J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)

J2湘南のJ1復帰及びJ2優勝について 【J OKAYAMA】

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロローグ  湘南さん、J1復帰とJ2優勝おめでとうございます。当ブログの「二卿」として、多くの紹介記事がある付加価値の高い市民クラブ。経営的には、J1のメガクラブと比べて決して余裕が無いのかもしれませんが、ベルマーレ平塚として天皇杯で優勝し、ヒデ中田が活躍し、その後親会社のフジタが撤退して、湘南ベルマーレになって今までずっと観てきました。今でも真壁会長は尊敬するJクラブ社長の一人。J1昇格と言っても、まだ湘南さんはJ1とJ2と行ったり来たりの「エレベータクラブ」。J2からJ1クラブに固定化するまでの一つの過程になると思いますが、まだまだ苦戦しておられます。神奈川県にはJ3を合わせると6つのJクラブがひしめき合っている激戦区。とにもかくにもおめでとうございます。今回はJ1復帰について、様々なコラムを目にしました。その中でセレクトしたものを順番に引用して紹介します。まずは練習法。     湘南が5度目J1、選手も驚愕の「チョウ改革」とは

「就任6年目の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督が今季取り入れたラグビーのタックルダミーを使った体当たりやビーチでの走り込みなどの改革が実った。」 「『今いる選手が充実感を感じられないと先がない』と、毎日違う練習メニューを考案。ある時は近隣の高校ラグビー部からタックルダミーを借りた。サッカーなら反則になるラグビー式のタックルを実践し、当たりの強さを意識させた。湘南のビーチで走り込んだ日もあった。」 「『ミーティングは練習の1つ』と多い時は週3度、さまざまな題材を用いて選手と向き合った。」 「『勝つためにやるべきことが10項目あるとしたら、8つか9つはやりたくないこと。好きなことだけやって勝とうというのは傲慢(ごうまん)』。コーチ時代を含めて4度のJ1陥落を経験した末の『チョウ改革』。」 引用:日刊スポーツ

 こういう変わった練習法というのは、過去にも他のクラブのニュースで聞いた事があります。地元のJ2岡山は開幕前の無人島脱出や雪山登山など「異色キャンプ」がバラエティ番組で取り上げられるくらいに話題になりましたが、開幕後のスタミナ不足による敗戦が続いた事から「異色キャンプじゃなくしっかり体力づくりをやるべきだった」と批判された事もありましたね。チョウ監督のコメントを読むと、飽きさせず充実感を与える目的があったのかもしれませんね。他種目の練習を取り入れて練習し、結果につながったクラブもある覚えがあるので、やはりそういう名物練習も指導者次第という事でしょうか。  そして、湘南さんは過去に実力がついた選手を次々とJ1クラブに獲られた歴史があります。これは力学の話で、J1のメガクラブより下のクラブはみんなついて回る話。J2岡山も昨オフはそうでしたね。そのダウンした戦力からどうチーム全体を強化するかですが、湘南さんは「選手再生工場」と言われる、チョウ監督の辣腕があるようです。     湘南ベルマーレをJ1に昇格させた「選手再生工場」

「ベルマーレ平塚時代から4度を数える降格も、コンサドーレと並ぶワーストタイ。いわゆる「エレベータークラブ」を強いられてきた歴史は、相次いだ主力の移籍と密接にリンクしている。」 「曹監督をして「ゼロからのスタート」と言わしめた苦境で屋台骨を支えたのが、期限付き移籍で加入しているMF山田直輝、MF岡本拓也、MF秋野央樹の3人だった。」 「『サッカーに向き合う時間が一番長かった。この先のサッカー人生を含めても、ものすごく濃いと思える時間を過ごしてきました』厳しさと熱さ、優しさを放つ曹監督のもとで選手たちは大切な原点を思い出し、輝きを取り戻す、あるいは成長を加速させるきっかけをつかむ。サッカー界全体にも寄与するサイクルは「選手再生工場」の異名を取った、野村克也監督に率いられたヤクルトスワローズをほうふつとさせると言っていい。」 引用:THE PAGE

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム一般【Jリーグ】
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

次節でいよいよ2チーム目のJ1昇格チームが決まるかも。【当てtoto】

第970回toto 予想のまとめ【当てtoto】

あなたはサポーター?それとも“ユーザー”?〜ブーイングとフロンターレ文化〜【Białe Orły Dyskusja Sport-白鷲スポーツ-】

【J2・第40節_vs福岡(A)】 『99%対101%』×1-2【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

【J2・第39節_vs岡山(H)】 『ゆくJ2、くるJ1。』△1-1【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

【J2・第38節_vs愛媛(H)】 『論より証拠/ロンよりツモ』○1-0【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

【J2・第37節_vs名古屋(A)】 『必要経費』×2-3【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

【J2・第36節_vs水戸(H)】 『準備完了』○3-0【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconjokayama

 本ブログ「J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ」を毎日更新で8年間やっています。更なる新しいステージへ、レベルアップのためのもう一つのフィールドとして、スポナビ版を開設しました。
 本ブログの中のセレクト記事を、全国のサッカーファンの目に触れる場にどんどん出していこうと思います。本ブログ情報は各記事の最後尾に掲載しております。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1083806

(11月20日現在)

関連サイト:J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(本ブログ)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. FOOT×BRAIN「ドルトムント特集」について
  2. J1・J2クラブのサポカン事情(全クラブチェック) 【J OKAYAMA】
  3. Jクラブの人件費と順位について 【J OKAYAMA】
  4. 松本山雅のJ1自動昇格について 【J OKAYAMA】
  5. J1大宮のJ2降格について 【J OKAYAMA】
  6. J1広島の連覇について 【J OKAYAMA】
  7. J1名古屋のJ2降格について 【J OKAYAMA】
  8. 産経新聞「2季連続で浮き彫りになるJ1前後期制の“致命的欠陥”」記事について 【J OKAYAMA】
  9. 日経新聞「Jの成長戦略」(中)の専用スタジアム特集について 【J OKAYAMA】
  10. 【Jクラブの付加価値】J1浦和の事例【J OKAYAMA】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss