change-the-flow

錦織の第3章がはじまる “ Focus On The Moment US Open 2016 QF ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織圭を語るに避けて通ることのできない試合があります。全米オープン2016QF、錦織対するマレー戦です。マイケル・チャンに言わせると2014年全米SFのジョコビッチ戦をベスト試合にあげています。このー戦はベストの試合ではないかもしれませんが錦織が覚醒以降、苦悩の中から、その先へ、可能性を感じさせる試合であったと今でも思っています。
2016年シーズンはジョコビッチの全盛期であり「一強時代」と言われていました。ジョコビッチは2015年シーズンに全豪、WB、全米をとりIW、マイアミ、モンテカルロ、ローマ、上海、パリをとり他を寄せ付けない強さを見せていました。そして2016年にはいってもその強さに揺るぎないものを感じさせていました。全豪をとり、IW、マイアミ、マドリードをとり遂には全仏をとりキャリアグランドスラムを達成したのでした。このままジョコビッチは2016年シーズンを駆け抜けてしまうものと誰もが疑いの余地を与えない目で受けとめていました。しかし、そのジョコビッチの背をじわりじわり追う選手がいました。アンディー・マレーです。全豪はジョコビッチにストレートで敗退するも準優勝、マドリードでもジョコビッチに敗退し準優勝としたもののローマで優勝、そして全仏では決勝でジョコビッチとまたしても対戦するも準優勝に終わりジョコビッチの壁をなかなか越えることが出来ずにいました。しかし、マレーはここから後半戦にかけて怒涛の追い上げを見せます。WBを優勝、リオ五輪ではSFで錦織に勝利し優勝しこの時点ではランキンギグ2位ながら事実上最強の選手と言われるまでになっていました。そんな中での全米QF、マレーが優位と言われたのも当然のことでした。
錦織のそこに至るまでの経歴です。錦織は2014年に覚醒しました。2014年全豪R16では敗はしたもののナダルに善戦します。バルセロナで優勝し更に、マドリード決勝ではそのナダルをマスターズ大会初制覇するあと一歩のところまで追い込みました。そして全米準優勝、東京、クアラルンプールで優勝、初のツアー・ファイナルズ出場としたのです。この時ランキンギグは5位でした。

2015年シーズンはMS・GS初制覇を世代交代を期待されました。ビッグ4超えです。しかし、錦織は研究されました。いわゆる錦織包囲網です。錦織のテニススタイルはベースラインをキープし前に出てライジング等により相手に時間を与えない創造性豊かな早い攻撃的なテニスです。この錦織の前に出るテニスを封鎖しようとボディを狙われます。また、錦織の2ndを叩かれます。錦織はこの包囲網を脱するのに1シーズンの時間を必要としました。この年、前年準優勝とした全米は初戦敗退となりました。

そして2016年シーズンに突入します。錦織の前に大きな壁が行方を阻みます。絶対王者であるジョコビッチです。このシーズンを象徴する試合が全豪QFです。錦織は攻撃的なテニスでジョコビッチに臨み善戦します。しかし、錦織はミスをします。この時、錦織は気付きます。ミスをしては勝てないことをです。その後も錦織の行く手をことごとくジョコビッチが阻みます。マイアミ決勝、マドリードSF、ローマSF、このローマで遂に錦織はUE数でジョコビッチに並びウイナー数で勝りました。1ポイントのみジョコビッチが勝り僅かに手が届きませんでした。錦織は近づいてきた様に思えました。忘れてはならないのが「筋肉が切れてもいいから闘う」と発したWB4回戦で脇腹を痛めて棄権したことです。カナダは出場さえ心配されました。それでも決勝まで勝ち上がりました。しかし、再びジョコビッチに完敗、続くリオ五輪SFでマレーに完敗。こうした中で、転機となった試合があります。リオ五輪3位決定戦のナダル戦です。この頃までは錦織に攻め急ぎが見られました。サービスからの3打目ミス、フォアハンドの逆クロスがサイドアウトするのです。しかし、このナダル戦ではUEを抑えました。自身のマインドを抑えることが、メンタルの強化を図ることができた様に感じました。そして、全米QFマレー戦を迎えるのです。
第2セットを錦織が奪った瞬間です。コート上では錦織が控え目に冷静に拳を縦に揺らします。
26歳となった錦織にとって勝負のシーズンと位置づけて応援してきました。しかも26歳最後のGSとあって錦織への応援マインドは絶頂に達していました。直前の記事については皆さまから多くのご批判を頂きました。しかし、どうしても越えなければならないビッグ4の厚い壁、その為にはそれまでの錦織のテニスに変革が必要と考えたのです。

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織の第3章がはじまる “ Focus On The Moment US Open 2016 QF ”

change-the-flowさん
私も今も所、強いて引っ越すならlivedoorかなと思っています。
が、私のPCが古いからか?私のやり方が悪いのか?
上手くいきません。
サポート事務局からのメールからダウンロードをする所で、ダウンロードに失敗したとなります。
取り敢えず、livedoorに登録するだけしてみます。
もう、登録されたのですか?

「錦織の第3章がはじまる “ Focus On The Moment US Open 2016 QF ”」へのコメント

ukk_chu_renさん

名前は変えていません。12/20です。
使用方法が分かりません。ブログランキングから探している状況です。ホームページから探しているのでさが、探せません。はてなブログはグループから見に行くと分かりやすそうですね。

「錦織の第3章がはじまる “ Focus On The Moment US Open 2016 QF ”」へのコメント

ukk_chu_renさん

今日は酔っ払いです。
いいかもですね。そんなに拘りませんので。楽しみですね。

「錦織の第3章がはじまる “ Focus On The Moment US Open 2016 QF ”」へのコメント

それと、全豪は錦織選手が出場出来るか分かりませんが、1/28迄です。この記事迄一緒に書いていきませんか!?

こんな記事も読みたい

【2017年12月】今期ツアーの状況;スタッツ編 & 気になる来シーズン【"テニス"感覚観戦】

2018年 錦織の出場大会は!? 2017年末のブリスベン国際で復帰予定!【0 to zeroのhorizon】

【2017年12月】今期ツアーの状況;ランキング編【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:123
  • 累計のページビュー:5923091

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss