change-the-flow

フェデラーがデルポトロを制し今季4度目の宿命の対決が実現 今シーズンNO1を占う大一番 上海ロレックス・マスターズ2017決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

上海ロレックス・マスターズのベスト4の激闘が行われました。第1シードのナダル対する第4シードのチリッチ。第2シードのフェデラー対する第3シードのA・ズベレフに勝利して勝ち上がってきた第16シードのデルポトロです。今季の主要大会ベスト4の顔触れをみてみます。数値はシードです。

初めて第1、第2シードが勝ち上がりました。4選手ともベスト4に相応しい顔ぶれです。
ここでマスターズ大会におけるビッグ4の2013年度以降の優勝回数計を見てみます。


2014年度にジョコビッチが4回の優勝を果たしナダルとフェデラーに迫り、2015年度に6回の優勝でフェデラーをかわし、2016年度に4回の優勝を果たし遂に30回優勝とトップに躍り出ました、しかし、ナダルが今季2度の優勝で30回と再び肩を並べました。ツアー1勝することさえ困難なところMS優勝をここまで積み上げるビッグ4は偉大です。デルポトロは全米でGS1勝をあげているもののMS勝利はなくMS初制覇を果たしたいところでしょう。
マスターズ大会はハードコート6大会、クレーコート3大会で開催されますが、サーフェイスの速さにより各選手にとって相性があるようです。2016年度のものですがサーフェイスの速度指数であるCort Pace Indexを見てみます。
IW     :30.0 マイアミ   :33.1 モンテカルロ :23.7 マドリード  :22.5 ローマ    :24.0 トロント   :35.2 シンシナティ :35.1 上海     :44.1 パリ     :39.1
数値が大きいほど速くなります。当然にクレーコートが遅く、ハードコートではIWが最も遅く、最も速いコートが今大会の上海となっています。


ナダルとチリッチ戦です。ナダルが7ー5、7ー6のストレートで勝利しました。両者の対戦成績はナダルの4勝1敗でナダルが4連勝しています。ポイントの内訳をみます。ウイナー数+相手のFE数+相手のUE数です。( )はサービスポイント(手集計)です。
<第1セット> ナダル :12(2)+15(8)+21=48 チリッチ:14(5)+16(5)+10=40

<第2セット> ナダル :11(2)+13(9)+19=43 チリッチ:17(9)+ 7(4)+ 9=33
ナダルはミスが少なく、チリッチがペースを握るには得意とするサービスやフォアハンドで攻撃的な展開に持ち込む必要があります。チリッチはフォアハンドの精度を上げる時間帯はあるものの試合を通じて継続できません。リスクをとったショットなどによりミスがでます。ポイント内訳をみるとUE数の差で勝敗を分けています。

フェデラーとデルポトロ戦です。3ー6、6ー3、6ー3でフェデラーが勝利しました。デルポトロはQFトロイツキ戦で転倒し左手首を痛めて出場さえ心配されましたが、バックハンドは両手打ちをしていましたので影響はなかったものと思われます。 対戦成績はフェデラーの16勝6敗ですが今季全米ではデルポトロが7ー5、3ー6、7ー6、6ー4で勝利しています。この両雄の闘いも因縁めいたものを感じます。毎回白熱した闘いが繰り広げられます。ポイント内訳を見みます。
<第1セット> フェデラー:10(0)+ 8(2)+ 9=27 デルポトロ:12(8)+10(7)+ 8=30

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「フェデラーがデルポトロを制し今季4度目の宿命の対決が実現 今シーズンNO1を占う大一番 上海ロレックス・マスターズ2017決勝」へのコメント

ukk_chu_renさん

確か、全米も遅くなったと言っていたようでした。遅いとか、速いとか言われても基準がないので分からないです。Cort Pace Indexについてデータを探せないですよね。出来れば大会前に分かるとよいですね。知らないだけで公表されているのではないかと思いますが、分かったら共有しましょう。

「フェデラーがデルポトロを制し今季4度目の宿命の対決が実現 今シーズンNO1を占う大一番 上海ロレックス・マスターズ2017決勝」へのコメント

change-the-flowさん
Cort Pace Index 有難うございます。
私も以前に何度か記事にしたことがあります。なかなか、コートペースのデータが探せず苦労したのを覚えています。今でも、いろんなキーワードで検索しますが、なかなかこれというデータが出て来ません。
当時、見つけたデータでは、全米、カナダ、シンシナティーが速く東京、上海はその次のグループ、パリは更にもう少し遅い。そんな並びだったと思いますが、何年かたちコート自体が変わって来ているのか、私の拾ったデータが正しくなかったのか。
芝シーズン終了後、USまでを北米高速ハードコートシーズンなどと言っていましたが、今はそんな風に言えませんね。上海が一番早いんですね。
上海は別として、全体的な印象としては、各コート遅めになりつつある傾向でしょうか?
非常に参考になりました。
ありがとうございます。

こんな記事も読みたい

「ATP Uncovered」杉田を大特集! 対イストミン、デルポトロへ準備万端!ストックホルムOPでTour2勝目を視野に!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【2017年10月】雑感;グランドスラム男女賞金同額?+フェデラーvsデルポトロ【"テニス"感覚観戦】

上海MS決勝の展望と楽天観戦記【サンチェス・ピスファン】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:10353
  • 累計のページビュー:5884369

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss