創造のLIBERO

ペーターの代わりはペーター 数奇な運命を辿る指揮官たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

 公式戦9試合未勝利となり、遂にペーター・ボシュが解任された。

オランダ人指揮官は、途中解任という残念な結果に終わった胸の内を吐露して静かにクラブを去っていく。

そして新たに指揮官となるのは、14戦未勝利でリーグ最下位に沈むケルンを追われたペーター・シュテーガーだ。

まさかの展開に唖然としたが、この指揮官交代は果たしてどこまで効果があるだろうか。

ペーター・シュテーガー監督のケルンでの仕事は2013ー2014シーズンから始まったようだ。

指揮を執った最初のシーズンにクラブを1部へと復帰させ、翌シーズンは12位で残留を果たし、2015-2016シーズンは9位に、そして2016-2017シーズンはリーグ5位まで順位を上げている。

このようなケルンでの実績が評価され、今回ドルトムントで指揮を執ることになったようだ。

有力な指揮官候補が他にいなかったという憶測や、次に招聘したい指揮官までの繋ぎと見る向きもある。

いずれにせよドルトムントにしっくり来るような指揮官は早々いないのかもしれない。

ともかく、これからどうなるか見てみよう。

※スポーツナビ+ブログ終了に伴い、創造のLIBEROブログのお引越し先をお知らせします。 もし興味がありましたら当ブログ終了後も引き続きよろしくお願いします。 創造のLIBERO http://fanblogs.jp/libero/



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブンデスリーガ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

王者と首位の対決は“痛み分け”【no title】

ヘタフェvsエイバルでは乾と柴崎が入れ違いでプレー【ジョルディのバルセロナ通信】

toto対象試合が欧州リーグに。【当てtoto】

ブロガープロフィール

profile-iconjiyuu

にわかサッカーファンのブログ。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2014086

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マタと香川は共存できない
  2. 絶望と期待 ユナイテッドと香川真司
  3. ドルトムント完全崩壊 再生の鍵は“Shinji”とFW
  4. 揺れ動く香川真司の立ち位置 ロビンへの思いとモイーズ監督の言葉が意味するもの
  5. チームは香川を頼りたい その思いに応えられるか、香川
  6. モイーズ株上昇 香川、出番なくチームも敗戦
  7. マタとの補完関係 ユナイテッドで見せた香川真司の可能性
  8. ユナイテッドの落日
  9. ドルトムントがアドナン・ヤヌザイを獲得した理由
  10. 真司はドルトムントのタリスマン

月別アーカイブ

2017
12
11
10
2016
09
08
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
03
2014
12
11
09
08
06
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss