change-the-flow

予感を感じる。デビス杯R4、マスターズ大会の始まり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デビス杯1回戦、日本対英国。ラバー4の第2セット第3ゲーム。マレーはラケットをへし折ります。

第1セットは第3ゲームに錦織はブレイクを奪われますが第7ゲームにブレイクバック第12ゲームにDF2つするなどしマレーがこのセットをとります。第2セット第1ゲーム錦織はいきなりブレイクを奪います。続く第2ゲーム深いストロークからベースラインに入りこみフォアのウイナー。完全に錦織の形です。この錦織ペースのなか第3ゲーム15−15より錦織はスマッシュをネットに掛けるミスをおかします。15−30よりラリーをロングし15−40。続きラリーより錦織の甘いドロップボールをマレーはウイナーで返しサービスキープします。 そして第4ゲーム錦織のサービスゲームです。フリーポイントで15−0、2ndをマレーは強烈なリターンからネットをとり15−15。 あくまでも私の個人的な見解ではありますが、次のポイントがこの試合で大きな場面、悪い錦織がでたのだと思っています。これも推測ではありますが、マレーにとっても悪い流れ、錦織ペースから引き戻す大きな場面であったものと思いますし、錦織にとっても流れを渡させない場面でありました。ラリーより錦織のショットが浅くなります。私は直感的にネットに掛けると思いました。そしてその通りになりました。錦織の修正課題であった浅くはいる、ロングになる、ネットに掛ける、それがここにでたのだと見ています。 マレーは15−30より2ndを錦織のバック側に深く返し、返ってきたチャンスボールをボレーしますが僅かにアウトします。マレーは爪をかみます。 30−30よりラリーを錦織はロングしマレーはブレイクバックのチャンスです。続く錦織の1stをセンターに、マレーはコースをよみますが、リターンがネットにかかります。ここでマレーはラケットをへし折るのです。しかし、この後はラリーよりウイナーをきめブレイクバックをします。 第5セット第7ゲーム、マレーの4−2、デュースからデュースコートからのワイドのフリーポイント、続きセンターへの2ndサービス連続フリーポイントで5−2としました。全豪第1セット第9ゲームのジョコビッチの2ndエースを思い出させられました。流石にNO2です。マレーの意地を感じました。トップ選手の対応力、修正力、駆け引き、それでも最後はとっている何か、大きな差ではないかもしれないのですが、そこに大きな差があると思われる何かを感じました。

この試合、トップ選手同士の戦いを感じました。トップレベルのラリー。一つの甘いショットがポイントに繋がります。ミスが許されない深くコントロールされた精度の高い緊張したラリーが繰り広げられました。この試合は国別対抗戦であり背負うものがシングルに違いがあるのかもしれません。昨年度デビス杯初制覇したマレーにとって大きな責務を感じての負けられない戦いであったのでしょう。 マレーは全豪4度の準優勝で迎えた2016年全豪オープンに初制覇をかけて臨みました。しかし、またしてもジョコビッチにその夢を阻ばまれました。マレーにとってはこのデビス杯が今年度2大会目となります。錦織がトップを目指すと同様に今シーズンに掛ける熱い想いがあるはずです。

錦織は錦織らしい素晴らしい展開を見せてくれました。しかしラバー2ではエバンズに苦戦をしながらも勝ちました。よいテニスが出来ることもあれば、そうでないこともあります。しかし、内容ではなく如何にして勝つかが問題なのです。トップ選手はゲームの中で、試合毎に修正してきます。ジョコビッチも悪いときがあります。この試合マレーもしっかりと修正してきました。セットを2−0から2−2とされますが。第4セット5−2とされますが、ブレイクを返し最終セットへと繋ぎました。そして負けることはしませんでした。 錦織はこの試合、4時間54分手首の心配も感じさせずに戦い抜き、フイジカル的に問題ないことを確認できたのは大きいです。状態は良好と思われます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

奈良くるみ ヴィーナス ウィリアムスから勝利!奈良は再び浮上への道を突き進むか!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

錦織圭 初戦相手がククシュキンに決定!デ杯でジョコヴィッチにフルセット、23位トロイツキに3-0!絶好調相手に油断大敵!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

錦織2R対戦相手決定【Fight!! Kei NISHIKORI】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:5554
  • 累計のページビュー:5889922

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss