でぷスポ13号館

”プロレス総選挙”の記事を見て感じたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事を幾つか読んでいて 平家物語の冒頭部分を思い出した。

”諸行無常の響きあり” ”盛者必衰の理をあらはす”

本来ならWBC中継の 延長による割を食らい

久しぶりの ゴールデンタイム放送が 叶わなかったのだから

同様に野球放送の延長で たびたび迷惑を被っている ドラマファンのように 怒るべきところだと思うのだが

関連記事を読んだら 深夜帯の視聴率4.8%を 「うれしい波紋」とばかりに 喜んでるようなものも見かけた。

かつてゴールデンタイムで 栄華を極めたあのプロレスが

今や、野球人気の”おこぼれ” を恵んでもらっての深夜帯の 視聴率4.8%に大喜び しているかと思うと

そこまで落ちぶれて しまったかと

”時代の流れ”を 感じずにはいられない。

総選挙の結果にも一言

(1)アントニオ猪木 (2)ジャイアント馬場 (3)初代タイガーマスク (4)オカダ・カズチカ (5)力道山 (6)棚橋弘至 (7)ジャンボ鶴田 (8)獣神サンダー・ライガー (9)三沢光晴 (10)スタン・ハンセン (11)長州力 (12)武藤敬司 (13)小橋建太 (14)天龍源一郎 (15)ケニー・オメガ (16)橋本真也 (17)蝶野正洋 (18)ハルク・ホーガン (19)真壁刀義 (20)アンドレ・ザ・ジャイアント

色々言いたいことはあるが

とりあえず

藤波辰爾が20位以内にも ランクインすらしていないことに 大きな違和感を感じる。

わたしに言わせれば

「藤波辰爾も知らんやつが プロレスを語るな」

と言いたい気分。

今年の正月に オカダとオメガの”死闘”も 録画でチェックしている。

確かに2人とも 良いレスラーには違いないが

藤波辰爾をランク外にしてまで 票を入れようとは思わない。

プロレス全盛期を盛り上げた 偉大なレジェンドが

真壁よりも格下扱いに なってしまうところが

いかにも、いまどきファン らしいなと思う。

基準もいまいちよく分からない。

純粋なレスラーとしての 技量でいうなら

蝶野よりも良いレスラーは もっと他に沢山いると思うし

(新日本限定にしても 健介や永田など多数)

”色物”、”エンタメ性” でいうなら 大仁田や曙辺りでもいい。

強さで言うなら 前田日明や高田延彦の 名前があってもいい。

(小川直也はレスラー という定義には入らない のかもしれないが)

1位の猪木は予想通り。 まあテレ朝だからだろうなと思う。

2位の馬場は ちゃんと全日本も扱ってる 公平な投票ですよ的なアリバイ。

3位のタイガーマスクは 放映中のアニメ 「タイガーマスクW」の 番組宣伝も兼ねているのだろう。

4位のオカダは 今、新日本で一番、旬の選手。

5位の力道山で歴史に重みを持たせ

6位に新日本のエース棚橋と

新旧世代のプロレスファンや 全日本ファンのご機嫌も伺いつつ 上手くまとめたつもりなのだろうが

藤波辰爾をランク外に したのは失敗だった。 詰めが甘かったなと思う。

それだけ

ゴールデンタイムにやってた頃の (大人気だった頃の)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロレス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

”プロレス総選挙”の記事を見て感じたこと

〉藤波辰爾をランク外に
〉したのは失敗だった。
〉詰めが甘かったなと思う。

あの総選挙の主旨理解してます?

藤波がランクインしてない事に憤りを感じているようですが、
投票ルールの「すごいレスラー3人あげてください」といわれ、逆に藤波を選ぶ人います?

熱狂的なファンがたくさんいた長州
今なお最強説の絶えない鶴田
実績はダントツナンバー1の天龍

飛龍革命の藤波。

正直な話、俺たちの時代だけでも4番手なんですよ。
で、その時代の人ならタイガーマスクも見てたし、もちろん猪木も見てたでしょうし。

相当好きだった人じゃないと選ぶ3人には、入らないと思います。

ただ、藤波がよい選手だったことは、疑いようのない事実で、
長州、前田などが輝いたのは藤波あってのことだと重々承知してますけど。

〉オカダとオメガの”死闘”も
〉録画でチェックしている。
〉確かに2人とも
〉良いレスラーには違いないが
〉藤波辰爾をランク外にしてまで
〉票を入れようとは思わない。

主旨を理解してないですね(笑)

そもそもオカダとかケニーとか棚橋が今、プロレスを盛り上げてるから
あの企画が出来たんだと思いますが。。。

ちなみに、私は1位長州、2位前田、3位ブロディでしたが、2人圏外でしたが
なんも文句もありません。

むしろ、このご時世に、懐かしい映像も見れ、昔の仲間と懐かしい話も出来て感謝しかないです。

敬意を払えない人のブログは、見ててほんとにつまらない。

”プロレス総選挙”の記事を見て感じたこと

知識がないスポーツ選手は多いですね。
中田翔選手は入るまで日本ハムにどんな選手がいるかを知らずチームも全然知らなかったようですし
今年横浜高校からプロに入った藤平選手はセリーグとパリーグの仕組みや違いも分からなかったようです。
海外でもアーセナルのアレクシスサンチェス選手がドイツ代表のギュンドアン選手を
知らなかったようで。
プレーは好きだが観戦しないという選手も多いのでしょうね。

こんな記事も読みたい

画像庫御開帳(修斗編95)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

白鵬の休場に思う事【スポーツ えっせい】

観戦記1284 世界前哨戦! 石田匠vsペツトナムヌン・シーサケットバッタヤー【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3308821

(09月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss