でぷスポ13号館

天皇杯決勝は”ナイトゲーム”で行うべし

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様、新年あけまして おめでとうございます。

今年も「でぷスポ」は 日本のサッカー人気向上のための 検証、考察、提言を中心に

野球、相撲、競馬、 その他スポーツについても 日々観て感じた事、思った事を

時には辛辣に 時には鋭く斬り込んで

読んで下さった方が少しでも 「面白い」と感じて貰えるような サイトを目指して、昨年以上に 頑張りたいと思います。

今年も「でぷスポ」を よろしくお願いいたします。

そんなワケで まず今年1回目のお題(テーマ)は

『天皇杯決勝は”ナイトゲーム”で行うべし』 と題して

今日、元日の午後2時から NHK総合で生中継される

天皇杯決勝の”視聴率”= Jリーグ(国内サッカー)に対する ”世間の関心度”について 取り上げてみようと思います。

記事タイトルにもあるように

同じ正月に行われる スポーツ中継にあって

陸上の「箱根駅伝」と サッカーの「天皇杯決勝」 との間には

それこそ”天と地”くらいの

比較にならないほどの 大きな数字(視聴率)の差が あるワケですが

まずは どれくらい?違うのか

ここ過去5年間のデータを 簡単に比較してみます。

ビデオリサーチより http://www.videor.co.jp/data/ratedata/program/04hakone.htm

【箱根駅伝】過去5年間の視聴率            開始 視聴率 総合優勝 第92回(2016)往路1/2(土)7:50 28.0% 青山学院大学       復路1/3(日)7:50 27.8% 第91回(2015)往路1/2(金)7:50 28.2% 青山学院大学       復路1/3(土)7:50 28.3% 第90回(2014)往路1/2(木)7:50 26.8% 東洋大学       復路1/3(金)7:50 27.0% 第89回(2013)往路1/2(水)7:50 29.1% 日本体育大学       復路1/3(木)7:50 27.9% 第88回(2012)往路1/2(月)7:50 27.9% 東洋大学       復路1/3(火)7:50 28.5%

上記サイトをご覧になって貰えば お分かり頂けるかと思いますが

もう、かれこれ20年以上も 驚異的な20%超の高視聴率を毎年、 ”当たり前”の様に叩き出しています。

一方、 サッカーの天皇杯決勝はどうか?

ビデオリサーチより http://www.videor.co.jp/data/ratedata/program/soccer/tennohai.htm

【天皇杯決勝】過去5年間の視聴率            開始 視聴率 対戦カード 第95回(2016)1/1(金) 14:05 7.5%  浦和-G大阪 第94回(2014)12/13(土)13:50 3.9%  G大阪-山形            14:56 4.6% 第93回(2014)1/1(水) 13:50 6.1%  横浜FM-広島            15:00 5.9% 第92回(2013)1/1(火) 13:50 5.8%  柏-G大阪            15:00 7.0% 第91回(2012)1/1(日) 13:50 9.2%  京都-F東京            14:55 8.5%

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
天皇杯サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

天皇杯決勝は”ナイトゲーム”で行うべし

正月は普通の休日と違い日中でも在宅率が高く視聴率が稼ぎやすいわけだし、夜に放送すれば単純に視聴率が上がるかは疑問。
ナイトゲームだと正月の特番と争わなければならなくなるわけでかなり厳しくなるんではないかな?

天皇杯決勝は”ナイトゲーム”で行うべし

後背事情ってやつもありましょうかね
天皇杯決勝に関わるのは2チーム
箱根駅伝は20チーム
加えて箱根の20の大学にはそれぞれ卒業生が何十万といるわけですよ
鹿島のような小さな市のクラブだとガチな地元サポーターは5万
川崎でも100万ちょっとでしょうかね
逆にサポーター以外のサッカーにあまり関心のない人にとっては、
天皇杯とかサッカーとかどうでもよい範疇
普通の日本人にとっては「駅伝」の方がよほど話題性は高いでしょう
いずれにしても、ナイターでやったからといって視聴率が上がるとは
とても思えないですよ

天皇杯決勝は”ナイトゲーム”で行うべし

ではナイター中継したチャンピオンシップの視聴率はいくつだった?せいぜい11%ですよ。
サッカーファンが人気向上策を考える上で陥る決定的な間違いを言います。それは一度見てくれたらサッカーの魅力をわかってくれるという考えです。本当にサッカーの魅力伝わるならワールドカップで50%の視聴率を取っているのになんでJになるとその5分の1になるんだと。時間云々の問題ではなく競技以外の付加価値(それこそ代表戦だけ盛り上がるナショナリズム性)がないとみんなスポーツなんて見ない。

箱根が数字取れるのは
歴史の積み重ねで生まれたわかりやすいドラマ性、そしてここが重要で関東に住むobの大学への愛校心や有名大学自体へのブランドイメージ(ちなみに関東の大学しか出ないため関西では箱根の視聴率は関東の半分)。競技性を超越した魅力があるのです。

「サッカーという競技はそんなポテンシャルの低い存在ではないハズだ」その考えそのものを我々は捨てるべきではないかと。もうテレビには頼れませんよJリーグは。

こんな記事も読みたい

2016グランパス選手評 背番号1 楢崎 正剛【赤の血潮と、青の魂】

2016年ファジアーノ岡山総括【蹴鞠談議2】

2016年サンフレッチェ広島出来事カレンダー&ブログを振り返る【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ブロガープロフィール

profile-iconjlivedepr

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3302457

(08月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念、わたし的 ”1点買い” 予想
  2. 甲子園 鹿屋中央vs市和歌山 延長12回裏セカンドの1塁送球でサヨナラ負け に一言
  3. 名古屋内部崩壊危機!に思う。”忍者”に振り回され続けた5年間
  4. 舞の海の”JAPANESE ONLY” と 白鵬の取材拒否 について
  5. 「アギーレJAPAN誕生」に待った!
  6. 故障者続出、補強の失敗、危機管理意識の甘さが招いた名古屋の窮地
  7. 名古屋、マリーニョに6億円オファー?に思うこと
  8. ”お茶の間から遠ざかる”来季のJリーグ中継に失望
  9. 「DAZN*ドコモ」月額980円に不快感
  10. ”退団濃厚”から二週間、今度は一転、”残留濃厚”に思うこと

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
03
2015
08
06
04
2014
11
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss