change-the-flow

RHYTHM 最善の戦略に対応 苦戦の中に錦織が見出すもの 全米オープンR32

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェレールの試合を久しぶりLIVEで観戦しました。ふくらはぎの怪我から復調しつつあるものの戦績では今一元気のない34歳フェレール。コートを全力で臨む勇姿を見ることができるのか。一方のデルポトロは手首の怪我から復調しリオ五輪では銀メダルを獲得。既にトップ選手をも脅かす存在となっています。結果はデルポトロが7ー6、6ー2、6ー3のストレート勝利としました。第1セットは我慢くらべのラリー戦を展開、先にミスをした者が負けると思えるような熾烈な打合いが繰り広げられました。一打一打発するフェレールの気合の声を聞いて安心しました。フェレールはしっかりと上を目指して立ち向かっています。全力プレーのフェレールを応援し続けます。

さて、全米オープン3回戦。錦織はマウーに対して4ー6、6ー1、6ー2、6ー2で逆転勝利しました。 初戦、2回戦、3回戦と1セットを落とし苦戦を強いられてきたと言えるでしょう。3戦ともペースを奪われ、ブレイクを奪われ、セットを奪われた。これは苦戦の何物でもないでしょう。

マウーは2015年全米、2016年WBでGSダブルス2勝している34歳のベテランテクニシャンです。しかし、GSシングルでは昨年度までは3回戦が最高成績でした。それが2016年WBでは初の4回戦に進出。この強者は錦織に対してどのような最善の戦略をもって臨んでくるのか、錦織にまともに対峙しては勝ち目はない、勝つためには徹底した対策が必要と考えていたはずです。その戦略は立ち上がりから錦織に襲い掛かります。

錦織のサービスゲームは順調な入りと思われました。マウーはリターンを強打してきます。ラリーも強打からネットをとりにでます。錦織は錯角に落ち入ります。ここからマウーは徐々にラリーのテンポを落とします。スライスを交えながら時折テンポを上げた強打を放ちます。錦織のリズムに狂いが生じます。 第5ゲーム、錦織は2ndサービスからスライスリターンの3打目をネットに掛けます。今度はマウーのスライスをスピンボールで打たせ、浮かせたところをバックハンドのDTLウイナーを決められます。最後はサービスからの3打目バックハンドがバックアウト。錦織はブレイクを献上します。その後も錦織はネットに掛けるミスなどし、マウーはサービスゲームを連続のラブゲームキープとし、錦織のリズムに引き込むことが出来ずにいるまま第1セットを奪われます。

第2セットに入っても錦織の1st確率は上がりません。錦織のサービスゲームからの第1ゲームは結局1stは1回も入りませんでした。それでもラブゲームキープとします。これ以上落とせない錦織は徐々にではありますが、このテンポ、このリズムに対応していきます。この頃から感じ始めたのは、サービスゲームでも、それ程脅威でははないマウーのサービスに対してのリターンゲームでも同様、全てのゲームが取れなければ、錦織のサービスゲームのブレイクを奪われる恐れがあるのではないかということです。第4ゲームからは第3セットを跨いでマウーのサービスゲームを4連続でブレイクします。第3セットはブレイクを1度奪われるものの3度のブレイクを奪いセットカウント錦織の2ー1とします。第4セットも第1ゲームから連続ブレイクを奪い、そのまま勝利します。

スタッツです。1st確率、1stポイント獲得率、2ndポイント獲得率の順です。

錦織:46%ー67%ー62%  マウー:51%ー62%ー49%

ウイナー数とUE数です。( )はセット平均UE数。

錦織:37ー28(7) マウー:21ー41(10)

錦織のこの試合の勝因は、錦織のリズムに引き込めた訳ではなく、マウーのリズムの中での勝負に打ち勝ったのではないかと思うのです。思えばカナダMS決勝、ジョコビッチは錦織にリズムを与えませんでした。そしてミスを誘発しました。錦織はこれまで自分のペース、自分のリズムに引き込むことをもって勝機を得ようとしていたと思います。そこに引き込むことが出来ない場合は敗北に向かい始めていました。ところが、この試合は違いました。相手の土俵において勝利したのです。これが真の対応力かもしれません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織圭 カルロヴィッチ対策は決まっている!4年前デ杯戦法のカルロヴィッチをUSオープンで封じ込めよ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ベスト16の対戦カードが決定! 錦織は4回戦で、ビックサーバーのカルロビッチと対戦!(全米OP2016)【0 to zeroのhorizon】

【2016全米3R】錦織選手、3回戦は徐々に調子を上げ勝利!【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:3140
  • 累計のページビュー:5893061

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss