change-the-flow

上海ロレックス・マスターズ2016の状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織が欠場している上海MSが始まり3日目となりました。 周囲の錦織ファンの中には錦織が欠場しているので関心が薄いとの声が上がっていますが、2016年も終盤戦でありしっかりと状況を確認していきたい思っています。

1回戦、2回戦のカードとしては好カードが続出しています。大会当初から緊張感を持って臨んでいるところです。しかしながらLIVEで観ることができないのは残念です。時折オンデマンドで覗き見しながら状況を確認しているところです。録画もしていますが注目カードとはいえ全試合を観ることは不可能な状態ですが、1日1試合は粘りを見せて観戦したいと思っています。

まずは怪我の状態が気になるジョコビッチですが、観る限り大丈夫かなと感じられました。フォニーニとの初戦(2回戦)は6ー3、6ー3のストレートで危なげなく勝ちあがりました。フォニーニは時折素晴らしく打ち抜くウイナーを決め、第2セットにはブレイクバックを奪うなど粘りを見せましたが、ジョコビッチの安定したストロークは健在であり、厳しいコースの攻めも見ることが出来ました。今のところ心配はないと思います。

今日唯一LIVE観戦をした注目のカード、サンクトペテルブルク・オープンで初優勝を果たしたNEXT GEN19歳のズベレフとチリッチの一戦です。 立ち上がりは両者ともサービスは好調で、ミスのない安定したストローク戦を展開します。ミスは許されない緊迫した展開が続きます。しかし、チリッチのフォアハンドの強打が時折決まり、ややチリッチが押し気味に展開していきます。するとズベレフの1stが入らなくなってきます。第8ゲームズベレフの4つのUEがでてブレイクを奪われ、第1セットはチリッチが取ります。 ズベレフのストロークは安定しており、ゆったりとしたストロークはジョコビッチのそれをイメージさせます。しかし、チリッチを崩すには決めてに掛けます。安定したストロークだけではトップ選手には勝てないということです。 第2セット第1ゲーム、ズベレフのサービスゲームは6回のデュースを凌ぎキープします。すると第6ゲーム、チリッチのミスもでますが、最後は28本のラリーをズベレフが制してブレイクを奪います。このラリー戦を見応えがありました。ズベレフの粘りと凄みを感じさせられました。スマートなテニスを感じさせられたズベレフに一つ加わったイメージです。深いショット等の一定のリスクを取っていた様です。スーパーショットも飛び出し唸りました。このころからラリー戦はズベレフが優位にたっていました。 第3セットは第5ゲーム、第6ゲームとズベレフがブレイクを奪い、チリッチを見事に撃破しました。 ズベレフは210km前後のサービスと安定したストロークが武器ですが、決め手のショットがないイメージです。この決め手となるショット、攻撃パターンを身につけたときは危険な選手となると思います。トップ選手との対戦が増えてきており益々期待が持てます。

もう一つの注目カード、ゴファンとデルポトロ戦ですが、残念ながら観戦するのは現界です。オンデマンドで若干観ていましたが、第1セットはデルポトロがとり、ゴファンが粘りを見せたようです。デルポトロのバックハンドはスライスが多かったようです。フィジカル面に不安があるのでしょうか。楽天ジャパンオープン決勝では、キリオスに対してラリー戦を優位に展開していただけに敗戦の悔しさが残っていたのではないでしょうか。ゴファンの奮起に期待します。

チャイナ・オープンで8戦目にしてナダルに初勝利をあげたディミトロフが今度は6戦目にしてガスケに初勝利をあげました。最近のディミトロフには粘りがでてきたように感じます。楽天ジャパンOPで3勝目をあげたキリオスはクエリーにストレート勝ち、モゼールOPで初勝利をあげたプイユもベルダスコにストレート勝利をあげ勝ち上がっています。明日はラオニッチが登場しますが足の怪我は大丈夫なのでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「上海ロレックス・マスターズ2016の状況」へのコメント

Sato軍曹 さん

コメントありがとうございます。
試合の状況を伝えて頂くと、大変たすかります。なかなか、観戦できませんので。また、観戦する方の見方にもより、楽しく拝見できます。

デルポトロ、ゴファン戦は、新幹線て、途切れ途切れのオンデマンドで観てました。確かに、バックハンドのラリーからの切り返しのタイミングは、ハラハラしましたね。改めてビデオ観戦したいと思うのですが、また次の試合もあり、贅沢な悩みですね。

上海ロレックス・マスターズ2016の状況

 デルポトロ選手ですが、私の見た試合では、
バックハンドスライスがかなり多い組み立ての選手。
楽天の時も感覚的には8:2でスライスを打っているみたいでした。
”そこは、スピン!!”と何度も思いました。

昨日の試合のほうが、スライスの割合が低く、
いい感じに思えたので勝つかもと思ったぐらいです。
長いラリーが多くどちらが先に切り返すか、
切り返した後の2球のお互いの精度が高く、
ハラハラドキドキが長いゲームでした。
1回戦としては、最高に面白い試合だったと思います。

こんな記事も読みたい

杉田祐一が健闘も、ダブルス強者グラノジェルス(43位)に初戦敗退(上海ロレックス・マスターズ2016)【0 to zeroのhorizon】

【2016東京〜上海】錦織選手は休めど、状況は刻一刻と動いている(上海の予想も)【"テニス"感覚観戦】

錦織選手に必要なこと【ベトナムよりテニス愛を込めて!】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:2229
  • 累計のページビュー:5899937

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss