でぷスポ13号館

自国のプロサッカーを小馬鹿にする”奇病”につける”薬”はあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

清武選手のセレッソ復帰を受けた 関連ニュースのヤフコメを見ていて ガッカリさせられた。

C大阪復帰の清武 ブログで苦しい胸の内、 日本代表を考慮…「人生を決める決断」 ゲキサカ 2/1(水) 18:29配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-01636426-gekisaka-socc

代表の為に…っていっても、 Jリーグでは今以上の成長は 見込めないだろうし、 現状維持で何とかって感じだね * 代表の為とか言うけど レベル低いJでやってもなぁ * 出場するのも大変だと思う。 日本とはレベルが違うから。 * 清武の成長もここまでか いちばんいい年齢で海外から Jリーグにくるって落ち目やん * 日本でプレーしてレベルが 上がるとは思えない。 清武の成長もここまでだな * レベルの劣るJでは 出場は保証されてるが これ以上成長もないからな * Jリーグはないわ〜

予想はしていたが やはり、Jリーグを小馬鹿に するような書き込みを多数発見。

ほんの数ページめくっただけで こういう意見が山のように出てくる。

こんなことなら、鹿島もあそこで 欧州王者レアルマドリーに 勝っといた方が良かったのかも。

それにしても

ほぼジャパニーズオンリーの メンバーで(海外経験も小笠原のみ)

監督もプロクラブを率いてまだ 2年目の石井監督で (しかも海外経験など皆無)

あのレアルマドリーを 土俵際まで追い込んだ事については

この人たちは一体、 どう説明するのだろうか?

この人たちの理屈では

レベルの低い?Jリーグの 中だけでずっとやっていたような

海外経験の無い選手&監督の 組み合わせでは

世界最強のレアルマドリー相手に あのような試合になる事は 有り得ないと思うのだが。

そもそも

サッカーは世界中で 大人気のスポーツだが

CWCで準優勝になった後もまだ 自国のプロリーグをここまで 扱き下ろすようなファンが 圧倒的大多数を占めるような 奇妙で愚かな国は

世界広しといえども まず存在しないと思う。

日本よりも競技レベルが劣る ようなタイやインドネシアでも

サッカーは大人気の国民的 スポーツであり

国内リーグへの関心も高く 熱狂的だと聞く。

そもそも

人気とレベルなど関係ない。

タイやインドネシア以外にも 日本よりも競技レベルが劣る国で サッカーが大人気な国など 世界では決して珍しくはない。

だからこそ

サッカーは世界中で愛される No.1人気スポーツになれるのだ。

よく日本のメディアなどでは ワールドカップ予選で敗退したら 日本のサッカーは終わる

みたいな話が出てくるが

ワールドカップ本大会に参加 出来るのは僅かに32カ国。

では

それ以外の本大会に参加すら 出来ない200近い世界中の国々 ではサッカーは不人気なのか?

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

自国のプロサッカーを小馬鹿にする”奇病”につける”薬”はあるのか?

ワールドカップでベスト16の壁を越えるのが、大前提じゃないかと
そうでもしないと「欧州組」を有り難がる風潮も変わらないでしょ

そもそもJの年俸が低いから、欧州と比較してショボいって思われても
仕方ないと考えられる。嫌ならパフォームより高額な放映権取れる程の
リーグに育って、年俸挙げてスゲーって思わるようにならなきゃ
それが出来ないんだったら、ワールドカップで勝ち上がるくらいしなきゃ

あと、筆者こまめに改行してて読み辛いんですが、ガラケー使いですか?

自国のプロサッカーを小馬鹿にする”奇病”につける”薬”はあるのか?

チームが強いのとリーグが強いのとは違う。
各チームの平均レベルを考えたらJリーグは欧州リーグの足元にも及ばない。
鹿島はたしかに強いかもしれないが、鹿島にずっといて世界レベルにまで成長できるかと言ったらその可能性は限りなく低い。
だからこそ柴崎も海外の、それも2部のチームと契約したわけで。

それに自国リーグのレベルの低さを認識するのと自国リーグを好きになるのとは話が違う。
俺はJリーグも好きだが、嘘でもJリーグが強いなんて言えない。
むしろレアルに1回善戦したぐらいで世界に誇ってるようなぬるま湯のファンの方が選手をダメにする。
何も成し遂げてないのに成し遂げたような気になってるようじゃ先は暗い。

自国のプロサッカーを小馬鹿にする”奇病”につける”薬”はあるのか?

初めまして。いつも興味深く拝見しております。

怒る気持ちは至極当然です。私もほぼ同じ考えです。
しかし、彼らの意見にいちいち耳を傾ける必要はありません。ムキになればなるほど奴らの思う壺です。
彼らのほとんどはサッカーを見ていませんし(コメ内容を見ればわかります)、深い意見など皆無です。
裏を返せば、まともな意見を言えるほどの知識と愛情を持っていないと言えます。
「サッカーについて何もわからないくせに知ったかしてるわ」と鼻で笑っているくらいでいいと思いますよ。

このようなコメントが多い理由として、日本人のブランド好きな国民性とメディアの稚拙さにあると分析しています。
国民性はまあすぐには治りませんが、日本におけるサッカーの報道はJリーグ発足後も全く変わっていません。
結果とゴールシーンしか放送しないニュース番組、プレーよりスキャンダルにしか興味がないスポーツ新聞、自国サッカーを蔑む自国ジャーナリスト。そのような環境で出される情報で日本サッカーが魅力的に感じられるとは思いません。

この病気の闇はかなり深いものです。なにせプロリーグができて20年以上経っても治っていないのですから。
治療法があるのだとすれば、スポーツメディアとその情報を享受する国民それぞれの向上でしょうが、その道のりは遥か遠い先にあるように思います。

自国のプロサッカーを小馬鹿にする”奇病”につける”薬”はあるのか?

はじめまして

いつも興味深くブログを読ませていただいております。
今回のブログは少し残念な気がします。

言いたいことはわかりますが、タイトルに
”奇病”
”薬”
という文言を入れた時点で、引用されているヤフコメと同レベルと
思わざるを得ません。
「小馬鹿にする」で十分でありませんか?わざわざ、「”」(ダブルコーテーション)を用いて、「奇病」や「つける薬」という言葉を選んだ真意を知りたいものです。

こんな記事も読みたい

シティの決断 横浜Fマリノスは中村Sマリノスではない【SPORTS BULLetin】

三浦隆司に期待するもの【スポーツ えっせい】

2016グランパス選手評 背番号36 酒井 隆介【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:192
  • 累計のページビュー:3320284

(12月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss