンから指揮を執る鬼木達監督に率いられる川崎フロンターレには、閉塞感に近い雰囲気が漂っていた。」 「理由は何だったのか。それは風間八宏前監督(現名古屋グランパス監督)の下、約4年半に渡って突き詰めてきたパスサッカーが、ややピンボケ状態になりかけていたからに他ならない。」 「清水エスパルスとの第8節。ホームの等々力陸上競技場のロッカールームに、前日に43歳になった鬼木監督の声が響いた。『やっぱり、オレたちはボールを握ってナンボだろう』 握るとは、要はボールを保持し続けること。鬼木監督のこの一言を受けて臨んだ清水戦が、12月2日の最終節で鹿島アントラーズに勝ち点72で追いつき、得失点差で逆転して悲願でもある初タイトルをJ1制覇という形で手にした。今シーズンにおけるターニングポイントとして中村は位置づけている。」 〔就任1年目で初タイトル、初志を貫徹した鬼木達監督〕 「一度身につけた技術は落ちないことを前提に、鬼木監督が新たにチームへ浸透させたのは守備に対する意識だった。攻撃から守備、守備から攻撃を素早く切り替え、球際では激しく、かつ泥臭く挑む。市立船橋高校からJリーグが産声をあげた1993シーズンに鹿島へ加入した鬼木監督は、常勝軍団の礎を築いた神様ジーコの薫陶を直接受けた。  攻撃で圧倒することを目指した風間前監督体制から、守備でも圧倒していくために。鬼木監督はこんな指針を伝えてシーズンに入っている。『勝利への執着心と結束力を大事にしよう、と。攻撃的に行きたい、という思いを抱いて今年のメンバーが集まってくれたと思うけど、守る時にはしっかりと守れる、という部分も武器にしていきたい』」 「大敗を喫した7月29日の磐田戦を最後に、川崎はJ1戦線で11勝4分けと不敗のままフィニッシュした。最終的にマークした総得点71はリーグ最多、3番目に少ない総失点32は実はクラブ歴代における最少記録となる。攻守が究極のハーモニーを奏でるに至った原点をさかのぼっていくと、おのずと4月21日の夜に指揮官が発した一言に行き着く。」 引用:サッカーキング

 そうですか、風間前監督の戦術からの進化を図ったのですね。攻撃型から守備型へ、鹿島さんのスタイルを一部踏襲した訳ですね。確かに鹿島さんは試合の序盤は相手の攻めを受け止めて、そこから「攻めどころ」を見極めて突いてくる戦い方であると、岩政選手のブログにも書いていましたね。上のコラムを読むと、そのポゼッションサッカーのスタイルが、某黄色いチームに似てるなとも思いました。終盤の川崎対柏戦で、最後の最後に川崎さんに追いつかれましたが、あの時勝ちきれていれば、今年の川崎の立ち位置にいたのではないかとも思っています。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム一般【Jリーグ】
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J2名古屋のJ1復帰について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

《放送予定》12月30日 J2ツエーゲン金沢 阿渡・富田選手インタビュー、ブラインドサッカー体験会について【情熱サッカー@kanazawa】

2017年も終わる、大分トリニータはどこへいく・・・・。【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

単純に攻撃の部分を更に伸ばすのか守備の部分を伸ばすのか。もちろん最良は両方。【FCKSA66】

待ちに待った瞬間(とき)。祝☆J1リーグ初制覇!【主婦の目線でフロンターレ♪】

川崎フロンターレ優勝 「強さと美しさと」【動楽者plus】

川崎、悲願の初タイトルは最も価値のあるリーグ優勝【スポーツ えっせい】

川崎の初タイトルの裏には。【「読裏クラブ」のワンツー通し】

ブロガープロフィール

profile-iconjokayama

 本ブログ「J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ」を毎日更新で8年間やっています。更なる新しいステージへ、レベルアップのためのもう一つのフィールドとして、スポナビ版を開設しました。
 本ブログの中のセレクト記事を、全国のサッカーファンの目に触れる場にどんどん出していこうと思います。本ブログ情報は各記事の最後尾に掲載しております。
  • 昨日のページビュー:154
  • 累計のページビュー:1112359

(01月15日現在)

関連サイト:J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(本ブログ)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. FOOT×BRAIN「ドルトムント特集」について
  2. J1・J2クラブのサポカン事情(全クラブチェック) 【J OKAYAMA】
  3. Jクラブの人件費と順位について 【J OKAYAMA】
  4. 松本山雅のJ1自動昇格について 【J OKAYAMA】
  5. J1大宮のJ2降格について 【J OKAYAMA】
  6. J1広島の連覇について 【J OKAYAMA】
  7. J1名古屋のJ2降格について 【J OKAYAMA】
  8. 産経新聞「2季連続で浮き彫りになるJ1前後期制の“致命的欠陥”」記事について 【J OKAYAMA】
  9. 日経新聞「Jの成長戦略」(中)の専用スタジアム特集について 【J OKAYAMA】
  10. 【Jクラブの付加価値】J1浦和の事例【J OKAYAMA】

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss