change-the-flow

フェデラーはNO1返り咲きを果たせるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナダルがスイス・インドアを膝の負傷を理由に欠場することとなりました。フェデラーの今季のNO1への返り咲きはほぼないだろうと思っていましたが、これで僅かながら分からなくなりました。まずは現時点のポイントと残り3大会の状況を確認します。


上段はナダルがバーゼル出場の場合、下段はナダル欠場の場合です。フェデラーがナダルをポイントで上回るケースをシュミレーションしたものです。フェデラーが今季でNO1となるためには、3大会優勝が条件と思われます。ナダルがバーゼル出場の場合はナダルが早期敗退だのみになります。バーゼルはFS敗退、パリMSはQF敗退、ツアーファイナルでRRで1敗、SF敗退でようやくフェデラーはナダルを上回ります。フェデラーが無敗でナダル早期敗退となると、普通に考えると可能性はかなり低いことになります。それではナダルがバーゼル欠場の場合ですが、これでも厳しい状況です。フェデラーは同じく無敗で、ナダルがパリMSはQFで敗退し、ツアーファイナルでナダルがRRで1敗して決勝でフェデラーに敗退した場合です。このようなことがあり得ると正にドラマでしょうが、そうそうあり得ないことです。これ以上深掘りしても意味はないでしょうから、時にまかせましょう。

上海MSの決勝にふれておきます。フェデラーが6ー4、6ー3で勝利しました。フェデラーのサービスにナダルが対応できなかったのが一番の敗因でしょうか。もう一つはフェデラーはナダルのセンターバックハンド側に球を集めたこと、ここはナダルが攻めることができなないことと、ミスを多発しました。ナダルのUE数は20、フェデラーは11です。この差は大きかったようです。膝の影響もあったかもしれません。フェデラーはナダルへの恐怖心が払拭したとコメントをしたとのことですが、ナダルとしては屈辱でしょう。これでナダルの23勝15敗となったわけですが、ここでこれまでの勝敗をみます。フェデラーからみて勝ちは○、負けは✖️で表します。
× ⚪︎ × × × × × ⚪︎ ⚪︎ × ⚪︎ × ⚪︎ ⚪︎ × × × × × ⚪︎ × ⚪︎ × × × ⚪︎ × ⚪︎ × × × × × ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
こうして見ると、確かにフェデラーは勝てなかったと感じます。2連勝が2度ありますが、すぐに止められ、5連敗が3度あります。5連敗のリベンジを果たしたわけですが、ナダルも黙ってはいられません。ナダルとしても6連敗は止めたいところでしょう。今季5回目の対戦を期待します。ナダルとしては膝を回復させて万全の状態でその時を迎えたいものです。
フェデラーの今季NO1への道のりは厳しいのですが、奇蹟を起こすからこそフェデラーです。今季の達成が叶わなくても来期の全豪までは可能性を残すと思います。兎に角、今季の最後の両雄の争いです。見事な復活劇と最後までツアーを牽引してきた36歳と31歳の二人を見届けたいと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「フェデラーはNO1返り咲きを果たせるのか」へのコメント

lovely_crossさん

3月ですか、全豪、IW、マイアミをディフエンドするのは極めて困難ですね。フェデラーは36歳ということを忘れてしまいそうになりますが、来期に同様の活躍を期待するのは酷ですね。フェデラーがGS1勝しただけでも凄いことなので贅沢は言えないでしょう。どちらにしてもフェデラーらしい勇姿を見せて欲しいと思います。
コメントありがとうございます。

フェデラーはNO1返り咲きを果たせるのか

こんばんは

表を見る限り、フェデラーのNo1奪取は険しい道のりですね。
パリとロンドンでどこまで詰められるのでしょうか。

来年になると、全豪とIWとマイアミはディフェンドで精一杯になるはずなので、現実的には3月あたりでしょうか。個人的には、モンテカルロのタイトルを取ってほしいと念じております。

「フェデラーはNO1返り咲きを果たせるのか」へのコメント

ukk_chu_renさん

マレーの5連勝は驚異的でしたね。2014年の追い上げも見事でした。すでに過去のことのようになっているのが残念ですが、しっかりと刻んでおきます。結果、フェデラーがNO1になれないとしても、4連勝となるとなると凄いことです。フェデラーは勝利にむけた勇姿を見せてくれるものと思います。
錦織情報も徐々に取り上げられ、来期に向けた期待が高まりつつあります。またもビック4が牽引することもありそうですね。各選手の状況を見守りたいと思います。

「フェデラーはNO1返り咲きを果たせるのか」へのコメント

change -the-flowさん
フェデラーのエントリーランキング1位、史上最高年齢を達成する所を見てみたいと思う方は多いでしょうね。私もそうです。
この表を見る限り果てしなく険しい道ですね。ナダル次第という気がします。又、この表の通りフェデラーが勝ち進むとなると、4連勝4,000pt、昨年のマレーの様です。マレーは5連勝でしたが、今年はこの2人の復活でなんとかツアーが盛り上がりましたが、これが無ければ淋しかったでしょうね。
来年は、またジョコビッチ、マレー、ワウリンカが戻って来ますから激しい戦いになりそうです。みんな、30才越えです。錦織選手も戻って来ます。楽しみですね!

こんな記事も読みたい

ランキングと今週の3大会【サンチェス・ピスファン】

フェデラーがデルポトロを制し今季4度目の宿命の対決が実現 今シーズンNO1を占う大一番 上海ロレックス・マスターズ2017決勝【change-the-flow】

「ATP Uncovered」杉田を大特集! 対イストミン、デルポトロへ準備万端!ストックホルムOPでTour2勝目を視野に!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:5554
  • 累計のページビュー:5889922

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss