change-the-flow

最後の大会がはじまろうとしている Nitto ATP ファイナルズ 2017 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年シーズンは、ランキングNO1はマレー、2位はジョコビッチの2強にフェデラー、マレーが復帰した格好で始まりました。当初はおそらく2強がツアーを引き続き牽引していくものと思われました。全豪前哨戦であるカタールでは早速この2強が決勝で激突しました。しかし、全豪ではジョコビッチは2回戦でイストミンに敗退、マレーは4回戦でM・ズベレフに敗退するという展開になり、錦織にも初制覇に向け優位な状況とも言われました。しかし、4回戦でフェデラーと対戦し善戦はしたものの敗退。決勝はフェデラーとナダルの激闘を制したフェデラーが5年ぶりのGS優勝を果たし、フェデラーとナダルの復活を印象付けました。フェデラーは続くIW、マイアミも制し、ナダルはバルセロナ、モンテカルロ、マドリード、全仏を制して両者の完全復活を証明したのです。この頃からNO1への返り咲きが注目されるようになりました。WBではフェデラーがGS2勝目をあげ、全米を前にしてナダルがNO1返り咲きを果たし全米で今季GS2勝目とフェデラーとGSを2勝づつ分け合いました。
一方のマレーとジョコビッチは怪我等の不調により両者ともWBを最後に今季のツアーを離脱することになりました。今季ランキング3位始動のラオニッチは全豪QF、全仏4回戦、WBはQFでしたが東京を最後に離脱、ランキング4位のワウリンカは全豪SF、IW準優勝、ジュネーブ優勝、全仏準優勝とまずまずの内容でしたがジョコビッチとマレー同様にWBを最後にツアーを離脱、ランキング5位の錦織はカナダMSを最後に離脱、ランキング7位のモンフィスは全米を最後に離脱とトップ10選手の1位から5位、7位がツアーを離脱するという異常事態が発生したというのが今シーズンの大半を物語っています。その中でフェデラーとナダルが牽引、そしてA・ズベレフがローマ、カナダのマスターズ2大会を勝利、シンシナティをディミトロフ、パリをソックがマスターズ大会を勝利し、ビッグ4以外がマスターズ大会4大会を勝利するというのは2008年ビッグ4が結成されて以来初のことでした。(2005年以来)そんな中でNEXT GENの活躍がツアーにインパクトを与えました。ルブレフ、シャポバロフ、カチャノフ、チョン・ヒョン等です。NEXT GEN ATP FINALSでは全仏で錦織が苦戦したチョン・ヒョンが勝利しました。 忘れてはならないのがデルポトロの活躍です。手首の怪我により復調してきてランキング11位まで戻してきました。今季38位から始まったこともありジョコビッチと3回、マレーと1回、フェデラーと4回、ナダルと1回、ビッグ4と9回対戦し1勝のみ、特に前半戦はドロー運に恵まれず早期敗退が目立ちました。29歳になったデルポトロも来季は勝負の年となります。シード8を早めに確保したいところです。中堅ではシュワルツマンと杉田の因縁の相手マナリノの活躍もツアーにインパクトを与えてくれました。来季も期待できます。
日本選手では西岡の膝の怪我、錦織の手首の怪我による離脱は想定を超える反応がありました。日本におけるテニス人気が大きく後退したように受け止めています。スーパースターである錦織の存在が国内テニス人気を大きく牽引していたことに改めて感じさせられました。そんな中で杉田の躍動が救ってくれました。ランキング112位より36位までランキングをあげ飛躍の年となり日本テニス界の底上げを感じさせてくれました。高橋悠介や綿貫陽介、ダブルスでは内山靖崇・マクラクラン・ベン組が東京で見事勝利するという偉業を果たすなど今後の活躍に期待を持てます。



そして迎える今季最終戦ATPファイナルズ。 まずは現役選手の優勝回数です。数字は優勝したシーズンの最終ランキングです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

最後の大会がはじまろうとしている Nitto ATP ファイナルズ 2017 

ポンさん

ありがとうございます。凄いです。なるほどファイナルズは遅いサーフェイスであったと言えそうですね。2012年〜2015年はジョコビッチが優勝しています。2013年意外はフェデラーが準優勝です。2010年と2011年はフェデラーが優勝したのですが影響があったのかもしれませんね。ますます今大会のサーフェイスが速いのか関心が高まります。事前に数値が分かればよいのですが知る術を持ちません。また情報があれば教えてください。

最後の大会がはじまろうとしている Nitto ATP ファイナルズ 2017 

調べてみたところ、過去5年は

2016 40.6(medium-fast)
2015 34.0(medium-slow)
2014 33.6(medium-slow)
2013 32.8(medium-slow)
2012 33.9(medium-slow)

でした。2011年以前のデータは見つからなかったのですが、おそらく同じぐらいだと思います。去年だけ特別に速かったみたいですね。

最後の大会がはじまろうとしている Nitto ATP ファイナルズ 2017 

ポンさん

おっしゃる通り、2015年は34ですね。その前は分かりません。34と40.6では全く別のサーフェイスです。どの様な基準で選択しているのでしょうか。だとすると今季のサーフェイスが速いとは限らず34くらいとなると一気にナダルに有利となるわであり難しい問題となりますね。

最後の大会がはじまろうとしている Nitto ATP ファイナルズ 2017 

みみさん

フェデラー、ナダルは今季は相当の試合数を重ねてきました。昨年のマレーとジョコビッチのように負担が蓄積している可能性はあると思います。両者とも自身のフィジカル的状況は把握しているはずですし、今季の目的は一定達成できていると思います。無理だけはして欲しくないですね。来季こそはフルメンバーでツアーの盛り上がりを期待します。日本勢の来季は楽しみです。

こんな記事も読みたい

【2017Nitto ATP Finals展望】フェデラーとナダル & NEXT GEN チョンヒョン優勝【"テニス"感覚観戦】

ワールドツアー・ファイナル2017の組み合わせ決定 2016年の4強は全員不在!【0 to zeroのhorizon】

躍動と期待 杉田の2017年シーズンの終了【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:2169
  • 累計のページビュー:5897709

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss