J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)

J3鹿児島誕生の事例から考えるクラブの存続について 【J OKAYAMA】

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロローグ  当ブログでは、100年続くクラブ、100年もたずに消えていきそうなクラブという書き方をします。個人的はどちらもイメージがありますが、上手く表現できません。ここ数年でも消えていったクラブがあります。その事例を通して、スポーツクラブが消えるという事はどういう事なのかを時々取り上げてみたいと思います。3回シリーズの3回目。バレー、バスケときましたが、サッカーにも気になる事例がありました。  Jクラブでは無かったが、限りなくJクラブに近いクラブでした。しかも2つも。それは「鹿児島」です。同じ県に2つも要らないとJリーグから指導を受けて、1つに統合されました。聞いた時は正直ビックリでした。かつての横浜フリューゲルスのマリノスへの吸収以降、こういった例は見当たらなかったですが、Jリーグの手前にあったのです。まずは、旧2クラブ、そして現在の鹿児島さんについて、抜粋して紹介。                   ヴォルカ鹿児島  ’59年、「鹿児島サッカー教員団」として創設。’73年、九州リーグに参加し、一度も県リーグに降格無し。’95年、Jリーグ入りを目指す方針でクラブチームに移行。’03年、SPONET鹿児島を設立したが、プロ選手への給料の遅配が発覚しプロ選手はクラブを離脱。’05年、経営危機に陥り、SPONET鹿児島を解散。新たに運営団体として「ヴォルカ鹿児島評議会」を設立。’07年、クラブの法人化に失敗し、ヴォルカ鹿児島評議会を解散。’08年、新しい運営団体として「KAPS(Kagoshima Arcadia Project Sports)」を設立。’11年、クラブが法人化。’13年、JリーグからFC KAGOSHIMAとの一本化の要求があったため、Jリーグ準加盟申請を断念。’13年、ヴォルカ鹿児島と統合してJリーグ入りをする事で合意し、活動終了。

FC KAGOSHIMAhttp://www.k-sapo.com/)  ’94年、社会人登録の鹿屋体育大学クラブとして創設。’04年、九州リーグ昇格。「大隅NIFSユナイテッドFC」に改名。その後県リーグと昇降格を繰り返す。’10年、現チーム名に改名し、九州リーグ復帰。本格的に将来のJリーグ入りを目指す。’12年、九州リーグ初優勝。’13年、ヴォルカ鹿児島と統合してJリーグ入りをする事で合意し、活動終了。

鹿児島ユナイテッドhttp://www.kufc.co.jp/)  両クラブは’12年にチーム統合の基本合意を発表したが、統合後のクラブの代表者人選や債務引き継ぎといった運営実務面での意見がまとまらず、戸の時に一度破談。’13年、両チームは前年同様に前年同様にJリーグ準加盟申の準備を進めたが、Jリーグ側から改めてチーム統合、申請の一本化指導を受け、ともに準加盟申請を断念。その後両チームは改めてクラブの統合について協議、’14年にクラブを統合する事を決定。  ’13年の地域決勝で両クラブともに決勝ラウンドに進出し、どちらかが3位以内というJFL入会基準をクリアし、鹿児島ユナイテッドFCとしてJFL入会が承認。’14年のJFL、前期は2位、後期は3位。この年にJリーグ百年構想クラブを申請し、’15年に入って認定、JFL4位でJ3に参入。’16年、J2ライセンスを申請したがスタジアム基準で不交付。     【雑 感】  鹿児島県にはJクラブは2つも要らないとJリーグから強い指導を受けたが、一度破談して別々に準加盟申請するが、やはりJリーグから強い統合の指導を受けて、渋々?統合した経緯。FCさんと比べてヴォルカさんは50年以上の歴史を持つ古豪。そりゃ解散には抵抗観あったでしょう。FCさんの存在さえなければと。でも、ヴォルカさんは歴史を見ると、経営危機もあり、かなり苦労されていますね。結果オーライですが、良かったのではないでしょうか。当ブログでは、「Jクラブの付加価値」という評価基準で、J3以下の市民クラブでは、奈良さんと並んで鹿児島さんも評価が高いです。県民と対話し、地域に根差した地域の宝として日々の活動をいつも見ています。先日加入したJリーグ公式アプリでも、J3では鹿児島さんを指定するくらい。確か県下各地で対話集会されていますね。ぜひ、J2へ上がってきて欲しいJ3クラブと思っています。  そして、ふと思ったのがそういえば岡山にも一時期、JFLクラブが2つあった時期があったなと。水島FCさんは結局企業チーム?の道を貫き、Jリーグ入りに手を挙げなかったですが、もしあの時期に支援者が現れて、Jリーグ入りで本気で動いていたらどうだったのかと。極端に飛躍した架空の妄想ばなしになりますが、鹿児島さんと同じ道を歩み、ファジではなく「岡山ユナイテッド」になっていた可能性もゼロではなかったかもと。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム一般【Jリーグ】
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

同じ負け方【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

ガンバの長谷川監督退任は妥当な判断。両者共に新たなサイクルに。【赤の血潮と、青の魂】

西部がようやく戦線復帰へ、精神的支柱としての役割を期待【1Q92】

ブロガープロフィール

profile-iconjokayama

 本ブログ「J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ」を毎日更新で8年間やっています。更なる新しいステージへ、レベルアップのためのもう一つのフィールドとして、スポナビ版を開設しました。
 本ブログの中のセレクト記事を、全国のサッカーファンの目に触れる場にどんどん出していこうと思います。本ブログ情報は各記事の最後尾に掲載しております。
  • 昨日のページビュー:4269
  • 累計のページビュー:1053150

(09月17日現在)

関連サイト:J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(本ブログ)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. FOOT×BRAIN「ドルトムント特集」について
  2. J1・J2クラブのサポカン事情(全クラブチェック) 【J OKAYAMA】
  3. Jクラブの人件費と順位について 【J OKAYAMA】
  4. 松本山雅のJ1自動昇格について 【J OKAYAMA】
  5. J1大宮のJ2降格について 【J OKAYAMA】
  6. J1広島の連覇について 【J OKAYAMA】
  7. J1名古屋のJ2降格について 【J OKAYAMA】
  8. 産経新聞「2季連続で浮き彫りになるJ1前後期制の“致命的欠陥”」記事について 【J OKAYAMA】
  9. 日経新聞「Jの成長戦略」(中)の専用スタジアム特集について 【J OKAYAMA】
  10. 【Jクラブの付加価値】J1浦和の事例【J OKAYAMA】

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss