KEI ENERGY

どこよりも気が早いウィンブルドン2016シード考察 ~ハレ・ロンドン最終決戦展望編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

全仏が終わり、芝の大会が始まりました。早いもので今週のハレ・ロンドンの結果をもってウィンブルドンのシードが決まります。 早速今週のシード陣のドローとあわせてチェックしていきましょう!

(ハレ) フェデラー ゴファン ベルディヒ トロイツキ、(ズベレフ) コールシュライバー ティエム フェレール 錦織

(ロンドン) マレー シモン ガスケ チリッチ バウティスタ ラオニッチ、(キリオス) イズナー、(デルポトロ) ワウリンカ

※順位や変動条件には影響しませんでしたが、ナダル、ティエム、モンフィスらのポイントの計算がうまくできていなかったため修正しました(6/14 22:00) ※青は今週出場予定、黄色は今週のポイント加算済(勝ち残り)、白は今週敗退・出場なしです。

1位 ジョコビッチ(→)<出場予定なし>  1位は盤石の絶対王者ジョコビッチ。全仏も制して、完全に一人旅状態です。芝の前哨戦は今年も出場する予定はないですが、2位マレーにダブルスコアで第1シード確定です。

2位 マレー(→)<ロンドン500>  フェデラーがシュツットガルトで敗退したことによって、マレーのウィンブルドンの第2シードが確定しました。全仏ではジョコビッチに敗れるものの、クレーコートでも戦えるところを今年も見せつけました。 そしていよいよ最も得意とする芝シーズン。前哨戦のロンドンでは準々決勝の対抗シードにシモンをひいたのでベスト4までは進むかと思います。

3位 フェデラー(→) <ハレ500>  今週の大会でも最も注目を浴びたのが、復帰戦となるフェデラーがどこまで戻ってきているかでした。シュツットガルトではベスト4まで進出したものの、ティエムの前に敗退。その前の初戦、3回戦でもフリッツ、メイヤーに苦戦を強いられており、まだ6~7割の状態といったところでしょうか。特にフットワークが重く、左右に振られたときに簡単にエラーをしていた印象ですね。あと体力的に不安を感じているのか、強引にネットをとるシーンが多かったような気がします。芝サーフェスでボレーが重要になってくるのもわかりますし、強引でもフェデラーの抜群のネットプレーセンスでほとんど決まっていましたが、ティエム戦の2度目のMPのように落としたポイントでの強引さが目立ったように思いました。  ウィンブルドンは第3シードが決まってしまいましたので、ハレでは無理をせず(錦織に優勝を譲って)万全の態勢でウィンブルドンに備えてほしいですね。

4位 ワウリンカ(→)<ロンドン500>  第4シードが確定しているワウリンカ。前哨戦はロンドンに出場します。ベルダスコとの初戦は面白い試合になる予感。(今週は2大会ともATP500ですが、限られた芝シーズンのため出場する選手層が厚くてどの試合も初戦から白熱ですね。)  ウィンブルドン後は錦織、フェデラー、ナダルと1000P以内の激しいシード争いが展開されることが予想されており、500大会とはいえ重要な初戦になります。

5位 ナダル(→)<出場予定なし>  本当はこの位置にナダルが来るのですが、ケガのためウィンブルドンの欠場を発表しました。残念ですが、錦織にとっては本当にチャンスです。今後の活躍によっては年間3位まで見えてきました!

6位 錦織(→)<ハレ500>  前哨戦のハレでは最近伸び盛りのプイユとの1回戦となりました。2回戦はプロテクトランキングを使用して出場の二人との対戦。準々決勝はフェレールもしくはフリッツ。準決勝はティエム、決勝はフェデラー。とかなりいいドローを引いたのではないかという印象です。  序盤は特にストローカーとの戦いになるので、しっかりラリーで芝の感覚をつかんで準決勝以降に臨んでいきたいですね。あと昨年はケガで敗退することになってしまったので、ケガには十分に気を付けて欲しいですね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

どこよりも気が早いウィンブルドン2016シード考察 ~ハレ・ロンドン最終決戦展望編~

chikuwa_papaさん

いつもありがとうございます。

大きな変動もありうるので楽しみですよね。
早速、昨日はガスケとフェレールが負けるという波乱がありましたね。
フェレールはともかくガスケはジョンソン(ビッグサーバーではありますが、先週も18歳のランキング100位台の選手に逆転負けしていた)には勝つだろうと思っていましたが、わからないもんですね。

ツォンガ、モンフィスのフランス四銃士の状態は詳しくは情報ないです。
ただ、ツォンガはロンドンの欠場発表のタイミングも遅く、調整していたけど間に合わなかったというような雰囲気を感じたので、2週間後のウィンブルドンには間に合うのではないでしょうか。
6/10にツイッターに地元フランス開催のサッカーヨーロッパ選手権の観戦の投稿がありますね。元気そうです笑

モンフィスは全仏の欠場理由が感染症だったと思うんですけどずいぶんと長引いてますね。病気だとケガ以上に読めないようには感じます。
が、先ほどこちらもツイッターにトレーニングの様子が投稿されてます。
よく見えないんですが、モンフィス坊主になってます??笑



「どこよりも気が早いウィンブルドン2016シード考察 ~ハレ・ロンドン最終決戦展望編~」へのコメント

今週の500の成績によってもシードが変わってくるので、今週は毎晩楽しみが続きますね。
ツォンガやモンフィスなど前哨戦欠場している選手の動向も気になります。
何も情報持ってないのですが最悪WB欠場の可能性もありますでしょうか?

こんな記事も読みたい

芝の500が開幕へ。ゲリーウェバーオープンドロー展望。【Fight!! Kei NISHIKORI】

今週の2大会、全ドローと展望【サンチェス・ピスファン】

この1敗を「ただの1敗」にできるか(2016全仏4R)【two-set-down】

ブロガープロフィール

profile-iconjlet5555

  • 昨日のページビュー:25
  • 累計のページビュー:2561759

(06月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~最終回2016ローマMS展望編~
  2. ジョコビッチの高く分厚い壁、マスターズ初制覇は赤土の大地へ持ち越し~マイアミOP決勝~
  3. 悲願成就なるか?!錦織、最も得意とするマドリード上陸 ~2016マドリードMS展望~
  4. 錦織マスターズ初優勝へ冷や汗発進!今後のマイアミMS展望!
  5. どこよりも早い(はずが、先を越されてしまった)2017全仏シード争い展望&2017全豪OP振り返り
  6. 錦織のマスターズ初制覇の可能性が広がるドロー!フェデラーvsナダルのレジェンドの再戦実現も?! ~2017インディアンウェルズ展望~
  7. ペールによる呪縛からの解放!錦織、際立つ安定感でナダルとの決勝に進出!~バルセロナSF~
  8. クレーシーズン最終決戦、全仏いよいよ開幕!~ 2016全仏展望 ~
  9. どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~
  10. 錦織、バウティスタアグートを一蹴!!真の戦いはここからだ!!~マイアミMS~

月別アーカイブ

2017
06
03
02
2016
11
09
08
06
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss