change-the-flow

月別アーカイブ :2016年01月

錦織は勝てなかったのか、全豪オープンQF。

釈然としません。 海外のメディアを含め、実力に大きな差があるとの論調。 真実に、この試合の敗因は40−0からブレイクを献上した第1セット第6ゲームにあるのか。 私は観戦していて、そのようには感じていませんでした。 なぜ負けたのか、なぜ勝てなかったのか。錦織に勝つ術はなかったのか。 この試合をその後3回観ました。 それでも完敗とは感じないのです。僅かの差、確かにそこに大きな差があるのかもしれませんが......続きを読む»

GS初制覇に向けて、全豪オープンQF。

QFに勝ち上がるまでの4戦は毎回ハラハラするのは何故でしょうか。 敗てはならないという使命感のようなものがあるのからかもしれません。 まずは、錦織全豪オープンQF進出、おめでとうございます。 8人しか進出できないQF、これは間違いなく偉業です。 GSでのQF以上進出はこれで5回目、その内全豪オープンが3回と錦織に相性のよい大会と言ってよいでしょう。 錦織は確実に進化しています。 昨年度の錦織包囲......続きを読む»

修正力、錦織のもう一つの課題2。

全豪オープン3回戦、錦織のガルシアロペス戦です。 第1セットの第1ゲーム、第2ゲームはキープし合います。 第3ゲーム、錦織は1stは初めの1本にみで5本2ndとなりますが粘り強くポイントをとりキープ。しかし、この日の錦織は2回戦のようにサービスが入りません。 第4ゲーム、一方のガルシアロペスはサービスが好調。このゲームをラブゲームキープとします。 第5ゲーム、錦織は2ndが先行しますが、2本づつの......続きを読む»

修正力、錦織のもう一つの課題。

衝撃でした。 クライチェク戦の第1セットです。 1st確立は82%。2ndは、第1ゲームと、第3ゲームの2本づつの4本のみです。第5、7、9ゲームは、全て1stINです。しかも、ポイントを落としたのは、第3ゲームに1st1本、2nd1本のみで、他の4ゲームは全てラブゲームという、私の記憶にはないベストなサービスゲームでした。 第3セットも第3、5、7ゲームはラブゲームであり1st確立は75%、トータ......続きを読む»

全豪オープン、1回戦。

ナダルが1回戦敗退です。 ベルダスコに、6−7、6−4、6−3、6−7、2−6。 ベルダスコのエース:20、DF:10、ウイナー:90、UE:91です。 観戦していませんが、ベルダスコが徹底した攻めを展開したのでしょう。 他の主な初戦敗退選手。 カルロビッチ:棄権。 錦織がQFで対戦する可能性があった、ペールが19歳328位のルビン(米)に6−7、6−7、6−7で敗れました。 新鋭のコリッチがラモ......続きを読む»

いざ出陣、全豪オープン初戦。

いよいよ、2016年シーズン初のGSである全豪オープンが明日より開催されます。 錦織の初戦は初日18日の第1試合。 現地時間の11:00、日本時間の9:00開始です。 気になる予想気温ですが、最高気温は37度です。 最も高温となる時間帯でのゲームとなりそうです。 コールシュライバーです。 1983年10月16日生まれ、32歳。身長は178cm。バックハンド:片手。 ツアー6勝。クレイ4勝、グラス1......続きを読む»

粘りと強靭な精神力で暴れてくれ、錦織圭 。

寒い日が続きます。週末以降さらに寒さが厳しくなるようです。 一方、オーストラリアは夏です。 メルボルンの緯度は南緯37度49分14秒。 東京は北緯35度41分22秒。 仙台は北緯38度16分5.6秒。 緯度的に言えば、東京と仙台の中間くらいに位置するイメージでしょうか。 時差は2時間プラスです。 1988年まで全豪オープンが開催されていたクーヨン・テニスクラブで13日、オーストラリアの18歳 3......続きを読む»

2016年シーズン、最初の大会を終えて。

2016年シーズン最初の大会、各選手の状況をチェックしています。 全豪の前哨戦という位置付けもあり、結果だけで判断するものではなく、あくまでも内容をみていきたいと思います。 観戦した試合は、ブリスベン国際のSF、Fの3試合。 錦織戦QFは残念ながら、第1セット、第3セットの一部のみです。 まず、ドーハでナダルを破り初戦で優勝を飾ったジョコビッチ。 対戦成績23−23で臨み、ついにナダルを上回ること......続きを読む»

2016年シーズン 初戦をうけて。

ゴフィンが2回戦で敗退しました。 2015年スタッツは次の通りです。 1st獲率:55%、1stサービスP獲得率:74%、2ndサービスP獲得率:51%、トータルサービスP獲得率:63% 1stリターンP獲得率:32%、2ndリターンP獲得率:53%、トータルリターンP獲得率:40%、トータルP獲得率:52% 今大会でのスタッツ。同順。 1回戦:53%、77%、59%、68%。38%、42%、39......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:2183
  • 累計のページビュー:5505941

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss