でぷスポ13号館

報ステ、カーリング&Bリーグは報じてもACLは完全スルーに一言

このエントリーをはてなブックマークに追加

”映像無し” という意味 ではありません。

”結果”すら全く触れず、です。

川崎フロンターレの方は 国内でやってる試合にも 関わらず、です。

幾らなんでも 報道機関としてさすがに これは無いと思う。

報ステを観ていた 視聴者からすれば

まるでこの日は ACLの試合そのものが 存在しなかったのと同じ。

正直、やらない理由が よく分からない。

この日、 ACLの試合があったのは G大阪と川崎の2チーム。

豪州アウェー戦の ガンバはともかく

川崎は関東本拠のクラブ。

テレ朝のある六本木から 川崎の試合会場である 等々力まで

取材にも行けないほど 遠いワケでも無かろうに

地球の裏側の 欧州CLはたっぷり 映像付きで報じておいて

すぐ近くでやってた ACLは映像はおろか 結果すらも触れないというのは ちょっと問題あると思う。

この日の報ステは ヨソがどこもやらないような バスケのBリーグや カーリングまで 映像付きでたっぷり 取り上げていた。

つまり

サッカーのACLの川崎戦は カーリング以下の扱い ってことになる。

以前にも提案したように

どれくらい 日本のサッカー発展に ”Jリーグ関連報道”などを通じて 貢献したか?をポイント化し

その”貢献度”の優劣によって ワールドカップ本大会の 日本戦の放映権を 優先的に決める

というやり方で言うなら

この日のテレ朝・報ステは 大きなマイナスポイントに 相当する酷い放送だったと思う。

サッカーの国際試合 ACL出場チームの試合を (国内ホーム戦を含め) ”完全無視”するなど

おおよそスポーツ報道とは 呼べないような報道姿勢だ。

昨日、火曜のACLは 鹿島と浦和、両方報じていたのは 何だったのか?と思う。

聞けるものなら 理由が聞きたいところだが

わたしの推測を言わせてもらうなら

恐らく 報ステの番組スポンサーが 鹿島のユニの胸スポンサーの ”LIXIL”である事と関係がある のではないかと思われる。

(たまたま今日、報ステを チェックしていたら”LIXIL”の CMを目にして、そう思った)

報ステの番組スポンサーが 鹿島のスポンサーだったため

鹿島の試合は取り上げる

鹿島だけ取り上げたら 不自然だからアリバイ的に 浦和もついでに取り上げた

こんな感じでは無いだろうか。

つまり

報ステ自体は 極力、Jリーグは取り上げたくない というのが根底にあって

今回は鹿島のスポンサーさんが いたから嫌々取り上げた。

だから

翌日のガンバと川崎は なるべくして(希望どおり) 完全スルーになった。

実際の理由は まったく分からないが

当たらずとも遠からず ではないかと思う。

もしそうなら とんでもない話だ。

いずれにしても 結果すら報じない正当な理由など ありはしない。

ちなみに

NEWS23でも どう取り上げるか気になったので (報ステだけの問題なのか? 確認する目的もあったので) チェックしてみたが

G大阪の方は映像付きで ゴールシーンだけ紹介されていたが

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「報ステ、カーリング&Bリーグは報じてもACLは完全スルーに一言」へのコメント

だいぶ昔の話になりますが、その時はニュースステーションだったかな?月曜のスポーツコーナーで欧州サッカーは報道するけれど自国のJリーグを一切取り上げなくなった時期がありました。
若い頃で、抗議のメールを送ったことがあります。特に効果もなかったのですが。

時が経ちDAZNがJに参入した今日、今ではあの頃よりテレビ番組の価値は大きく下がってしまいました。一方でネット社会の躍進で、いつでも見たい時に好きなスポーツや動画を観れる時代になった。

その意味では僕は近年のテレビのJの扱いはあまり気にしなくなってきました。というより、もはやテレビの報道はスポンサー等の影響も大きいだろうが、これだけ細かく産業が多様化している時代で、テレビから本当に自分の欲しい情報を得ることができない。

論点はずれるかもですが、DAZNがJに参入したのは大きな意味があると思うし、今年の一年はJにとってもメディアにとっても重要で、今後のマスメディアに対する消費者の価値感が大きく変わる可能性がある。
僕はこの一年大きく期待したいですね。
民法テレビ報道番組に関してはもはや期待はしていません。

報ステ、カーリング&Bリーグは報じてもACLは完全スルーに一言

相変わらず独りよがりなブログだなと思いますが半分同意半分被害妄想かなと思います。

①報道ステーションはニュースステーションに比べてJリーグの優先順位が低い
というのはニュースステーションへの反抗ということであえてだと思います。

②ただそれだけではなくその日扱えるニュースの量や時間が決まっていてその調整はぎりぎりまでかかっているということ。

個人的に22日にあったスポーツで最も劇的でニュースの素材になるのは東京対栃木のBリーグ首位攻防戦残り0.6秒での逆転劇かなって思います。

報ステ見てないんでバスケの何が扱われたかはわかりませんが、ACLよりニュース価値があると思ったからそうなったんじゃないでしょうか?

③基本的に民放なので当たり前ですが自社が絡むスポーツイベントは大きく取り上げますよね。
(逆を言えば他局が推すイベントのニュースは必然的に優先順位は下がります)
日テレ:ACL(ただしJは無視)と野球(除くWBC)
フジ:世界フィギュア(グランプリは除く)とバレーボール代表
テレビ朝日:サッカー日本代表とフィギュアGPシリーズと世界水泳とWBC
TBS:WBCとバレーボール代表

そういったことを総合的に考えてから発言したほうがいいと思いますよ。
テレビ番組は「無数の事実」に対して「意思を持って選んだ事実」を「意思を持って伝える」ってことですから。

公平なスポーツニュースを見たければサンモニのスポーツご意見番はいいですよ。
扱っているスポーツニュースの素材は公平ですよ。(意見はかなり偏ってますが。)

報ステ、カーリング&Bリーグは報じてもACLは完全スルーに一言

>youhi74ci様

バスケを例に挙げたので混乱させてしまったかもしれませんが、
私の先のコメントの要点はそこじゃないんです。

このブログの筆者様は、コメントする人に対して筆者への
敬意を払ってほしいような内容を書かれています。
読み手にその敬意を求める以上、書き手も読み手に対して
敬意を払うべきではないか、と。

過去のブログを読んでいると、この筆者様は
その観点が欠けて、筆者様の一方的な思いに終始して
いるように感じます。

もちろん、ブログの書き手である以上“自分の庭”ですから、
何を書こうが彼の勝手だということは承知してますけど。

報ステ、カーリング&Bリーグは報じてもACLは完全スルーに一言

私はこのブログを読んでいる読者ですが
これはサッカーのブログなのでバスケやカーリングが好きな人は見なきゃいいわけです。
サッカーもバスケもカーリングも好きなのであれば傷つくという話ですが
普通に考えればサッカーが好きな人はサッカーがバスケやカーリングよりも序列が低いのは
納得していない人が多いと思います。

こんな記事も読みたい

【2017年J2】 J2参加クラブ一覧 ~クラブごとの最高順位と今季の目標~【せんだいサッカー日和】

現役時代の成功体験に依存したコーチが多過ぎる日本球界【スポーツ えっせい】

第89回センバツ高校野球各校レビュー(市呉・創志学園・明徳義塾・帝京五)【北のお部屋】

スウォンに初陣で引き分けなら…と思いたい【にわかフロンターレファンの試合分析】

川崎&浦和と覇者達の攻撃の差【にわかフロンターレファンの試合分析】

クリアが下手なんだよ【にわかフロンターレファンの試合分析】

今シーズンもついにスタート【にわかフロンターレファンの試合分析】

前年度的中率72.2%!2017J1リーグ順位予想~川崎フロンターレ編 ~【キキアシワアタマ】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:430
  • 累計のページビュー:3275059

(05月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss