change-the-flow

杉田の頑張りは次へと繋がる 楽天オープン2017QF

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天ジャパンオープンQF、杉田はマナリノに2ー6、4ー6のストレートで敗退しSF進出を果たすことが出来ませんでした。これでマナリノとの対戦成績は今季3戦の1ー2となりました。
第1セット、先にブレイクを奪ったのは杉田でした。マナリノのバックハンドの3つのUEにより先行しました。しかし、杉田は0ー40からデュースに持ち込むもミスがでてブレイクバックをゆるします。第5ゲームも3つのUEなどでラブゲームブレイク、第7ゲームはDF1を含む3つのUEでブレイクされ第1セットを落とします。
第2セットも杉田のサービスゲームから始まります。杉田は3つのDFを出すもののキープします。このセットも先にブレイクを奪ったのは杉田、ラリー戦の攻防、合わせて17のUEを出す攻防でした。杉田のドロップショットからのパッシングウイナー、ラリーからのロブは見事でした。しかしまた、第1セットに続き杉田は3つのUEをおかし直ぐにブレイクバックをされます。続く第6ゲーム、マナリノの3つのサービスエースでラブゲームキープし、続く第7ゲームに杉田の5つのUEでブレイクを奪います。しかし、杉田も粘ります。続く第8ゲームにネットプレーとマナリノのミスでブレイクバックします。しかし、第9ゲーム杉田は40ー0としますが5つのUEによりブレイクを奪われます。マナリノのサービングフォーザマッチ、杉田はマナリノの2ndを叩き3つのリターンエースを奪うなど反撃しますがマナリノがどうにかキープし勝利しました。
スタッツです。1st確率、1stポイント獲得率、2ndポイント獲得率の順です。

杉田  :65%ー55%ー29% マナリノ:58%ー70%ー41%
ポイントの内訳です。ウイナー数+相手のFE数+相手のUE数です。( )はサービスポイントです。手集計ですのでご参考下さい。

<第1セット> 杉田  : 3(0)+ 9(5)+ 7=19 マナリノ: 3(2)+13(7)+16=32

<第2セット> 杉田  :15(1)+14(5)+21=50 マナリノ:14(4)+10(4)+32=56
両者の対戦は今季3回目であり3月間内のものであり、互いに手の内は知り尽くしています。特にWBの第4第5セットのイメージは残っているはずです。マナリノの軸がブレないコンパクトなショットに杉田がミスをしました。杉田としては左右にふり杉田の攻撃的なペースに引き込みたいところでありましたが、マナリノはそうはさせませんでした。マナリノはウイナーを量産するタイプではなく戦略としては杉田のペースにさせず、ミス誘発するものであったでしょう。ポイントの内訳からしてもミスの差による要因が大です。杉田としては両セットとも先にブレイクを奪っておりサービスキープをしたかったところでしょうが、そうはいきませんでした。課題の1stポイント獲得率は55%、安定的に70%を確保としたいところです。数値だけみると杉田の完敗と見えますが、粘り強く最後まで頑張ったと思います。

この敗戦から得るものがあったように思います。杉田のテニスは攻撃的にフォアハンドを打ち抜いていくスタイルです。攻撃的なテニスをするうちはミスも減少する傾向がありますが、繋ぐテニスではミスが増加するようです。杉田のミスは多くでましたが、マナリノのミスも第2セットは増加しました。特にバックハンドのミスやバックハンド側からフォアハンドにふった際にミスがでます。よって杉田としてはバックハンド側にふりたいところですが、杉田のフォアハンドクロスはバックアウトするミスが増えます。杉田のフォアハンドは逆クロスを得意としています。これにより杉田のバックハンドとマナリノのフォアハンドのラリーとなります。杉田としては回り込みたいところですが、マナリノは分かっていますのでセンター付近に球を集めます。このラリーが続くのですが、どちらが先にミスをするのかと言ってよい展開になります。杉田は後半ドロップショットを使います。また最終ゲームにはマナリノの2ndを叩き3つのリターンエースを奪います。この試合を観戦しながら、錦織のテニスの凄さを感じました。仮に決まらないとしても、2ndを叩くとか、ドロップショットやサーブ&ボレーを織り交ぜることにより、相手に意識させることになり、これが重要なのだと感じました。ラリー戦はマナリノが優位であり、硬直したラリー戦を打開する術が必要だと思います。この敗戦から学びとるものがあったことを期待します。
杉田は最低限の90ポイントを獲得しました。次は上海MSです。気を抜いている暇はありません。第2セット第5ゲーム終了時点でトレーナーを呼んでいたのが気になります。6大会連続の出場予定ですが怪我だけはしてはなりません。無理だけはしないようお願いしたいです。
さて、東京と北京のベスト4が出揃いました。SFのカードです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スポーツ観戦(テニス観戦)おけるタトゥーを入れたプレイヤーについて思うこと。【女子テニスも熱い】

杉田祐一が準々決勝で敗戦、4強が決まる(楽天ジャパンオープン2017)【0 to zeroのhorizon】

【2017.10東京】錦織のいないツアー 錦織選手の今と今後【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:5315
  • 累計のページビュー:5666027

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss