J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)

J1大宮のJ2降格について 【J OKAYAMA】

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロローグ  大宮さんです。J1リーグで3年ぶり、17位での自動降格です。思い出すのは、某黄色いチームが2回目に降格した時に大宮さんと対戦し、苦しめられた事。当時はJ2に落ちそうで落ちなかった存在でした。そんな大宮さんも、2015年に続いてのJ2になりました。しかし、今回の大宮さんの降格劇については、ネットでの情報、コラムが出てきませんね。今回の状況はそんなに深くないのかもしれません。少しずつ引用して紹介します。     J2降格の大宮アルディージャ。5位からの転落劇に虚脱感だけが漂う

「昨シーズン5位に躍進したチームが、今シーズン降格した理由を語るのは難しい。家長昭博、泉澤仁という2人の主力の穴を埋められていなかったのはある。それが6連敗スタートにつながり、渋谷洋樹監督は解任へ追い込まれた。14節から率いた伊藤彰監督は4-1-4-1でプレーの仕組みを整え、ロジカルな戦い方で悪い試合はしていない。しかし3勝8分7敗と勝ち切れず、引き分けが多すぎた。そしてクラブは残り3試合で石井監督を招聘するが、機首は下がったままだった。」 「5位になって目測を誤った」というのはあるだろう。いくら目標を低めに設定しても、選手は自信を得て、周りはどこかで期待した。しかし、現実的にチームはスケールダウンし、監督が交代するたびに消耗していった。」 引用:Web Sportiva

 当ブログで何度も口にしていますが、チームの強さの要因は「監督」「選手層」「チーム内のバランス」であると認識しています。大宮さんの場合はまず、選手層の枯渇。そこから監督の能力を伸ばせない環境になり、シーズン中の2度の監督交代となって、結果を出すことなくJ2降格へ落ちていくデフレスパイラルのような状況に陥ってしまったのかなと、素人ながら推測しています。引き分けが多すぎたって、どこかで聞いたセリフですね。負けはしないが勝てない。そこで勝ち点2点が積み重なっていき、気が付いたらどんどん追い抜かれていく、ってところもどこかで見た光景。  「5位になって目測を誤った」「チームのスケールダウン」と書かれていますが、これもどこかで聞いた話。やはり、弱いところはこういう流れになるのでしょうか。監督の替え時も難しい。早すぎても遅すぎてもいけない。いいタイミングでいい人材をあてはめなければなりませんが、これが一番難しい。監督の一番の仕事は選手起用と言われますが、監督起用もチームの成績を左右する大きな要因ですね。

大宮、2度の監督交代も奏功せず降格決定…社長に大ブーイング、石井監督には拍手

「試合後にはホーム最終戦セレモニーが行われ、森正志社長が登場するとサポーターからは大きなブーイング。「本当に申し訳ございません」と謝罪しても怒号はおさまらず、「必ずや来季J1のステージに戻ってまいります」と1季での復帰を誓うと、ようやくまばらな拍手が起きた。  J1復帰1年目の昨季は年間5位と躍進した大宮だったが、今季は開幕から6連敗と苦戦し、5月28日に渋谷洋樹元監督(50)を解任。伊藤彰前監督(45)がコーチから昇格したが、指揮を執った18試合で3勝8分け7敗に終わり、J2降格圏から浮上できなかった。今月5日には伊藤氏を解任し、今季途中まで鹿島を率いた石井氏が新監督に就任。しかし初陣となった前節は仙台に0—3と大敗、今節も引き分けに終わり、11戦勝ちなしで来季のJ2降格が決まった。」 引用:スポーツニッポン

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム一般【Jリーグ】
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J1新潟のJ2降格について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

記事更新のお知らせ【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

堀監督との来季の契約は正しかったのか【地球は青い!】

浦和レッズ  大宮アルディージャ 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

大宮vs札幌(7月8日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

前年度的中率72.2%!2017J1リーグ順位予想~大宮アルディージャ編 ~【キキアシワアタマ】

もっとサッカーが楽しく観れる方法を審判目線で語ってみた【キキアシワアタマ】

そんなことより大宮の8敗の方が【にわかフロンターレファンの試合分析】

ブロガープロフィール

profile-iconjokayama

 本ブログ「J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ」を毎日更新で8年間やっています。更なる新しいステージへ、レベルアップのためのもう一つのフィールドとして、スポナビ版を開設しました。
 本ブログの中のセレクト記事を、全国のサッカーファンの目に触れる場にどんどん出していこうと思います。本ブログ情報は各記事の最後尾に掲載しております。
  • 昨日のページビュー:154
  • 累計のページビュー:1112359

(01月15日現在)

関連サイト:J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(本ブログ)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. FOOT×BRAIN「ドルトムント特集」について
  2. J1・J2クラブのサポカン事情(全クラブチェック) 【J OKAYAMA】
  3. Jクラブの人件費と順位について 【J OKAYAMA】
  4. 松本山雅のJ1自動昇格について 【J OKAYAMA】
  5. J1大宮のJ2降格について 【J OKAYAMA】
  6. J1広島の連覇について 【J OKAYAMA】
  7. J1名古屋のJ2降格について 【J OKAYAMA】
  8. 産経新聞「2季連続で浮き彫りになるJ1前後期制の“致命的欠陥”」記事について 【J OKAYAMA】
  9. 日経新聞「Jの成長戦略」(中)の専用スタジアム特集について 【J OKAYAMA】
  10. 【Jクラブの付加価値】J1浦和の事例【J OKAYAMA】

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss