change-the-flow

鉄のメンタルをもつ男 ロジャー・フェデラー それでも勝てないデルポトロ

このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉も出ないくらいの激闘でした。今季最高試合の一つと言っても良いでしょう。試合後のフェデラーの目が潤んでいるようにも写りました。デルポトロが頭を抱えたままの姿が印象的でした。ここまで魂をかけてフェデラーに挑む選手もなかなかいないと思います。母国スイスで決して諦めない姿をフェデラーは改めて見せつけてくれました。両者とも全てを出し切った素晴らしい感動的な激闘でした。

個人的な見解ですが、この両者の闘いの醍醐味は駆け引きです。駆け引きの応酬を感じ取れます。一つ一つのプレーに意味があり、イメージを実践していきます。実践できます。観戦する側としても気を抜けません。先に仕掛けるのがフェデラー、受けて立つのがデルポトロです。

伏線は上海MS準決勝にあります。予想通りデルポトロは得意とするディユースコートからのワイドサービスを封印します。試合を通じて1stのワイドサービスは2本のみ(おそらく)でした。そのワイドサービスにフェデラーは対応しました。

第1セットは互いのブレイク奪取で始まりました。互いにミスがでます。上海同様に相手の弱点をつく戦略のように思えました。しかし、デルポトロはフェデラーのミス、フェデラーはウイナーでポイントを重ねます。こういう流れのケースでは、私の多くの観戦と分析からフェデラーが有利に思えていました。デルポトロに必要なのはウイナーです。この時既にフェデラーはミス誘発戦略から攻撃的なテニスへと移行していました。デルポトロの優れている点は相手の戦略を適切に読み、戦略を切り替えることが出来るところにあります。フェデラーが攻撃的なテニスを展開する場合は多少のリスクは恐れません。そして、徐々に精度をあげてウイナーを量産していきます。デルポトロはこのフェデラーの戦略を受けて、ラリーに打ち勝つ展開へと移行します。第5ゲームは4つのウイナーをとります。第9ゲームはフェデラーのパッシングウイナーがことごとく決まりブレイクを奪いますが、続く第10ゲームにデルポトロが再びブレイクバックします。結局このセットはタイブレークに縺れデルポトロがとります。1st確率はデルポトロの65%に対してフェデラーの43%でした。ウイナー数はデルポトロの14に対してフェデラーの20でした。

第2セット、フェデラーに疲れを感じました。このままデルポトロに持って行かれるのではないかと思いました。第5ゲームフェデラーは3つのDFをだすも201kmなダブルファーストなどで凌ぎます。このチャンスを活かせなかったデルポトロの敗因がここにあったかもしれません。そして第10ゲーム、フェデラーは駆け引きを越えた戦略にでます。ドロップショットとネットプレーで30ー0としブレイクを奪いワンセットオールとします。

第3セットは総力戦でした。第1ゲームにフェデラーの4つのUEでブレイクを奪われますが、続く第2ゲームにブレイクバックします。第4ゲームにフェデラーはブレイクを奪いフェデラーがリードします。デルポトロの2ndではポイントを取れません。このセット6つの2ndは全てポイントを譲りました。それでもデルポトロに諦めを感じさせませんでした。デルポトロの210km前後の1stの精度があがりますが、フェデラーが逃げ切り勝利しました。第3セットの1st確率と1stポイント獲得率と2ndポイント獲得率です。 フェデラー:60%ー72%ー58% デルポトロ:75%ー67%ー 0%

上海MSは、デルポトロの6ー3、3ー6、3ー6、この試合は7ー6、4ー6、3ー6でした。試合後、デルポトロは頭を抱えていましたが、どのような想いでいたのでしょうか。フェデラーが先に仕掛け、デルポトロが受けるイメージです。見方を変えるとデルポトロは積極性にかけるとも言えると思います。ただ言えることは、ここまでの連戦を闘い抜くことができていることと、復帰後もっとも充実しているという事でです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「鉄のメンタルをもつ男 ロジャー・フェデラー それでも勝てないデルポトロ」へのコメント

みみさん

よく、観戦していらっしゃいますね。この200ポイントがあればと思いますね。デルポトロは今最も頑張っている選手の一人ですね。注目しましょう。ハーセはズベレフ戦、粘り強く対応していました。気を抜けない相手です。まず、この一勝ですね。

鉄のメンタルをもつ男 ロジャー・フェデラー それでも勝てないデルポトロ

いや~激闘でしたね。実のところ、自分としては、今回はデルポトロに勝ってほしかったんですけどね。フェデラーのメンタル、本当にすごいです。

「鉄のメンタルをもつ男 ロジャー・フェデラー それでも勝てないデルポトロ」へのコメント

Zeus no controlさん

ご指摘ありがとうございます。訂正致しました。

鉄のメンタルをもつ男 ロジャー・フェデラー それでも勝てないデルポトロ

フェデラー、カナダは準優勝ですよ。
7タイトルは、全豪、ウィンブルドン、インディアンウェルズ、マイアミ、上海、ハレ、バーゼルの7つです。

こんな記事も読みたい

サービス終了に伴うお知らせ【気ままにスポーツ日記】

パリMS全ドロー、他ファイナルとかいろいろ【サンチェス・ピスファン】

高橋悠介の全日本選手権優勝と西岡の復活 170cmトリオの形成はなるか【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5923346

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss