でぷスポ13号館

”WBC高視聴率連発”と”サッカー日本代表人気”に一言

このエントリーをはてなブックマークに追加

小倉純二最高顧問、日本代表人気に危機感を示す 日刊スポーツ 3/16(木) 12:29配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01793027-nksports-socc 日本サッカー協会の小倉純二最高顧問 (78)が16日、低迷気味の 日本代表人気に危機感を示した。 15日にテレビ朝日系で生中継された 第4回ワールド・ベースボール・ クラシック(WBC)2次ラウンド 第3戦「日本対イスラエル」の視聴率 が、27・4%(ビデオリサーチ調べ 、関東地区)と発表された。(中略) 小倉最高顧問は「野球の日本代表に 興味が集まることはすばらしいこと」 と話した上 「あの視聴率には危機感を持っている。 サッカー界全体がそういう意識を 持たないといけない」と話した。

この件に関しては、まったく 小倉さんの言う通りだと思う。

記事に対するヤフコメの意見の中には

「野球とサッカーを比較する 考え方がおかしい。」

などといった意見も多く見られたが

そんな風だから

なるべくして 国内サッカー(Jリーグ)が日常の テレビのニュースでも取り上げられない ようになってしまったのだと思う。

野球界は Jリーグが誕生して以来、

常にサッカー人気を意識しながら ”危機感”を持って取り組んできた。

それまで五輪など国際大会に 関心を示していなかった球界が 代表チームを作ったのも サッカーのW杯大会と 決して無関係では無いし

”北海道”日本ハムファイターズ ”東京”ヤクルトスワローズ

などといった具合に チーム名に地域名を入れ

”地域密着”を取り入れたのも

地域密着を理念に掲げるJリーグ に影響を少なからず受けている。

その成果が 現在の数字に表れているのだ。

そして今現在も尚

野球関係者の中には 若年層における圧倒的サッカー人気に (将来的な底辺の広さに) 危機感を抱いている人が多い。

野球界は常に

ライバル(商売敵)である サッカー界を意識している。

子供たちの多くが 野球よりサッカーに興味を 持っているとなれば

危機感を抱いて当然だ。

今まで野球をやっていた子が サッカーに流れていけば (底辺が小さくなったり 競技人口そのものが減れば)

将来的には おのずとファンも減り 市場規模も小さくなるからだ。

昨日だって

WBC(野球)を やっている裏で

同時刻に

ACLやルヴァンカップ (サッカー)も開催されていた。

生観戦で どちらも観たい というファンもいる以上

当然、同時刻にやっていれば どちらか片方を選ぶことになる。

国内人気で上にいる野球界の方が 絶えずサッカーを意識して 危機感を持ってあれこれ やっているのに

国内人気で劣っている サッカー界の方が 「野球は関係ない」と 危機感も持たずにマイペースで やっていては

いつまで経っても 追いつけるハズもない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「”WBC高視聴率連発”と”サッカー日本代表人気”に一言」へのコメント

そもそも、誰も、それこそ小倉さんも、
視聴率に関して、jリーグと比較してないんですよ。もともとダゾーンに移行しようがしまいが、jリーグはテレビコンテンツとしてあまり数字が期待できるものではなかったですから。
比較してるのは代表の話。
記事に出てるように、最終予選となれば以前は30%とれてたのが、今回は21%しかとれなかったから危機感を覚えている、それだけの話です。
代表戦もダゾーンでの放送になる、というのなら戦う土俵が違うという主張もわかりますが。

毎回視聴率がとれているから問題ない?
他に見るものがなかったからではないですかね? つまらない番組より見てて面白いのはサッカーでしょうから。そういうTV離れの面もあるでしょう。
そいう意味では、WBCも毎回数字とれてますね。

「”WBC高視聴率連発”と”サッカー日本代表人気”に一言」へのコメント

こんばんは。コメント失礼します。
WBCの視聴率が良い理由は、どちらかというと国際試合だから、でしょうね。
サッカー日本代表がどんなにつまらんサッカーをしていても視聴率がとれるように、日本人はこういう一種の、ナショナリズムが大好きなんですよ。
まぁ、つぎの凖決決勝は数字とれないかもしれないですけどね。平日10時からなんて、普通の人は見れないですから。


あとは、野球の地域密着はJリーグのそれとまた違うんですよね。
都道府県毎にチームがあって、その地域にだけ密着、というのではなくてその周辺にも手を伸ばしている、というのがプロ野球の地域密着ですね。

たとえば、東北楽天ゴールデンイーグルス。
仙台を本拠地にしていますが、東北全土のファン拡大を目指して活動してます。
たとえば、福岡ソフトバンクホークス。
福岡が本拠地ですが、それ以外の九州にも浸透しています。

都道府県単位で新規ファンの確保と基盤を築くよりも、さらに周辺まで含んでパイを拡大していく。
個人的にはそちらのほうが好ましいと感じてはいますが、それは人によって考えも違うでしょうから。
ちなみに、日本一地域密着が成功しているプロスポーツチームは広島東洋カープでしょうね。あそこはある意味別次元です。

”WBC高視聴率連発”と”サッカー日本代表人気”に一言

そもそも論いいですか?

なんでサッカーが野球に人気負けたらいけないの?なんで野球がサッカーに人気負けたらいけないの?
バスケバレーフィギュア相撲などなど、あいつら血眼になって野球サッカーに勝つなんて雰囲気出しているか?出してないでしょ
はっきり言うとどっちも器小さい!別にいいじゃん視聴率で優劣競わなくても。大事なのは試合に勝つことじゃないか
本当にやるべきことは置かれた環境で自分なりの方法で普及進めて結果につなげる。戦うべきはよその競技ではない!サッカーならW杯野球はWBCで勝つために戦う、それだけのことではないのか?

「”WBC高視聴率連発”と”サッカー日本代表人気”に一言」へのコメント

より多くの人に簡単に視聴してもらうためにDAZNと手を組んだ。
大金が入り早々に大型補強が増えた。
CWCでの活躍を含め質の向上も顕著。
プロの門をJ3まで広げて北海道から沖縄までほぼ全都道府県にJチームが存在。
あぐらなんてかいてないどころか、むっちゃ積極的に動いてるんですよね。

こんな記事も読みたい

『グランパス』水戸戦は、恩返しに要注意。【赤の血潮と、青の魂】

次節はFC東京VS川崎フロンターレの多摩川ダービー、大久保爆発か?【当てtoto】

【ベガルタ】ルヴァン杯GS第1節 VS FC東京 歴史的大敗でメンタル心配【ことサッカー】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3311172

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss