change-the-flow

月別アーカイブ :2016年04月

5連敗、どうする錦織。ふたつめの山を越えろ!

これで、今シーズンのビッグ4との対戦は5連続の敗戦となりました。この敗戦をどのように捉えたらよいのでしょうか。 まず、これまでの対戦結果、推移を見てみましょう。 2008年:0ー1 2009年:0ー0 2010年:0ー2 2011年:1ー3 2012年:0ー2 2013年:1ー2 2014年:3ー7 2015年:1ー5 2016年:0ー5 ビッグ4との対戦状況が如実に錦織の状態を表し......続きを読む»

対ナダル第2戦。バルセロナ・オープン F。

インディアンウエルズQF、錦織の4−6、3−6で破れ去りました。 ナダルは終始ポジションを上げ錦織を下げさせるべく、または深いスピンの効いたショットを放っていました。 中央への深いリターンに対応できずネットに掛けてしまい、フォアは体が開いた状態でサイドアウトし、バックのクロスも手打ちとなりサイドアウトしていました。何よりナダルの攻撃的なショットに守りに入る場面が多くミスを重ねてしまいました。特に錦織......続きを読む»

錦織は今どこに向かっているのか。バルセロナ・オープン SF。

マイアミMS決勝においてジョコビッチにMS初制覇を阻まれた錦織。今シーズンの錦織は確実に進化を遂げ、試合毎に課題を修正してきました。この大会においてはストロークの安定感、ミスをしないと同時に相手を追い込む、ミスを誘発させる展開を見せていました。ジョコビッチ戦ではストローク戦に負けないことに焦点をあてて観ていましたが、UEはジョコビッチ22に対し、錦織29という結果となりました。この結果をうけ落胆され......続きを読む»

真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

マスターズ2大会目にして頂上決戦の権利を得た錦織、ジョコビッチに3−6、3−6で敗退しました。 私はこの決勝、課題をもって観戦しました。 1.真向から打ち合う覚悟はあるのか。 2.有利に展開できた場面、ペースを奪われた場面での対応。 3.第1セットを取ること、立ち上がりの重要性。 ライブで観戦するとき、錦織の勝利を期待し展開の優劣を優先して追っているように感じます。私は一度観るだけで......続きを読む»

ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF

マイアミ・オープンSF、錦織はキリオスを6−3、7−5で勝利しファイナルへと勝ち上がりました。 第1セットを奪った後の第2セット、ブレイクバックされキリオスのサービスがよく勢いが徐々に現れ流れを掴みかけますが、錦織はサービスゲームを3連続ラブゲームキープするなどペースを渡さなかった。食い止めた。そして第12ゲームをブレイクし試合を決めます。 錦織のストロークは安定してきています。マイアミ当初はクロス......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:4637
  • 累計のページビュー:5814952

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss