でぷスポ13号館

中日新聞&中スポのグランパスの扱いが酷い件について

このエントリーをはてなブックマークに追加

中日新聞&中スポの グランパスの扱いが とんでもないことになっている。

▲タイキャンプ5日目となる1月30日付・中スポ紙。 風間グランパス初の練習試合の扱いも、この小ささ。

▲上記写真の赤線で囲まれた 部分を拡大したものがこれ。

まるで「電報」か?と思うほどの短さである。

グランパスの地元スポーツ紙である 中日スポーツでもこの程度の扱い。

一般紙である中日新聞に至っては グランパスの”グ”の字すら無かった。

ちなみにグランパスの公式サイトの方では キャンプリポートとして、練習試合の結果は もちろんのこと、この他にもキャンプの 練習風景を写した数枚の写真や 練習試合後の風間監督のコメント等を 映した動画も掲載されていた。

以前、中スポの競馬記者が ある会員制の競走馬について 「次走はどのレースになるか?」 という話を陣営(厩舎)の方に 取材に行った際に

調教師の先生から

「決まりがあって答えられないので (会員制の)ホームページを見てくれ」

みたいな事を言われ

「誰でも見れるようなホームページの 情報を見て、それをそのまま記事に写して・・・ これ、記者、要らないんじゃないか?」

と考えさせられた、みたいな話を 読んだような記憶があるが

まったく、その通りだと思う。

少なくとも この日の中スポ紙の内容は

グランパス情報が読みたくて 中日スポーツを購読しているような 読者からすれば

とても 有料でお金を取って読むような レベルには達していないように思う。

中スポの記者が タイキャンプへ同行しているのか どうか?さえも分からないし

もしかしたら クラブから何らかの”取材規制” をされているのかもしれない。

(超掲示板で、その点に関し ”気になる投稿”もあったし

昨年みたいなレオシルバ獲得の 際に見られた”情報漏洩”に 対する”対忍者対策”なのかも)

ただ

仮に現地に行っていなくても

「赤鯱新報」のように その間、グランパスファンの読者を 飽きさせないように

トヨスポで新体制が始動した際に あらかじめ選手や監督に取材を しておいて溜め込んだネタを元に

タイキャンプの間に シリーズ企画をやるなり、なんなり やりようは幾らでもあったと思う。

今年は新加入の選手も多い。

まだ新加入選手の事をよく知らない ファンやサポーターのために シーズン前の”予習”として

タイキャンプの期間を利用して 毎日、選手紹介をシリーズで 企画しても良かった。

あるいは

クラブOBの森山氏や藤川氏、 望月氏や平野氏、藤田俊哉氏、 中スポにコラムを掲載している その他の面々(吉田氏など)と

”座談会”を開いて 2017シーズンの風間グランパスに ついて、色々なテーマで徹底議論 したものをシリーズ企画として

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「中日新聞&中スポのグランパスの扱いが酷い件について」へのコメント

こんにちはファンと申します。
グランパスのメディアへの露出が少ないことを不満に思われているようですが、それはサポーターとして当然の感情ではあるので否定はしません。確かに開幕前のこの時期に、新監督の戦術や試合運び、新加入選手の働きぶりなど気になる情報は多いです。しかしメディアはこれを伝える義務はありません。結局は名古屋グランパスという会社が努力するしかありません。

例えば鹿島アントラーズが今年いいシーズンを過ごしました。それに伴いメディアへの露出も格段に増え多様に感じます。他にも違う競技ですが近年の広島東洋カープであったり、錦織圭選手であったり、最近ですと稀勢の里関など魅力(結果)があればメディアは記事やニュースで伝えるようになります。結局はそこにつく広告費や会員費がいなければ成り立たない商売なのです。

筆者が持っていられる不満はメディアにぶつけるのでは無く、名古屋グランパスに向けられるべきです。

名古屋グランパスが今後どのような企業努力をしメディアへの露出が増えるチームとなるのか楽しみにしています。

中日新聞&中スポのグランパスの扱いが酷い件について

関西では何があっても、タイガースが一面のスポーツ紙が存在します。
グランパスが一面に取り上げてほしかったら、強くなることです。
そのことに目をつむり、取り上げてくれないマスコミを非難するというのは、
お門違いも甚だしいです。マスコミは話題性のあるものにしか食い付きません。
地元だから取り上げるべきだ!は、勘違いも甚だしいです。
贔屓の引き倒しにならないように、自戒ください。

中日新聞&中スポのグランパスの扱いが酷い件について

仮に競合紙があったとしてもJ2に落ちたため
情報の価値が落ちているのであまり変わらないのではないでしょうか。

中日新聞&中スポのグランパスの扱いが酷い件について

ニュースに取り上げても一部の購読者にしか必要がないからでしょう。
不満であれば辞めたらどうですか? そんなものです。
マスコミにとってはJ2チームには魅力がないのでしょう。

こんな記事も読みたい

海外移籍は本当に「早いうちに」がいいのか【About Football】

2016グランパス選手評 背番号34 グスタボ・サントス・コスタ【赤の血潮と、青の魂】

ノートライに抑えられながらサントリー逃げ切り日本一【スポーツ えっせい】

2016グランパス選手評 背番号33 安田 理大【赤の血潮と、青の魂】

グランパスのタイキャンプ情報を伝えるメディアが皆無な件について【でぷスポ13号館】

2016グランパス選手評 背番号32 川又 堅碁【赤の血潮と、青の魂】

2016グランパス選手評 背番号31 扇原 貴宏【赤の血潮と、青の魂】

2016グランパス選手評 背番号29 和泉 竜司【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3273822

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss