創造のLIBERO

熱く もっと熱く W杯を焦がすほどに盛り上がろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

 人生は楽しんだ者勝ち──── それはこの世界の真理の一側面を捉えていると私は思う。

────ではサッカーにおける真理とは何だろう? そのように考えたことはないだろうか。 勝敗に関することで言えば、何者を相手にしても恐れを知らない決定力と水も漏らさぬ守備力が栄光への原動力になる。

しかしながら、私たち見ている側には決定力もなければ守備力も関係がない。 日本代表を応援する時、もっと決定力があれば、もっと鉄壁の守備が出来ればと思うことはあれど、私たちは確実に勝敗とは隔絶された場所から選ばれた選手たちを傍観しているに過ぎない。

────もしスタジアムに行けば、同じ空気を吸い、同じ時間と空間を共有し、同じ雰囲気を味わうことが出来るだろう。 一緒に戦っている気分になって、一緒に力を合わせて対戦相手から勝利をもぎ取る瞬間を味わうことも可能だ。

それでも、私たちが直接的に日本代表に勝利をもたらせるようなことはないはずだ。 応援がスタジアムの雰囲気を作り出し、対戦相手を委縮させることなら出来るかもしれない。

ただ、もし本当に応援がチームを後押しするのなら、今の日本代表への応援は力不足だと言わざえるを得ない。 精一杯の声援と力一杯の応援の末に、W杯では常に涙を飲んできたからだ。 2010年南アフリカW杯以外は────

 あの時、私たちに何があったのか。 直前の強化試合では黒星を並べ続け、お世辞にもサッカー日本代表が世界と戦えるなどとは口に出すことも出来なかった。 最悪の雰囲気の中で、ただ一途に応援し続けるサポーター以外は代表への落胆と批判で渦巻いていた。

それでもテレビやパソコンの前に釘付けになり、口悪く罵りながらも日本代表を応援することを誰も止めようとはしなかったのではないだろうか。

────負けると分かっている勝負に挑む時、私たちはそこに何を見出そうとするだろう?

実のところ、避けて通れない勝負ごとにおいては相手の強い弱いはあまり関係がない。 負ける確率が高くなり、勝つ確率が低くなっていることに間違いはなくても、目指すべき結果については変わりがない。

もちろん誰も敗北を味わいたくはないはずだから、もしそうなら勝つより道はないからだ。

もし初めから「相手が強いから負けても仕方がない」と思っているのなら、そもそもW杯には出るべきではないし、それをわざわざ観る必要もない。

ではなぜW杯を目指すのか?

────そう、私たちのサッカー日本代表は、初めから“不可能だと思われていること”をやろうとしているのである。

ではなぜそんな日本代表を応援するのか?

────私たちは潜在的に“相手が誰でどこのチームだろうと”日本代表に勝って欲しいと願っているからではないだろうか。 そして、その可能性があることを知っているのである。

だからこそ相手が強ければ強いほど、応援に力が入るのではないだろうか。

では勝負から離れたところにいる私たちはどのように試合を見るべきだろう? この問いに、私の答えは最初から一つしかない。

今の日本代表を誇りに思うことだろう。

私たちの代表はW杯に一体何をしに行くのかと言えば、“ジャイアント・キリング”を起こしに行くのである。

弱者が強者を倒すこと。これほど愉快で痛快なことはないと感じる。だから私はサッカーが好きなのだと言える。

つまり世界において弱いことを誇りに思うのである。

負けたからと言って気にする必要はない。初めから負けやすいゲームなのだから、どうやって勝つかだけを考えれば良い。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本vsニュージーランド 親善試合【球マニアのBLOG】

10月10日の日本ーハイチ戦が不人気なのは当たり前【スポーツ えっせい】

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part4【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconjiyuu

にわかサッカーファンのブログ。
  • 昨日のページビュー:460
  • 累計のページビュー:1983118

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マタと香川は共存できない
  2. 絶望と期待 ユナイテッドと香川真司
  3. ドルトムント完全崩壊 再生の鍵は“Shinji”とFW
  4. 揺れ動く香川真司の立ち位置 ロビンへの思いとモイーズ監督の言葉が意味するもの
  5. チームは香川を頼りたい その思いに応えられるか、香川
  6. モイーズ株上昇 香川、出番なくチームも敗戦
  7. マタとの補完関係 ユナイテッドで見せた香川真司の可能性
  8. ユナイテッドの落日
  9. ドルトムントがアドナン・ヤヌザイを獲得した理由
  10. 真司はドルトムントのタリスマン

月別アーカイブ

2017
10
2016
09
08
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
03
2014
12
11
09
08
06
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss