でぷスポ13号館

”人を恐れない鳥”、”豪州を恐れ過ぎたハリルJAPAN”

このエントリーをはてなブックマークに追加

”グループ首位を行く豪州相手のアウェー戦” という単純なシチュエーションだけでいうなら

敵地で引分けの勝ち点1という最低限の結果は 必ずしも悪い結果では無いのかもしれない。

しかし

この日の豪州の出来や 日本が現在置かれている状況を考えれば

敵地とはいえ、やはり積極的に”勝ち”を 狙いに行かないといけない試合だった。

試合をやる前から 勝手に自らを”格下”と決めつけて 過剰なまでに”弱者の戦い方”に徹した結果

勝てる試合を引分けにしてしまった。

自分たちで、楽な試合を わざわざ”苦しい試合”にしてしまった。

豪州戦は、そんな ”勿体無い試合”だったように思う。

豪州代表は、かつての 空中戦、肉弾戦中心の戦い方から 地上戦主体にスタイル・チェンジしている と事前に聞いていたので

ACLに出場しているクラブチーム同様に 洗練されたパスサッカーをして来るのかな とも思っていたが

フタを開けてみたら、何の事は無い。

パスサッカーの”真似事”をしているだけで 大して上手くも無ければパスも殆ど繋がらない。

やはり寄せ集めの代表チームは 毎日一緒にやっているクラブチームとは違う。

阿吽の呼吸も無ければ コンビネーションも未熟。

これなら、まだ かつてのパワープレー主体の豪州の方が 日本にとっては遥かに怖い相手だったように思う。

実際、この試合でも ”未熟なパス回し”をカットして 開始早々にあっさりとカウンターから先制に成功。

脅威を感じたのも、セットプレーを中心に 殆どがゴール前に放り込まれた場面だったように

”高さ”、”強さ”によるものが多く

これを90分通して”徹底”してやられるのが 身長で大きく劣り空中戦に難のある日本にとって 一番、嫌な展開だったが

幸いなことに相手は 体格差の利点や特徴を生かそうとせずに

大男たちが”狭いコート”※で 窮屈そうに不慣れなパス回しを してきてくれたおかげで助かった。

(※気のせいか?豪州のスタジアムは どういうワか?いつもコートの横幅が 札幌ドームのように”狭く”感じる)

いくら全盛期から落ちてるとはいえ この日の豪州のパスサッカーに比べれば 地上戦における連動性、ポゼッション力は 明らかに日本の方に分がある。

日本が過剰なまでに 豪州を恐れず、引き過ぎることなく これまでのポゼッション・サッカー (自分たちのサッカー)を普通にしていれば

あのような守勢一辺倒の苦しい試合展開 にはなっていなかっただろうし

チャンスの数ももっと数多く作れていた のではないかと思う。

確かに先制点のシーンは ハリルホジッチの目指す理想的な攻撃パターン (縦に速いカウンター)で思惑通りに得点も出来た。

ワールドカップ本大会でぶつかるような 自分たちがボールを保持出来ない相手、 自分たちのサッカーが出来ない強豪相手に対しては このやり方が効果的であることは間違いない。

しかし

この日の相手は ドイツでもアルゼンチンでも ブラジルでもない。

相手は豪州である。

”高さ”ならいざ知らず ”ポゼッション力”勝負で 日本が叶わないような相手ではないのだ。

ましてや

この試合はテストマッチでも何でもない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JリーグTV観戦メモ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本は不利【書きたくなったので】

やればできるなら強豪相手以外でもちゃんと走ってくれ【無題】

ハリル・ジャパン、価値あるアウェー引き分け【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3284900

(06月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss