でぷスポ13号館

野球界、大谷擁護と引き換えに”WBC”を自分たちの手で貶める

このエントリーをはてなブックマークに追加

予想どおり

球界の至宝でもある 大谷のイメージダウンだけは 絶対に避けたいメディアの ”火消し記事”が目立つように なってきた。

「大谷は悪くない」

こうなると思っていた。

WBC欠場の大谷は謝罪する必要はあるのか。 球界大御所は「大谷は悪くない」 THE PAGE 2/5(日) 6:00配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000002-wordleafs-base

”虎の威を借る狐”の如く 権威ある球界の大御所・広岡氏に 大谷擁護の発言をさせることで

”鶴の一声”で

「ああ、あの広岡さんがそう 言うのなら間違いないだろう」

という世間の”流れ”に 持っていきたいのだろう。

しかし

あのような状況・経緯で

「大谷は何も悪くない」

と、結論付けるためには あまりにも無理があり過ぎる。

従って

そういった無理を強引に そう結論付けるためには

”トレードオフ”

一方を追求すれば他方を 犠牲にせざるを得ない

という状況が生まれる。

今回、野球界が 大谷を守るために犠牲にしたのは

”WBC”だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000002-wordleafs-base&p=2 広岡氏「大谷は悪くない。 主催国のアメリカでさえ故障の可能性 のあるピッチャーに関しては トップ選手は出てこない。そもそも、 シーズンの開幕を控えているこの時期 に大会をやることが間違っているのだ。 選手にとっては、それほど価値がない WBCで、選手生命をかけてプレーする よりも、シーズンに備えることが 重要に決まっている。

(中略)広岡さんの意見は正論だろう。 出場が、競技人生に多大な影響を及ぼす サッカーのワールドカップであれば、 また辞退に関する価値観も違ってくる だろうが、現状の野球界における WBCの価値観で言えば、 辞退は納得できるし、誰も大谷を 責めることはできないと思う。

まさか野球界自らの手で ”WBC”のブランド価値を 貶める方向に持っていくとは 思わなかった。

球界の至宝・大谷にかかれば ”WBC”といえども ”生け贄”に捧げられてしまう

それほど、野球界における 大谷という存在は”特別” だということか。

WBCの価値観で言えば、 辞退は納得できる

などと、他人事のように しれっと言うが

元々WBCという大会の 誕生経緯はアメリカ側の 意向でも何でも無くて

どちらかというと

”WBC”自体

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「野球界、大谷擁護と引き換えに”WBC”を自分たちの手で貶める」へのコメント

物議を醸せる記事はなかなか書けない。ここの管理人の腕は高いです。
頑張れ頑張れ(*^ー^)ノ♪

野球界、大谷擁護と引き換えに”WBC”を自分たちの手で貶める

もちろんキックボクシングはどうだったのかというのはありますが、大谷自身もその時には問題ないと思った、大丈夫だったという発言をしていますよね。

少なくとも日刊スポーツのインタビューではそのように報じていますし、少なくとも隠ぺいしようとは考えていないのでは。大丈夫だったという自己判断を下したことについては軽率な行為かもわかりませんが、何か大谷の批判ありきに聴こえてしまいます。
その点についてはどのようにお考えですか?

「野球界、大谷擁護と引き換えに”WBC”を自分たちの手で貶める」へのコメント

広岡氏の発言に、今どれだけの
力があるとでも?20年前ならともかく。

一番最初のコメントは削除されていて
何が書いてあったのか、今では???
ですが、このように攻撃的なブログを
書かれる以上、攻撃的なコメントが
来ることもありますよね。

それが嫌ならブログ自体を書かないか、
そうまでして自己主張したいのなら
コメント欄を閉じればいいだけです。

野球界、大谷擁護と引き換えに”WBC”を自分たちの手で貶める

つまりあなたが言いたいのは何?
大谷や日ハムが謝罪して、
キックボクシングをしていましたと認めて、
WBCは日本が言い出しっぺの大会だから素晴らしい大会だとマスコミは宣伝すれば気が済むわけ?
それとも大谷が将来を犠牲にしてまでもその素晴らしい一文の得にもならない大会にわが身を犠牲にして貢献すれば気が済むわけ?

こんな記事も読みたい

キャンプ1クール目が終わり、故障者のないことを喜ぶ【YOKOHAMA lover】

近代日本サッカーの礎を開拓した岡野俊一郎さんを偲ぶ【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

【予告】今年もやります! 2017セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン【「完封さ!ヤクルトなんて打ちそうなの若松さんだけじゃないか」】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3210902

(03月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss