KEI ENERGY

ペールによる呪縛からの解放!錦織、際立つ安定感でナダルとの決勝に進出!~バルセロナSF~

このエントリーをはてなブックマークに追加

話は少しさかのぼり昨年の話から。 錦織が昨年トップ8人以外で敗れたのは、ツォンガ、ガスケ、イズナー、ロペス、ペール×2、アンダーソンの計7回ありましたが(セッピは始めから負傷のため除外)、そのうち4敗が全米でペールに敗れて以降です。 全米1回戦ペール戦の第4セット、タイブレークのマッチポイントでフォアの逆クロスのショットがわずかに外れ、その後逆転負けを食らって以降、錦織の歯車が狂ってしまったのか勝負強さは鳴りを潜め、まるでペールの呪縛がずっと続いているかのようにスランプに陥り、ランキングを大きく落とすことになっていまいました。

バルセロナのSFはそんな天敵ペールに対するリベンジマッチになりました。 試合前に思っていたペール戦のポイントは大きく4つ。

<フォアハンド攻め>  ペールの真骨頂はフラット系の強烈なバックハンドです。先週のモンテカルロでもマレーを圧倒するようなプレーを見せており、バックハンド、ドロップショットの精度はとてつもなく高いレベルにあります。一方でフォアハンドの方はバックハンドと同様に強烈なショットが来るときもあるのですが、ミスが非常に多いです。錦織もバックのクロスラリーを基本に組み立てることが多いこともあり、全米ではバックに集めていましたが、これにこだわりすぎて、逆に深く強いショットに押し込まれ苦しい展開になっていました。楽天OPの第1セットのように圧倒するためには、フォアハンド側に集めつつ、スキをみてバックに攻めこむことがポイントになります。

<ペールのFSの確率>  全米でも楽天OPでも、錦織はファイナルセットでブレークを先行され、最後ペールの強烈なサーブによって逃げ切られたため、ペールはサーブがいいという印象が強いのですが、実はキャリアトータルではFSの確率は52%、FSポイント獲得率74%、SSポイント獲得率47%と手が付けられないスタッツではありません。トップ選手の平均がそれぞれ大凡60%,74%,53%程度(※KE調べ)なので、特にFSの確率には課題がある選手です。 ただ、全米、楽天OPの錦織戦ではそれぞれ63%,58%とキャリア平均を大きく上回る結果になっていて、錦織が苦しめられる要因になっていました。今日の試合では、どちらの目が出るのか?!

<ペールはリターナー?> 前述のとおり、実はペールはサービスゲームのスタッツがあまりよくありません。(かなり意外ですが。)  一方で、相手のセカンドサーブに対するリターンは非常に正確で強烈です。錦織のようにSSにやや課題がある選手はリターンの餌食になります。ツアーでも錦織のSSをうまく返してくる選手としては、マレーに次いで上手いといっても過言ではないと思います。なので、リターンエースを決められることもあれば、ブレークされることもあります。ただ、引きずらない、できるだけプレッシャーに感じないことが重要です。また、バックハンドの方がより精度よく強烈なリターンが返ってくるので、サーブもできるだけフォア側に集めたいところです。もちろん、FSの確率を上げてSSに対するリターンをさせないのは言うまでもないことです。

<我慢強く丁寧に>  ペールは素晴らしいリターンがあるので、錦織が簡単に1~2つミスをしてしまうと途端にサービスゲームにプレッシャーがかかってしまいます。なので、特にサービスゲームでとにかくミスを減らすよう丁寧なプレーができるかどうか。最近はものすごく安定感が高まっているので、それを継続できるかどうかにも注目です。

試合はペールのサーブから始まりました。

第1ゲームは、ペールのFSの入りが良く、ほとんどラリーにもならずに簡単にゲームを取られます。 続く第2ゲーム。最初のポイントは錦織が左右に打ち分けます。最後はペールのフォアハンドがアウト。かなり丁寧に、さらにフォアハンド側にもきっちりと打ててミスを誘えています。続くポイントはセカンドサーブに対してペールがバックハンドで強打。やはりバックハンドのリターンは脅威です・・が、ここはわずかにアウト。その後もラリーからペールのフォアハンドのミスを誘い、幸先よくラブゲームでキープします。ここまでは、順調にプレーができている印象。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大きな宿題、一つ解決!【スコッチを片手に】

錦織が連敗中のペールにうっぷん晴らす快勝! 3連覇を目指す決勝は、赤土の王ナダルか、コールシュライバーと対戦!(バルセロナOP2016)【0 to zeroのhorizon】

禊を終わらせろ!バルセロナSFプレビュー【two-set-down】

ブロガープロフィール

profile-iconjlet5555

  • 昨日のページビュー:28
  • 累計のページビュー:2561673

(06月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~最終回2016ローマMS展望編~
  2. ジョコビッチの高く分厚い壁、マスターズ初制覇は赤土の大地へ持ち越し~マイアミOP決勝~
  3. 悲願成就なるか?!錦織、最も得意とするマドリード上陸 ~2016マドリードMS展望~
  4. 錦織マスターズ初優勝へ冷や汗発進!今後のマイアミMS展望!
  5. どこよりも早い(はずが、先を越されてしまった)2017全仏シード争い展望&2017全豪OP振り返り
  6. 錦織のマスターズ初制覇の可能性が広がるドロー!フェデラーvsナダルのレジェンドの再戦実現も?! ~2017インディアンウェルズ展望~
  7. ペールによる呪縛からの解放!錦織、際立つ安定感でナダルとの決勝に進出!~バルセロナSF~
  8. クレーシーズン最終決戦、全仏いよいよ開幕!~ 2016全仏展望 ~
  9. どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~
  10. 錦織、バウティスタアグートを一蹴!!真の戦いはここからだ!!~マイアミMS~

月別アーカイブ

2017
06
03
02
2016
11
09
08
06
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss