でぷスポ13号館

手倉森ジャパンのグループリーグ敗退に思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

正直、一サッカーファンとして 悔しい気持ちはもちろんある。

同日にアジアのライバル韓国が メキシコに勝利し決勝T進出を決めた一方で 日本のグループリーグ敗退が決まった事

また同じフットボールのラグビー日本代表が 初戦のオールブラックス戦の快挙に続き この日も強豪フランスを破り 昨年のW杯を彷彿とさせる快進撃で ベスト4進出を決めた事や

五輪の他競技でも 体操、柔道、水泳と次々にメダルラッシュの ニュースに日本国内が盛り上がってる状況を 見るにつけ、その思いは一層強くなる。

もっとやれたと思うからこそ余計にそう思う。

手倉森ジャパンはグループリーグ最終戦で 欧州王者スウェーデンを終始圧倒し勝利した。

これは間違いない。

他会場のナイジェリアVSコロンビアの試合も 日本戦の合間にザッピングしながらテレビ観戦で チェックしていたが

懸念していたナイジェリアの”無気力試合”も 試合を見た限りでは無かったように思う。

ビハインドの状況下で監督が攻撃的なカードを切り 積極的に点を取りに行こうという姿勢も見せていたし

ナイジェリアが交代枠を使い切り 足が攣った選手がピッチに戻らずに 最後は11人対10人の数的不利な状況にもなったが

そもそも”手抜き”や”調整”気分で軽く流していたら 足が攣るほども必死になって走ってないハズである。

最終戦のナイジェリアVSコロンビアの結果に関しては

一言でいえば、コロンビアが強かった。

これに尽きる。

初戦の日本戦でも開始早々、立て続けに2失点食らった 事からも分かるようにナイジェリアの守備には穴が多い。

日本以上の個人技としたたかさを持つ南米の雄、 コロンビアがそんなスキを見逃すハズも無かった。

日本戦の開始4分過ぎに早々と入ってきた コロンビア先制の報がすべてだったように思う。

早い時間帯に前に出る必要が無くなったコロンビアは その後、数をかけてゴール前の守備を徹底的に固める。

ナイジェリアが先制するか、あるいは コロンビアが攻めあぐねたり、日本が早い時間帯で 先制でもしてコロンビアにプレッシャーがかけられる ような展開に持ち込めれば、焦って前がかりとなった コロンビアの裏に空いた広大なスペースをナイジェリア の身体能力が切り裂いてくれるのではないか、と 淡い期待を抱いていたが、あまりにも ナイジェリアの失点が早すぎた。

ナイジェリアにも決定機が無かったワケではなかった。

しかし、日本よりも個で勝るコロンビアは 攻撃だけでなく守備でもその力をいかんなく発揮。 危ないシーンを作られるもギリギリのところで 失点を防ぎ、前半終わったところで0-1。

後半19分過ぎに日本が先制した瞬間、 決勝T進出にかすかに期待を持たせたが それも”一瞬”で終わった。

すぐにチャンネルをナイジェリアVSコロンビア戦に 替えると、ちょうどコロンビアのPKが決まって 0-2とコロンビアのリードが2点に広がったところだった。

その後は日本の決勝T進出のために 最も重要な要素である ナイジェリアを応援しながら 同会場の試合をメインに観ていたが 先述のナイジェリア選手故障により 1人少なくなった時点で万事休す。

ザッピングで観れなかった 日本戦の先制点以降の試合内容も 午後からビデオでチェックしたが 全3戦の中で、このスウェーデン戦の 後半が一番、内容が良かったように思う。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「手倉森ジャパンのグループリーグ敗退に思うこと」へのコメント

長文失礼致します。
ほぼ同じ考えでありますが、最後の部分だけわたくしの考えを述べさせていただきます。

普段、その欧州でやってるスウェーデンが、日本でやってる
若きJリーガーたちに終始、圧倒された事実をどう考える?

これに関してはJリーガーが圧倒したのではなく、日本人だから圧倒できたのではないかと思っております。
ブラジルの環境気候に対応しやすいのは、スウェーデン人よりも間違いなく日本人の方だと思います。そして他3チームと比べても、一番コンディションが整っていたのも日本だったと思っております。
その上で3試合目のスウェーデン戦のみで、Jリーガーでも欧州に対抗できると評価するのは安易かと思います。
これが1試合目にスウェーデンと対戦していたらまた違った展開となっていたのではないのでしょうか。
今回の一番の敗因は、日本のアドバンテージを生かせず、ゲームプランに問題もありましたが、一番はやはり経験だと思います。
Jリーグも素晴らしい面が沢山ありますが、本当に世界と戦い勝つには、まずは世界仕様のメンタルを手に入れる必要があるのではないかと思っております。

こんな記事も読みたい

錦織 リオが他大会より優勝の可能性高い理由とは?マレー撃破で金確率60%へ!ジョコ次戦欠場➡Keiマスターズ1000初制覇へ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

U-23 ジャパン まとめ【くうねるサッカー アラウンド】

ヴェルディが金沢を置いてけぼりに!〜東京Vvs金沢(8月11日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

スウェーデン戦(Uー23) 【 総括的には成功したと言えるのではないだろうか。 】【FCKSA66】

リオ五輪・卓球は団体戦へ 注目の日本代表の組み合わせは!? 男女ともにメダルの期待がかかる!【0 to zeroのhorizon】

リオ五輪・卓球 水谷が悲願達成! 日本卓球界初のシングルス銅メダル獲得 新時代の道を切り開く!【0 to zeroのhorizon】

U23日本代表チームはリオに散った【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

錦織がマルティン(121位)に快勝して8強! 準々決勝は最初の山場、モンフィス(11位)戦(リオ五輪・テニス)!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:106
  • 累計のページビュー:3317423

(11月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss