change-the-flow

月別アーカイブ :2016年11月

マレーとジョコビッチの今季最終戦について

マレーとジョコビッチの最終戦は6ー3、6ー4のストレートで勝利し年間NO1を決定付ました。 これで今シーズンの全日程を終了したわけですが整理できないものが残っているように感じでいます。まずはこの両者の対戦について書かせて頂きます。対戦成績はマレーの11勝24敗となりました。両者の対戦履歴を確認してみます。(以下マレーからみます) 2006年:0ー1 2007年:0ー2 2008年:2ー1 20......続きを読む»

錦織の今季最終戦を徹底分析 ジョコビッチに始まりジョコビッチで終わる ATPワールドツアー・ファイナルズ2016SF

しびれる試合でした。まずは両雄に拍手をおくりたいと思います。 ATPワールドツアー・ファイナルズSF、マレーがラオニッチを5ー7、7−6、7ー6で死闘を制しました。錦織戦の3時間20分を超える3時間38分と両者譲らない闘いが最後の最後まで続きました。第1セットは第11ゲームにラオニッチがブレイクを奪い先取しました。第2セットもラオニッチが第3ゲーム先にブレイクを奪います。しかし、すぐさまマレーがブレ......続きを読む»

錦織に期待するもの 強い精神力と体力 対ジョコビッチ第6戦 ATPワールドツアー・ファイナルズ2016SF

ATPワールドツアー・ファイナルズ2016ラウンドロビン3回戦、錦織はチリッチに6ー3、2ー6、3ー6の逆転負を喫しました。ワウリンカがマレーに敗れたため錦織の決勝ラウンドに進出が決定し、準決勝でジョコビッチとの対戦となります。 今大会のポイント獲得数の内訳を見てみます。(ウイナー数+相手のFE数+相手のUE数) <ワウリンカ戦> 錦織   :18+ 9+33= 60 ワウリンカ:12+11+......続きを読む»

錦織のテニスを貫いて欲しい マレーに惜敗 ATPツアー・ファイナルズ2016RR②

ATPツアー・ファイナルズRR第2戦、錦織はマレーに7ー6、4ー6、4ー6で敗退しました。3時間20分の死闘でした。 RR最終戦前までに、この試合の分析を行わなければと思っておりましたが、時間がなく手抜きな内容となります。スタッツについては表示された内容と集計した内容が合わず、一定時間を掛けて見直しましたがウイナー数が合いません。集計した内容での記事となりますが、ご了承下さい。試合内容も十分に見直......続きを読む»

マレーは今の錦織には勝てない ATPツアー・ファイナルズ2016RR ②

TPワールドツアー・ファイナルズ、ラウンドロビン第2戦。初戦を勝利した者同士の対戦であるマレー戦です。錦織にとって今シーズン12回目のビッグ4との対戦となります。対戦成績は2勝9敗です。現在2連勝中です。マレーとの今シーズの対戦は4回目となり対戦成績は錦織の1勝2敗で以下の通りです。 デ杯  :2ー3 リオ五輪:0ー2 全米  :3ー2 リオ五輪の錦織は完敗でしたがデ杯と全米では接戦を演......続きを読む»

強い錦織が戻ってきた 全勝も可能 ATPワールドツアー・ファイナルズ2016RR

ATPワールドツアー・ファイナルズのラウンドロビン初戦、錦織はワウリンカを6ー2、6ー3のストレートで勝利しました。 全米オープンSFでワウリンカに敗れた錦織は、ワウリンカ対策、戦略を確実に遂行しました。 錦織の良かった点をあげます。 ・2ndサービス攻略:錦織はワウリンカの2ndサービスに苦心させられていました。深く高く跳ねる球を抑えられずにバックアウトなどしていたのです。この試合の錦織は徹......続きを読む»

錦織の今季最終戦 スタートとして位置付けて欲しい ATPワールドツアー・ファイナルズ2016

世界の松山英樹を観ていました。世界ゴルフ選手権初制覇を果たし、現在世界ランキング7位です。ティーショットにしろアプローチにしろ世界と闘うだけの技術を魅せてくれています。果たしてメジャー初制覇が先か、世界の錦織圭のグランドスラム初制覇が先か、世界を舞台に活躍するこの二人に目が離せません。 さて、ワールドツアー・ファイナルズ2016がいよいよ始まります。錦織はマレー、ワウリンカ、チリッチと同組とな......続きを読む»

スタッツ分析と錦織に期待するもの ATPワールドツアー・ファイナルズ2016

先般、haifwayvolleyさん(Moon Ball in the Sunブログ)がスタッツ分析に関する素晴らしい記事を投稿されました。アンフォーストエラー(以下UE)に関する分析記事です。統計学手法によりUEに関する相関関係を導こうとされたのです。この記事には大きな意味があリます。Sportsnaviブログは遂に主張に対して科学的に立証することを求められる時を迎えたこととなったのです。若干大袈......続きを読む»

チリッチに敗退 錦織のテニスは戻せるか BNPパリバ・マスターズ2016

スイス・インドア決勝、錦織はチリッチに1ー6、6ー7のストレートで敗退しました。 この試合チリッチはサーブ、ストロークなど素晴らしい出来に感じました。錦織はチリッチのテニスに押されて対応出来ていないように思えました。特に第2セット後半以降のミスの多さ、バックハンドのミス、ネットに掛けるミスが多く要因は何処にあるのかと分析しました。LIVEで観戦していると勝敗の行方に気をとられて内容を把握できない......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:12062
  • 累計のページビュー:5028367

(07月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss