KEI ENERGY

ジョコビッチの高く分厚い壁、マスターズ初制覇は赤土の大地へ持ち越し~マイアミOP決勝~

このエントリーをはてなブックマークに追加

マスターズ初優勝に向けて、自身2度目の決勝に進出した錦織でしたが、ジョコビッチの高く分厚い壁に阻まれました。

なぜ負けたのか、どうすれば勝てるのか、試合を振り返りながら考えてみたいと思います。

第1セット、第1ゲーム。ジョコビッチのサーブから始まります。ファーストポイントは錦織のバッククロスがアウトとなり、ジョコビッチがとります。2ポイント目は、錦織が伸びのある、でも無理をしないストロークが続きます。左右に揺さぶって少し浅くなったところをフォアハンドウィナー。準決勝のキリオス戦の絶好調さが続いているかのようなポイントに今日は好ゲームの予感。続くポイントもFSに対して見事なリターンから、ジョコビッチの足元に落としミスを誘います。さらにジョコビッチがミスをしていきなりのブレークポイントを握ります。ここでセカンドサーブを完璧にリターンした後、左右に展開しジョコビッチのストロークがアウト。ほぼ完璧な内容で第1ゲームを取りました。 ここ最近のジョコビッチ戦では序盤にブレークを許し、常に追いかける展開が続いていたので、先にブレークできたのは非常に大きい!

続く第2ゲーム。試合を優位に進めるためにも、絶対にキープしたいところ。ファーストポイントはセカンドになるものの、リターンボールを絶妙のフォアハンド!ジョコビッチの体勢を崩し、ネットに出ます。ただ、このバックのボールが若干内側に入ったのが良くなかった。もちろんジョコビッチだからこそですが、わずかに甘くなった分鋭いボールが帰ってきてボレーが決めきれず、逆にパッシングショットを決められます。モンフィス戦をはじめとして、最近精度が上がってきているネットプレーも今日の試合の一つのポイントになると思っていただけに、一番最初のプレーで少し使いづらくなってしまったのは結構痛かったです。 そして2ポイント目のダブルフォルト。立ち上がりがよかっただけに、ほんとにもったいなかった。今日の試合の一番のポイントだったかもしれません。さらに簡単なミスが2本続き、すぐにブレークバックされます。

ここで少し気落ちしたのか、次のゲームでは簡単にミスを重ねてジョコビッチに一瞬でラブゲームキープされます。ここは錦織の課題ですかね。うまくいかなかったときにどう気持を切り替えられるか。ジョコビッチは全豪のときも今日も錦織にブレークされた後は、必死に取り返しにきます。この集中力はすごい。

ただ、錦織も第4ゲームではウィナーを2本決め、さらにFSでのフリーポイント2本できっちりキープしました!ついていけばまだまだいい勝負ができるはず。(ただ、このキープがこのゲーム唯一のキープになろうとは・・・)

第5ゲーム。ミスでポイントを失った後ラケットを交換します。フィーリングが合っていないのでしょう。さらにミス、ジョコビッチのサーブのフリーポイント2本でまたまたラブゲームキープされます。

第6ゲーム。お互いミスが出て、15-30。ここで長くラリーになりますが、錦織が我慢強く打ち勝って30-30。続くポイントも長いラリーを制してゲームポイント。今日はミスも多いですが、長いラリーになれば錦織がとっています。(この時点で5対0。) 次のポイントで決められればよかったのですが、今度は長いラリーをジョコビッチが制します。ジョコビッチは、錦織がいいショットをうった時ほど、いいカウンターを返してきます。連続ポイントをとられBPでもコードボールを錦織が強烈にうったところを待ち構えていたようにカウンターのパッシング。ブレークされます。

第7ゲーム。やはりジョコ、自分から打ちにいったときはミスが多いか。(全豪のシモン戦でもそうでした。)ダブルフォルトなどもあり、ブレークポイントを握ります。最後はセカンドサーブに対して見事なバックハンドリターンエース!!(再生映像ではアウトだったようですが・・笑)なんにしても今度は気持ちを切り替えてブレークバックに成功!食い下がります。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジョコビッチの高く分厚い壁、マスターズ初制覇は赤土の大地へ持ち越し~マイアミOP決勝~

ukk_chu_renさん

錦織は、スマッシュほどではないにしろ、ボレーもそこまで得意ではないんじゃないですかね。西岡とかのほうがもっとうまく打てているような気がします。
第2ゲームのボレーはもう少しアプローチのショットが外側に打って、ジョコの返球が力なくストレートに帰ってきたところをバックボレーをクロスに決めるイメージだったんじゃないかなと思っています。ちょっと中に入った分だけ、強烈なボールが返ってきたんで、落とし切れませんでしたね・・。試合を分けたポイントだったと思います。

ネットプレーは出るタイミングやアプローチを含めて、間違いなくうまくなっていると思いますし、今後トーナメントを余力を残して勝ち上がるためにも絶対に必要な戦略の一つだと思うので、磨きをかけてほしいですね!

「ジョコビッチの高く分厚い壁、マスターズ初制覇は赤土の大地へ持ち越し~マイアミOP決勝~」へのコメント

ネットプレー、前後の揺さぶり、DF・2ndサーブ、本当にそうでしたね。
最初の2点については、見終わった時点で感じていませんでした。
見返すと、やはりそうですね。
錦織選手はボレーが得意じゃないのですかね。1stセット、2ndゲームのボレーはボールが浮いてしまいパッシングをくらってしまいました。ジョコビッチから威力のある球が返って来たので、簡単なボレーでは無かったですが、、
ラケット面が少し上を向いていました。いつもならあそこからボールを切りに行くところ、ボールに食い込まれて、当てるだけになって、ボールが浮いたという感じだったでしょうか?前に突っ込んで行き、体が勢いよく前へ動いている状態だった為、ボールの勢いを吸収する動きが出来なかった様な感じでした。
運動神経、反射神経はツアーの中でトップレベルだと思いますが、ボレーのセンス、微細なコントロールの面では、錦織君より上が何人かいますね。フェデラーの様にリーチがあって、センスのある人にはかなう訳がありません。かなり上手い方だと思っているんですが、、

こんな記事も読みたい

悔しい思いを何度も繰り返し、次こそはと想う心が錦織圭をまた強くする【PIZⓏA de TENNIS】

錦織、ジョコビッチに敗れるも準優勝。マイアミ回顧など。【Fight!! Kei NISHIKORI】

完敗の先に見えるもの(マイアミオープン決勝、錦織対ジョコビッチ)【life is ball play 】

ブロガープロフィール

profile-iconjlet5555

  • 昨日のページビュー:245
  • 累計のページビュー:2561313

(06月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~最終回2016ローマMS展望編~
  2. ジョコビッチの高く分厚い壁、マスターズ初制覇は赤土の大地へ持ち越し~マイアミOP決勝~
  3. 悲願成就なるか?!錦織、最も得意とするマドリード上陸 ~2016マドリードMS展望~
  4. 錦織マスターズ初優勝へ冷や汗発進!今後のマイアミMS展望!
  5. どこよりも早い(はずが、先を越されてしまった)2017全仏シード争い展望&2017全豪OP振り返り
  6. 錦織のマスターズ初制覇の可能性が広がるドロー!フェデラーvsナダルのレジェンドの再戦実現も?! ~2017インディアンウェルズ展望~
  7. ペールによる呪縛からの解放!錦織、際立つ安定感でナダルとの決勝に進出!~バルセロナSF~
  8. クレーシーズン最終決戦、全仏いよいよ開幕!~ 2016全仏展望 ~
  9. どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~
  10. 錦織、バウティスタアグートを一蹴!!真の戦いはここからだ!!~マイアミMS~

月別アーカイブ

2017
06
03
02
2016
11
09
08
06
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss