でぷスポ13号館

”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、コアなサッカーファンの間で なにやら話題となってるサッカーキング絡みの騒動を 詳しく知りたくて同サイトを夜中にチェックしていたら 全然関係ないJリーグ中継絡みの興味深い記事を発見。

こちらの方が個人的には興味をそそられたので まずは、そちらの話題について取り上げたい。

(以下、サッカーキングの記事より引用)

Jリーグと『DAZN』の契約で「サッカーがお茶の間から街に出て行くサービスに http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20160720/470341.html

>これによってテレビ放送が中心だったJリーグ中継が、 >来年以降はインターネット配信主体に変わっていく。 >明治安田生命J1リーグ、J2リーグ、J3リーグの全試合 >を生中継する『DAZN』はPC、スマートフォン、 >タブレット、ゲーム機などの携帯端末を使い、 >定額(未発表)の見放題サービスとなる。

>これからの新たな視聴スタイルについて >村井チェアマンは「いつでも、どこでも、何度でも、 >非常に手軽に安価で見ることができる。 >サッカーがお茶の間から街に出て行く >サービスに転換した」と表現する。

>従来はチャンネル数や放送時間など >テレビ側の都合に左右されていたキックオフ時刻も、 >来年以降は原則的に主催クラブが >自由に決めることができるようになる。

(引用ここまで)

正直、来季の放映形態に関しては 情報量が少なく不透明な部分が多かったこともあり 成行きを静観するしか無かったのだが

全試合中継をしていたスカパー!では 来季のJリーグ中継は視聴できなくなる 可能性が高いという話と

『DAZN』という新しいJリーグ中継のパートナーは ネット配信を中心に展開しているメディア媒体だと いう大雑把な情報だけはなんとなく把握していたので

少なからず心配はしていた。

それでも

一部報道ではこれまで スカパー!との契約上の問題があって 地上波を含め映像を自由に利用することが 出来なかったが、今後は映像の権利を Jリーグが持つことにより云々

といった感じで、来季は 地上波を中心としたお茶の間への露出が 劇的に増えるかのような内容の記事も 幾つか目にしていたので

淡い期待も同時に抱いていたのだが

このサッカーキングの記事を見る限り

わたしの希望、思惑とは全く正反対の方向のようで 正直、大いに失望させられた。

個人的な意見を言わせて貰うなら

「外出先でサッカーを観ようとは思わない」

わたしの感覚、価値観では 他のありとあらゆる”娯楽”よりも サッカー(Jリーグ)の試合観戦が何よりも最優先する。

経済的、時間的余裕があればスタジアムで それが無ければ自宅のテレビでLIVE観戦。

これが基本スタイルになっている。

時と場合によっては、公私に関係なく ”大事な用事”(仕事を含め)を断わってでも そうすることがあるくらい。

なので

Jリーグの試合がある時に外出するというのは 本当にどうしても外せない理由がある時くらい。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
JリーグTV観戦メモ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望

syuichitakahashiさんの言っていることは半分は正しいですが半分はおかしいです。
確かにDAZNのストリーミング配信を、いろいろな機器を使って大画面のテレビで視聴する方法は存在します。
しかし、ネット配信そのものは今年までもスカパーオンデマンドがやっていました。
対応している機器等はDAZNとは若干違いますが、普通のテレビで観ることも可能で
数は少ないものの、環境の問題でアンテナを立てられない人がapple tvを使っていたりしたようです。
スカパーには、大きく分けてプレミアム、旧e2、オンデマンドの3部門があり、
詳しくは割愛しますが、Jリーグの放送形態もこの3つでそれぞれかなり違っていました。
「配信を何かでつなげてテレビで観られる」ということ自体は何も目新しいことではないのです。

来年からDAZN独占となれば、一部の地上波を除きテレビ放送がなくなりオンデマンド配信だけが残る。
しかも配信のクオリティはどうやったって衛星放送には劣る。
このこと自体を見れば明らかに視聴環境・手段の劣化と言えます。
(従来より明確に良いと言える点は視聴料金が安くなるところと、J3も含めて全試合やってもらえるということぐらいでしょう)

一方で、数日前の投稿でも書いたように
来年のテレビ放映のあり方については情報が少なくまだ何も言える段階ではないというのも事実です。
ですが、仮にDAZN独占ならやはり客観的に見て視聴環境の劣化です。
そのデメリットを承知の上で多額の放映権料が入ってきた方がリーグにとって好ましいといった
トータルでの経営判断はもちろん「アリ」ですが、それはまた別次元の話になります。


”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望

ネット配信になるのだから「お茶の間から遠ざかる」って事は無いと思うのですが・・・
ご自宅のテレビが昔のアナログ時代のままで、
それにデジタルのチューナを繋げて見てるって言うのであれば兎も角、
デジタル専用受像器を使っているのであれば、
テレビ側にPCと接続する為のアナログRGB入力やHDMI入力があるので、
それでPCに繋げれば・・・・
15インチ程度の・・・は解消されますよ。

よほど古いノートPCでなければPC側には外部出力用のアナログRGBもHDMIもありますからね。
HDMIであれば音声も一緒に出力されますから、
テレビに繋げてご家族みんなで視聴可能です。

Jリーグ観戦の為に契約していたスカパーを解約すれば、
FullHDをストリーミング再生するのに足る帯域のネット環境揃えられるでしょう。

”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望

ちょっと主張が我田引水でびっくり。
まず配信方法だが自宅の大画面テレビに映して観ればよいのでは?

試合開始時刻の話だがjリーグの趣旨を考えれば地元密着で
スタジアム観戦のサッカー文化を日本に根付かせる意味で良い選択に思えるが?

”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望

同意見です。外で、スマホでサッカー観ないでしょ。なにより、平ちゃんが心配です。

こんな記事も読みたい

城福浩は甲府へ復帰したらいいと思う。【赤の血潮と、青の魂】

2016年Jリーグ2nd第12節vs大宮【◇ ぼくとフロンターレ ◇】

Jリーグホームスタジアム訪問記~サガン鳥栖~【This is J-league】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3322077

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss