change-the-flow

月別アーカイブ :2017年09月

迷ってはならない 杉田の己との闘い 成都オープン2017QF

15勝10敗、ツアー1勝 1st確率:63% 1stポイント獲得率:68% 2ndポイント獲得率:50% サービスエース:74 ダブルフォルト:58 成都オープンまでの杉田の今季の成績です。1stポイント獲得率が70%に達していません。2回戦モンテイロ戦の1stポイント獲得率と2ndポイント獲得率です。 第1セット:68%ー67% 第2セット:90%ー100% 第1セットは70%とれ......続きを読む»

伊達公子は「何故」引退したのか

2017年9月12日、ジャパン女子オープン1回戦、伊達公子はセルビアのクリニッチに0ー6、0ー6と1ゲームも奪うことなく敗退しプロテニス人生に終止符をうちました。 ご覧になった方は多くいらっしゃるのではないかと思いますが、「伊達公子の引退スペシャル あなたの笑顔が大好きだった」を見ました。永久保存版となるでしょう。伊達公子のテニスを観戦する機会は多くなかったのですが、23歳でトップ10入りしで......続きを読む»

杉田の挑戦 1500ポイントを奪れるか 成都オープン2017

成都オープン1回戦、杉田はパビッチに6ー1で第1セットを先取した後にパビッチの棄権により2回戦へと勝ち上がりました。2回戦の相手はデ杯で対戦しストレート勝利したモンテイロです。日本をワールドグループ残留に導いた勢いそのままに駆け抜けて欲しいと思います。 2017年シーズンの杉田の躍進は覚醒といってもよいでしょう。トップ選手との対戦も増え杉田のテニスが通用することの手応えを感じ取ったのではないかと......続きを読む»

アレクサンダー・ズベレフの試錬

今季も全米が終わり主要大会は残すところ上海MS、パリMS、ツアーファイナルと最終盤戦へと向かいます。注目点はランキング1位の行方ですが、ほぼナダル確定というところでしょう。どこまで加点できるかも注目されます。ランキング1位返り咲きを目指す最後のチャンスであろうフェデラーとしては厳しい状況です。しかし、ドラマとは奇跡が存在するところに存在します。可能性がかすかに存在するところに勝者のメンタルが再び降り......続きを読む»

錦織のグリップについて②

デ杯ワールドグループ残留、おめでとうございます。 日本の層の厚さを感じることができます。デ杯での優勝も夢ではないと思いますし、これから数年が最も充実したメンバー構築ができるのではないかと思います。2018年シーズン1回戦は2月なので錦織や西岡が出場できるのか出場するのかは微妙ですが、そうでなくても29歳となった杉田がリードしてくれるものと期待を持てます。 錦織は公式アプリで手首の怪我が回復してい......続きを読む»

その瞬間を見届けたい ナダルの16回目のグランドスラム優勝 全米オープン2017

その瞬間、ナダルは両手を大きく差し伸べ、倒れ込むではなく爽やかな表情で歓喜を表現しました。 これで全米オープン3回目、今季2回目のグランドスラム優勝、キャリア16回目の優勝を手中に収めたのです。 ナダルは何度となく怪我をしてきました。2009年23歳には両膝負傷、2012年26歳にはこれも膝の負傷、錦織が覚醒した2014年28歳には手首の負傷と虫垂炎手術、そして2016年30歳にも手首の負傷で長......続きを読む»

決勝のカードはナダルとアンダーソン 優勝の行方は 全米オープン2017決勝

全米オープンSF、ナダルはデルポトロに4ー6、6ー0、6ー3、6ー2で今季GS3度目の決勝進出を果たしました。 ナダルにはウイナーが必要だと感じながら観ていました。 ますは、マッチのポイント内訳を確認します。ウイナー数+相手のFE数+相手のUE数です。( )はサービスポイントです。(手集計を含む) ナダル  :45(5)+24(12)+40=109 デルポトロ:23(7)+33(15)+20......続きを読む»

全米オープン2017 決勝カードの行方は

全米オープンQF、ランキング1位のナダルが、53位のロシアの19歳ルブレフに、6ー1、6ー2、6ー2と1時間26分でストレート勝利しSFへと駒を進めました。 ナダルは全仏勝利して以降、ウィンブルドンでは4回戦敗退、カナダMSでは3回戦で18歳のシャポバロフに敗退、シンシナティMSではQFでキリオスに敗退するなど前半戦での勢いは見られませんでした。この全米においてもナダルへの周囲の期待と評価は高くな......続きを読む»

クレーコーターは勝てないのか   全米オープン2017 4R

北米ハードコートシーズンは時差が11時間あり観戦条件は厳しいです。ATPツアーは現地時間午後1時、全米は午前11時、日本時間で午前0時試合開始となります。プライベートを含め個人的に観戦環境も良くなく多くは観戦できていません。それでもオンデマンド等や録画観戦をするよう極力努めている現状です。 錦織をはじめ主力選手の欠場で盛り上がりに欠けているとの声もありますが、そうでもないです。様々なドラマを感じ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:5315
  • 累計のページビュー:5666027

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss