change-the-flow

月別アーカイブ :2016年03月

まだまだという感じでした。西岡はティエムに対し2−6、2−6の完敗という結果に終わりました。 私のイメージした戦略とは違いました。無利な攻め、ハードヒットする場面があり攻撃的に行こうという気持ちは理解できますが、コートカバーリングが広いティエムに対しては効果は薄いと感じました。また、ミスが多くUEではティエムが18に対して西岡は20。大差はないものの粘り強いラリー戦でミスを誘発する戦略でないと勝目は......続きを読む»

ここに西岡あり。マイアミ・オープンR32

正直なところ2015年度IWMSで錦織を激破したF・ロペスに勝てるとは思っていなかったです。 1回戦ドナルドにマスターズ初勝利をあげただけでも喜びを感じたところでありましたが、ランキング23位のトッププレイヤーに真に堂々の勝利をあげたのでした。ロペスもフィジカル的に辛そうな様子ではありましたが、西岡の安定したストロークがロペス追い込んでいきました。西岡のストロークはスピンがかかっていてミスが少なく伸......続きを読む»

ナダルに負けた錦織は、マスターズ初制覇できるか。

錦織は今シーズン6大会を終えています。( )は敗戦相手。 ブリスベン:QF(トミック) 全豪オープン:QF(ジョコビッチ) メンフィス:W アカプルコ:R16(クエリー) デビス杯:RR1−1(マレー) インディアンウェルズ:QF(ナダル) ここまで14勝5敗。トップ10とは4戦、ツッンガ、ジョコビッチ、マレー、ナダルと対戦し1勝3敗。 2015年度シーズンは21大会(ツアー19大会)に出場してお......続きを読む»

ここで負けるわけにはいかない。インディアンウェルズMS、QF。

1st確率:72%。 1stSPW(1st Serve Points Won):82%。 2ndSPW(2nd Serve Points Won):56%。 (2016年度シーズンスタッツ) このプレーヤーに如何にして勝てばよいかと言うと、解は一つ。サービスゲームをキープすること、ブレイクを献上しないことです。 錦織は第1セット2つのブレイクをイスナーに献上し第1セットを落とします。 イスナーのス......続きを読む»

どうしたジョコビッチ。インディアンウェルズMS2回戦。

ドバイでF・ロペスに3−6の後に目の不調により棄権をしたジョコビッチ。 デビス杯R4では、IW2回戦で錦織と対戦したククシュキンに6−7、7−6、4−6、6−3、6−2で勝利したものの苦戦。内容は観戦していないので分かりません。ここまでは、特に気にしていなかったのですが本日の対戦結果をみて、心配になりました。 ランキング149位、アメリカの22歳、フラタンジェロを相手に2−6、6−1、6−2でした。......続きを読む»

予感を感じる。デビス杯R4、マスターズ大会の始まり。

デビス杯1回戦、日本対英国。ラバー4の第2セット第3ゲーム。マレーはラケットをへし折ります。 第1セットは第3ゲームに錦織はブレイクを奪われますが第7ゲームにブレイクバック第12ゲームにDF2つするなどしマレーがこのセットをとります。第2セット第1ゲーム錦織はいきなりブレイクを奪います。続く第2ゲーム深いストロークからベースラインに入りこみフォアのウイナー。完全に錦織の形です。この錦織ペースのなか......続きを読む»

マイケル・チャンの終わりは、錦織圭の始まり。

2013年12月に錦織のコーチとなったマイケル・チャンは17歳3月で全仏オープンをとりGS最年少優勝記録保持者であることは知られてるいるところです。身長は175cmと小柄ながらフットワークを活かしたストロークカーであり、ランキング1位で全仏オープン3度の優勝経験のあるレンドルを4-6、4-6、6-3、6-3.6-3で倒した際のアンダーサーブは語り草になっています。ツアー通算34勝、GS1勝、MS7勝......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5028367

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss