change-the-flow

jigyakuteki

  • 昨日のページビュー:7213
  • 累計のページビュー:5488629
  • (09月19日現在)

最新の記事

「ラケットを叩き壊すくらいの闘志が必要だ」 錦織のウインブルドン2017

まずは、杉田のツアー初優勝を祝福します。おめでとうございます。偉業です。今後のさらなる活躍を期待します。 ウインブルドン2017のドローが発表されました。 クレーシーズンが終わりグラスシーズン、そしてこのウインブルドン大会が終わると北米ハードシーズンへ移行する折り返し点となります。この大会の注目の一つがランキング1位争いです。失効後のポイントです。 ①マレー   :7,390 ②ナダル ......続きを読む»

おそるべしフェデラーのクオリティ 芝の王者は健在 ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝

ゲリー・ウェバー・オープン決勝、フェデラーがA・ズベレフに6ー1、6ー3のストレート勝利し、2年ぶり9度目の優勝を飾りました。 フェデラーがコイントスでレシーブをとりズベレフのサービスゲームから始まります。ファーストポイントはフェデラーはブロックリターンからラリー、フェデラーがスライスそして浅いスライス、ズベレフはネットかけてサイドアウトし落とします。次のポイントはラリーからフェデラーはバック......続きを読む»

夢のビッグマッチ実現 芝の王者フェデラーか 将来のNO1候補ズベレフか ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝 

すごい事になりました。ゲリー・ウエバー・オープンの決勝カードは新旧夢の対決、35歳のフェデラーと20歳のA・ズベレフとなりました。改めて説明する必要はないでしょうが、フェデラーは全豪、IW、マイアミを優勝し、その後の大会を欠場。この芝シーズンに照準を合わせてきました。当然に最大の目標はウインブルドンの8度目制覇です。一方のズベレフはローマMS初制覇を果たし一気にグランドスラム初制覇をも視野にいれてい......続きを読む»

マイヤー先生は再び降りてくるのか 錦織の闘いは続く ゲリー・ウェバー・オープン2017QF

ゲリー・ウェバー・オーブンはQFとなります。この大会の前優勝者は33歳、ランキング134位のマイヤーです。当時は192位で怪我によるプロテクトランキングを使用しての参戦でした。その後の活躍をも期待したのですが精彩を欠くものとなっています。今シーズンに入り7連敗、2勝11敗でこの大会を迎えて、2回戦は期待のプイユを撃破してのQF進出となっています。 昨年はQFはセッピを、SFはテイェムに勝利し、......続きを読む»

課題おおき錦織の芝シーズン初戦 これではまだ勝てない ゲリー・ウエバー・オープン2017 1回戦

ゲリー・ウエバー・オープン1回戦、錦織はベルダスコに6ー7、6ー3、6ー4とフルセットのすえ逆転勝利をあげ2回戦に勝ち上がりました。 芝でのテニスはやはりサーブとリターンが重要であると再確認をさせられるような試合展開でした。今季初の芝での試合であり慣れないこともあったのかもしれません。第1セットは互いにサービスキープを続け、タイブレークに縺れてベルダスコが先取しました。ベルダスコの1st確率は......続きを読む»

錦織の芝シーズン 最近では最もよい状態で突入

錦織が覚醒した2014年の象徴の一つにナダルとのマドリード決勝があります。MS初制覇というところで残念ながら怪我により棄権となりました。その影響を受けてローマMSは欠場、全仏は初戦敗退となりました。芝シーズンには回復しハレではSFでフェデラーに敗れ、WBでは4回戦でラオニッチに敗退しました。 2015年はマドリードMSはSFでマレーに敗退、ローマMSはQFでジョコビッチに敗退、全仏は4回戦にガスケに......続きを読む»

帰ってきたナダル 完璧なまでの強さ 錦織に期待するもの 全仏オープン2017決勝

全仏オープン2017決勝、ナダルがワウリンカに6ー2、6ー3、6ー1のストレート勝利で、2年ぶり10回目の全仏優勝、グランドスラム15回目の優勝、フェデラーの18回につぐ単独2位となりました。 ナダルがローラン・ギャロスに帰ってきました。しかも完璧なるまでの強さを魅せつけての完全勝利でした。ナダルがここに戻ってくることを信じていた方はいたでしょうか。おそらくいたでしょう。 ナダルは2014年に......続きを読む»

錦織とマレーの攻防 マインド選択とショット選択 フォアハンドとバックハンド 全仏オープン2017QF

全仏オープンQF、錦織はマレーに6ー2、1ー6、6ー7、1ー6で敗退しました。 錦織は悔やむポイントを第3セットとしているのですが、むしろ第2セットにあったのではないかと思います。この対戦で11回目となり3年で7回の対戦と手の内を十分に分かっている両者です。錦織のマレーに対する戦略、マレーの戦略を理解して冷静に遂行する必要があったのだと思います。 両者の過去の対戦内容から、勝敗を決するフ......続きを読む»

予想を超えた想定内の死闘 ナダルの10度目の制覇か ワウリンカの4年連続GS制覇か 全仏オープン2017

全仏オープンSF、ワウリンカがマレーに6ー7、6ー3、5ー7、7ー6、6ー1で勝利し全仏2度目、4年連続のGS制覇に王手をかけました。 実力が伯仲した実力者同士の4時間43分の死闘は今季最高試合の一つであるのは間違いありません。テニススタイルにこそ違いはありますが、フィジカルの強さ、メンタルの強さ、技術力の高さ、試合運びのうまさ、どれをとってもトップ選手が相交える緊張感あふれる素晴らしい試合で......続きを読む»

世代間覇権争いの結末は 全仏オープン2017SF

ローラン・ギャロスもいよいよ山場、SFを迎えました。ここで、世代間の覇権争いを3グループに分けるとします。 ①ビッグ4世代:マレー、ジョコビッチ、ナダル、フェデラー、ワウリンカ ②錦織世代:錦織、ラオニッチ、チリッチ、ディミトロフ、ゴファン、等 ③ティエム・NEXT GEN世代:ティエム、A・ズベレフ、キリオス、プイユ、等 QFベスト8勝ち上がりは、①はマレー、ナダル、ジョコビッチ、ワウリン......続きを読む»

マレーのテニスを奪え 錦織のメンタルは決して弱くない 全仏オープン2017 QF

錦織の全仏初制覇のために唱えてきた3条件。 ①ミスをしない安定したストローク。 ②相手のテニスを奪う。 ③隙を見逃さない冷静な精度ある攻撃力。 マレーは既に全ての条件を持ち合わせています。だからこそNO1なのです。 テニスとは球を交互に打ち合い、相手側のコートに球を返球する競技です。それが相手のコートに返球されないときに相手のポイントとして蓄積されます。勝利するためには、相手の強打を打たせな......続きを読む»

心配をかける錦織 勝負の第2週へ 全仏オープン2017 R32

全仏オープン3回戦、錦織はチョン・ヒョンに7ー5、6ー4、6ー7、0ー6、6ー4と雨天順延のため2日間にわたるフルセットの末、第2週へと勝ち上がりました。 錦織に目立ったのはミスです。UE数計は69です。セット平均15.8です。チョン・ヒョンは下半身が強く、ストロークに安定感がありミスをしません。よって、一定のリスクを取ることはやむを得ないのかもしれません。事前のチョン・ヒョン情報による戦略で......続きを読む»

錦織の全仏初制覇の条件が揃ってしまった 進化したフォアハンド 全仏オープン2017 R64

全仏オープン2回戦、錦織はシャルディに6ー3、6ー0、7ー6のストレートで勝利し3回戦に駒を進めました。 錦織は第1セット第1ゲームにフォアハンドがバックアウトする2つのUEをだしブレイクを与えましたが、シャルディに2つのサービスゲームキープを許した後、第3セット第3ゲームまで6連続ブレイクを奪うという凄まじいテニスを展開しました。第1セットは31分、第2セットは27分でした。勝てばよいという......続きを読む»

錦織の初戦 足りない何かより修正点へ 全仏オープン2017 R128

全仏オープン初戦、錦織はコキナキスを4ー6、6ー1、6ー4、6ー4の逆転勝利をし2回戦へと駒を進めました。 2016年全米マレー戦のマレーのサービスポイント(エースを除く)は7+4+5+2+5=23でセット平均は4.6、ツアーファイナルのマレー戦では12+10+7=29でセット平均は9.6となりマレーにリベンジを許しています。全米マレー戦の勝利はこの錦織のリターンがいかに大きかったかを物語っていま......続きを読む»

屋根も照明もないローラン・ギャロス ローマの若き王者は如何に 全仏オープン2017

パリの5月30日付、日の出は5:52、日の入は21:44です。試合開始時間は11:00です。日本との時差が7時間ですので、試合開始は日本時間では18:00となりますので、平日のテレビ観戦は第1試合となると厳しくなります。日の入りは日本時間では4:44となりますので、徹夜観戦は可能となります。 日の入りを日没とも言いますが、太陽が地平線に沈む現象です。スタッド・ローラン・ギャロスのコートには他のグラン......続きを読む»

答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017

全仏オープン2017がいよいよ開催されます。 GSでは全豪に続き2大会目、MSはIW、マイアミ、モンテカルロ、マドリード、ローマと5大会が終了し主要大会で考えると中間点と言えます。ここでツアーの状況と展望をみていきます。 失効後のポイントで遂にランキング1位が10,000ポイントを切ることになりました。 マレーは今季ドバイで1勝しているものの、全豪では4回戦敗退、IWは初戦敗退、モンテカル......続きを読む»

怪物 井上尚弥の472秒を徹底解説 リカルド・ロドリゲスに完勝し V5

具志堅用高氏は愛弟子である比嘉大吾の世界王者獲得に涙で祝福しました。当時、別格の存在であった具志堅用高氏は井上尚弥の5度目の防衛戦のテレビ解説者として、井上尚弥の強さを「バランスがよく、ストレートを真っ直ぐに放つこと」と語りました。具志堅用高氏のボクシング哲学は一貫としているようにも思えます。13度の防衛を果たしたサウスポーの天才ボクサーである具志堅用高氏のバランスの取れたフットワークから真っ直ぐに......続きを読む»

新時代の到来 20歳の新王者誕生 ジョコビッチがズベレフに力負け BNLイタリア国際2017決勝

BNLイタリア国際決勝、20歳のA・ズベレフがジョコビッチを6ー4、6ー3のストレートで勝利しマスターズ大会初制覇を果たしました。 ズベレフは実力でマスターズ王者を勝ち取りました。見事な勝利でした。しかし、ズベレフはこんなにも強かったのでしょうか。ショットの安定感とショットの強さはあるものの武器がないというイメージを抱いていましたが違いました。ズベレフに勝機があるとすればジョコビッチに対してラ......続きを読む»

ジョコビッチがティエムを翻弄 完璧に封じ込む BNLイタリア国際2017SF

BNLイタリア国際SF、ジョコビッチがティエムを6ー1、6ー0と59分でストレート勝利し、2016年シーズンに続き決勝進出を果たしました。 ナダルを撃破したティエムの強打はジョコビッチには通用しませんでした。ベースラインより下がって対応するナダルとベースラインを確保するジョコビッチとの球質は異なるのです。懸念されたティエムのミスが多発しました。第1セット、第2ゲーム、第3ゲームとティエムのサイ......続きを読む»

ティエムの強打はジョコビッチに通用するのか 強いジョコビッチが戻ってくるのか BNLイタリア国際2017SF

ナダルを撃破し波にのるティエム、SFの相手は4戦全敗のジョコビッチです。ジョコビッチは錦織を破って勝ち上がってきたデルポトロ相手にを雨天順延となり先程SF進出を決めたばかりです。体力的なハンディは多少あるはずですが、さほど影響はないものと思われます。不調であったジョコビッチですがショットが安定してきておりジョコビッチらしさを取り戻しつつあるように思われます。ローマMS連覇とし復調へと弾みをつけたいと......続きを読む»

ティエムのフルスイングがナダルを遂に止める BNLイタリア国際2017QF

ローマMS、ティエムがナダルを6ー4、6ー3のストレート勝利し、対戦成績を2勝4敗とし、マドリードMSに続き2大会連続のSF進出を果たしました。一方のナダルは今季クレー大会16試合連続勝利と大会4連続優勝が途絶えることになりました。 ナダルと今季3試合対戦したのはフェデラーに続きティエムが2人目です。バルセロナ決勝ではティエムの4ー6、1−6で、マドリード決勝では6ー7、4ー6でストレート負け......続きを読む»

不思議な錦織 フェレールの執念を返り討ち BNLイタリア国際2017初戦

BNLイタリア国際2回戦、錦織がフェレールに7ー5、6ー2のストレートで勝利しました。 この試合2015年アカプルコ決勝の試合と重ねて観戦していました。全豪4回戦で対戦し錦織が6ー3、6ー3、6ー3で完勝したあとの大会で、フェレールが見事なテニスでリベンジを果たした試合です。油断は出来ないと思っていました。フェレールの執念に凄みを感じました。立ち上がりはマドリード同様にフェレールのサイドアウトのミ......続きを読む»

錦織は今季を決して諦めてはいない ポジティブに応援し続けたい BNLイタリア国際2017

錦織はマドリードMSで手首の怪我からの復帰戦に参戦しました。初戦のシュワルツマン戦では手首を気にする場面があり3回戦を回避するのではないのかと心配されましたが、フェレール戦では錦織らしいテニスも見られ、QFジョコビッチ戦、更に上まで進出するのではないかとの期待までも抱かせてくれました。しかし、ジョコビッチ戦前にWOを申告しました。 人の感情は多種多様です。一般にファンは期待をします。しかし、結果が......続きを読む»

ナダルのクレーシーズン3大会連続勝利 ティエムの進化 マドリード・オープン2017決勝

マドリード・オープン決勝は、ナダルがティエムに7ー6、6ー4のストレート勝利をしました。これで、ナダルは今季3勝目、クレーシーズンに入りモンテカルロ、バルセロナ、マドリードと3大会連続勝利、15試合連続勝利、ジョコビッチとならぶマスターズ大会30勝目をあげ、レースランキングでは4,045ポイントのフェデラーをかわし4,735ポイントとトップに立ちました。 両者はバルセロナに続き2大会連続の決勝での......続きを読む»

ティエムがナダルに勝つ戦略はあるのか マドリード・オープン2017決勝

マドリード・オープン決勝はナダルとティエムのカードとなりました。対戦成績はナダルの3勝1敗、ティエムの1勝はティエムが優勝した2016年アルゼンチンOPのSFです。全試合ともクレーコートです。今シーズンはバルセロナ決勝に引き続き2度目の対戦となります。この試合はナダルが6ー4、6ー1のストレート勝率でした。 ナダルは今シーズン8大会目であり、7大会で5回の決勝進出を果たし2勝をあげています。モンテカ......続きを読む»

錦織のマドリード・オープン2017 QFの相手は今季初対戦ノバク・ジョコビッチ

ゴールデンウィーク明けの大会ということもあり、公私ともに不安定な状況です。錦織の試合は観戦しているものの、錦織以外の試合はかじり観戦の状況、録画も上手く撮れていない状況であり、関心の高い対戦も残念ながら十分に確認できていません。 マドリードMSはベスト8が出揃いました。ここでトップシードのマレーがラッキールーザーとして出場しているコリッチに敗退しました。コリッチは安定していました、マレーのミスが目......続きを読む»

錦織のマドリード・オープン2017初戦

マドリード・オープン2017のドローが発表され既に大会が開催されています。 最大の関心事の一つは錦織が出場出来るのかということです。と言うのもバルセロナ・オープンではドロー発表後に錦織は欠場を告げたことにあります。前兆はありました。錦織の公式サイトに動画を掲載したことです。大会前の練習風景でありますがバックハンドを中心とした内容でした。出場に向けて調整しています。しかし、フォアハンドは打てる状況にな......続きを読む»

強者の3条件 バルセロナ・オープン2017決勝

ここまでのフェデラー、ナダルの復活、マレーの復調と不足した部分を見て共通したファクターが感じとれます。それは安定した守備力です。フェデラーはウイナーを簡単に決めてくるように見えますが繋ぐところは繋ぎます。しかも深い返球で相手に攻めさせる余地を与えません。ナダルも同様にミスが少なく球を拾いコートカバーリング力に優れています。スピンを効かせて球威があり相手に攻めさせません。真の凡ミスを除きミスは大きく2......続きを読む»

決勝進出はマレーかティエムか バルセロナ・オープン2017SF

バルセロナ・オーブンQF、モンテカルロMS3回戦でマレーが敗退したラモス=ヴィノラスと2大会連続の対戦となり、2時間59分のフルセットの死闘を演じ2ー6、6ー4、7ー6と逆転勝利しリベンジを果たしました。 両選手とも譲らない死闘という表現が適当なのか、大変重い空気を感じられた方もいたかもしれません。しかし、凄い試合であったと思います。マレーもラモス=ヴィノラスもウイナーを狙う等の攻撃的テニスなスタ......続きを読む»

マレーの復調 ラモス=ヴィノラスとの再戦 杉田の躍動 バルセロナ・オープン2017QF

モンテカルロMSの3回戦で敗退したマレーは急遽バルセロナOPに参戦してきました。初戦である2回戦はトミックが背中の負傷による棄権のため、戦わずして初戦は3回戦、F・ロペスとの対戦となりました。6ー4、6ー4のストレート勝利としましたが、ロペスも善戦しました。精度の高いラリーを制したマレーが勝利しました。 今大会は2日連続して雨により試合開始が遅延したため寝てしまいましたが、マレーVSFロペス、ラモ......続きを読む»

1 2 4 5 6 7

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss