でぷスポ13号館

風間グランパスに失望、全く良い所なく千葉に圧倒される

このエントリーをはてなブックマークに追加

最悪な週末だった。

前半30分過ぎ辺りから DAZNのクルクルが頻発して ついに画面が真っ黒になり 延々と15分以上クルクル状態。

後半開始から別のPCに替えて DAZN画面で何度”ライブ”を クリックして選択するも 試合開始の所(1時間前)からの 再生に戻ってしまうわで

ようやく試合が観れるように なったの後半10分辺りを 過ぎてから。

いつの間にか千葉が 1ー0でリード。

視聴出来ていた時は まだ0-0の状態ではあったが

圧倒的に千葉に攻め続けられ 名古屋は前半からサンドバック 状態だったので驚きは無かった。

それにしても酷すぎる。

千葉のプレスが厳しいのは もちろんあったが

それ以前に名古屋の方に 問題があったように思う。

千葉に限らず、J2は 湘南や松本を筆頭に ハードワークしてくる チームが多い。

今日の出来では どことやっても苦戦を 強いられると思う。

ここまでの3戦を 振り返ってみると

どの試合も常に相手に 主導権を握られた試合ばかりで

フロンターレ時代の 風間監督の代名詞でもあった ”ポゼッション”サッカーの 片鱗らしきものが見れたのは

開幕戦の岡山戦でリードした 後半のみのような気がする。

前節の岐阜戦も酷かったが 今日の千葉戦も酷かった。

特に今日の千葉戦で 何が一番ダメだったか?というと

守備時における

”球際の激しさ” ”ファイトする”

という部分がまるで 見られなかったこと。

たまに1人、2人くらい 時間帯によっては 激しく奪いに行ってる 選手もいたかもしれないが

殆どの選手が まるで昨年の悪い時の グランパスの守り方のように

ルーズな ”見てるだけの守備”で

開幕戦のような

奪われた瞬間 近くにいる数人で 素早く取り囲んでプレスをかけ 奪い返すようなシーンは 殆ど見られなかった。

一言でいうなら ”緩い守備”だった。

先週の岐阜戦も酷かったが 風間監督なら一週間で なにかしらの修正はして くれるだろうと 期待していただけに

一週間の成果がこれでは 擁護のしようも無い。

風間サッカーは 時間がかかると言ったような 意見もよく見かけるが

我慢強く待つにしたって

成長カーブらしきものが 少しでも見られることが 大前提になると思う。

成長の跡が何も 見られないようでは 説得力も無いし そう長くも待てない。

膨らんでいた期待も一気に 萎んでしまうような

こんな酷い試合を 二週続けて見せられては

厳しい意見が出て当然だと思う。

個人的には 風間監督に期待はしているが

わたしは 手放しで(無条件で) 崇拝&信じ続けられるような 風間信者ではないので

こういう状態が続くようなら 考えを改めないといけなくなる。

監督はもちろん 選手たちも こういう内容の試合を してしまったからには 厳しい意見が出ることも 覚悟していると思う。

昨年の中スポ紙のような サッカーと関係ない内部の ゴシップネタで叩くのは 単なる誹謗中傷に過ぎないが

千葉戦の”サッカーの中身”で どこがいけなかったのか?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「風間グランパスに失望、全く良い所なく千葉に圧倒される」へのコメント

はじめまして。
風間が川崎フロンターレで息子達をスタメン起用し始めてからこのブログで風間批判をし続けてきました。翌年からはシーズンチケットの購入もやめました。
一つ風間の名言を教えましょう。
「ボールを取られなければ負けることはない!」
つまり負けるのはボールを取られる選手が悪いという事です。
これを踏まえて気長に見守ってあげて下さい。

風間グランパスに失望、全く良い所なく千葉に圧倒される

ちょっとこの2試合はひどすぎますね。180分主導権握られっぱなし、相手の戦術の良さだけが際立ったそんな印象です。

シーズン始まったばかりですが岐阜も千葉も同じ新監督でここまでチーム完成度に差があるととてもじゃないが風間さんを名将とは言えないです。

フロンターレサポの方によると時間がかかるらしいですがJ2は中断期間がたしかないので、風間さんの修正力が見られないとなると胃の痛い日々が続きそうです

「風間グランパスに失望、全く良い所なく千葉に圧倒される」へのコメント

気付くのが遅すぎる。
名古屋というチームの戦力や現状のチームのベスとなる雰囲気そのものが勝てるチームではない。
J2への慣れであったりもそう。
戦力は去年より落ちてるのだからかいかぶる方が悪い。
そんな戦力の低い連中がJ2の強豪相手に一週間程度で調節して勝てるようなあまっちょろい世界ではない。
風間監督はフロンターレで年単位でかかったが、名古屋では既に片鱗が見えたんでしょう?
なら十分早いですよ。
J2の泥沼にはまる怖さ、勝てないもどかしさ、J1の頃の見栄。
そういったのが見る目を曇らせたんでしょうね。
とりあえず、名古屋は楽に優勝争い絡めるようなチームじゃないという前提で見た方が身のためですね。

こんな記事も読みたい

2017:J2:2節:H:vsロアッソ熊本「深まる不安と期待」【蹴鞠談議2】

開幕2戦を終えてと今日の試合へ向けて【紫鯨の週報】

負けない強さ【ダブルボギーの憂鬱】

風間グランパス、千葉戦を前に一言【でぷスポ13号館】

『グランパス』千葉戦はデュエルで負けるな!【赤の血潮と、青の魂】

ボールを保持するサッカーの「ガチンコ対決」は岐阜に軍配!?名古屋は課題がハッキリと。<2017・J2リーグ第2節/名古屋1-1岐阜>【『素人に毛が生えた!』(名古屋グランパスファンのサッカー観戦記)】

『グランパス』 VS岐阜戦 覚悟が必要!【赤の血潮と、青の魂】

同系対決、親子対決、”名岐ダービー”に複雑な思い【でぷスポ13号館】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:189
  • 累計のページビュー:3311360

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss