でぷスポ13号館

”ユニ問題”なぜJリーグは早急に対応しないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、3月14日(火)の 午前0:00を過ぎた。

12日(日)に起きた ”ユニ問題”からおよそ 1日半が経過したが

未だにニュース記事でも Jリーグの公式サイトにも

今回の問題に対する J リーグの見解が どこにも見当たらない。

(なぜ?このような問題が 起こったのかという検証も含め)

プロスポーツの運営組織としては 少し”鈍感”過ぎるのではないか。

サッカーというスポーツは 好守がハッキリと分かれている 野球と違い、ユニが酷似している という問題は、競技の根底を左右 しかねないほどの重要な問題でもある。

日曜の岐阜-松本の試合でも 間違えて敵にパスを出してしまう シーンが双方に見られ サッカーそのものがマトモに 成立し得ないほどの有様だった。

(同じユニの中から 味方選手を探し出す、という ”間違い探し”的な 新要素が加わった、ある意味 ”別のスポーツ”になっていた)

ホームの岐阜が急遽、白ユニを 調達して、見分けがつくように なったのは後半から。

正直、半分の時間帯は”別競技”で サッカーの試合としてマトモに 成立していない状況だったので

無効試合(再試合)にしても いいくらいの不祥事だったと 個人的には思う。

選手もやり難かっただろうが 観ているお客さん(視聴者も含め) に対しても失礼ではないかと思う。 (あんな状態の試合を見せて)

それほどの事態を 起こしているにも関わらず

事の重要性が分かっていないのか

未だにJリーグから

今回の件に関し 何の釈明も声明も リリースも無いというのは 理解に苦しむ。

マトモな感覚であったなら

今回の問題など 事前に防ぐ事は幾らでも出来た。

松本山雅のユニフォームを 作ったメーカーはなぜ? 1stジャージの濃緑色と酷似した 濃灰色の2ndジャージを作って しまったのか?

松本山雅はなぜ? その酷似したユニをそのまま Jリーグに申請してしまったのか?

申請を受け取ったJリーグはなぜ? その2ndユニの運用をそのまま 問題なしと判断してしまったのか?

マッチコミッショナリーはなぜ? 同系色である濃緑色の岐阜との試合で ”問題なし”と判断してしまったのか?

上記のどこか1つでも 誰か1人でも気付くことが出来ていれば

今回の事態など容易に防げていた。

要するに

”業界全体”の問題でもあるのだ。

揃いも揃って 一体、何をやっていたのか?

という話である。

”ユニ問題”については これまでにも色んなブログで 取り上げてきた記憶がある。

全部を探すのは 時間的に無理だが

参考までに最近の記事の中から 1つ関連記事を見つけたので ついでに紹介しておこうと思う。

【参考】さっぱり意味が分からない http://blog.livedoor.jp/jlivedepr/archives/7786539.html

今回の件に関していえば ホームである岐阜には 何の責任も無い。

責任があるのは

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

学を欠いたマリノスは鹿島アントラーズ相手に今シーズン初黒星【SPORTS BULLetin】

【サッカー】地方クラブが挑む新たな集客の形【西の落伍家】

赤崎秀平、君は鹿島に必要な選手だったよ。【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

勝ち点の重み… これでいいのかプレーオフ【サッカー馬鹿蔵の戯言】

”プロフェッサー”反町康治の気になる動向。ここで終わりではなく始まり。【赤の血潮と、青の魂】

いつの間にか終わっていたJ1昇格プレーオフ準決勝【でぷスポ13号館】

J1昇格プレーオフ準決勝2試合、同時キックオフの”謎”【でぷスポ13号館】

観戦日記@アルウィン 松本対清水 松本のクラブとしての可能性【マグパイズの雑記】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:233
  • 累計のページビュー:3311172

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss