change-the-flow

杉田の惜敗とゴファンの決勝進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

成都オープンSF、杉田はイストミンに2ー6、7ー6、0ー6で敗退しました。 第2セットは先にブレイクをするもブレイクバックされ、タイブレークに入ると先にミニブレイクをゆるすも取り切り決勝進出に期待を抱きましたが、第3セットは1ゲームを取れずに敗退してしまいました。観戦できていないので試合の内容は分かりませんが、一体杉田に何が起こってしまったのでしょうか。スタッツを見てみます。1st確立、1stポイント獲得率、2ndポイント獲得率の順です。
第1セット:83%ー53%ー25% 第2セット:70%ー74%ー70% 第3セット:43%ー44%ー25%
1stポイント獲得率を注視していますが、第2セットは74%としました。しかし、タイブレークに入るまでは70%を切っていました。(多分です)杉田の1stサーブですが、デュースコートからはセンターへの配給が多いのが気になります。バリエーションが多くなく読まれてしまっているのではないでしょうか。1stサーブからの優位性を活かすことができずにいるように感じます。しかし、今大会はSF進出で90ポイントを獲得でき最低限の成果を得ることはできたのではないかと思います。6週連続参戦ですので次に繋げて欲しいと思います。楽天ジャパンオープンのドローが発表されましたが、初戦の相手はペールです。難敵です。モゼールOPではゴファンを破るなどし決勝進出しており好調のようです。

そのゴファンですが、深セン・オープン決勝に進出しました。ゴファンのキャリアタイトルは2勝です。2勝とも2104年で意外な気がします。その間決勝進出は6回ですが勝利できていません。今季は3回目の決勝進出となります。相手は今季1勝通算3勝のドルゴポロフです。アルゼンチンOP決勝で錦織をストレートで破った攻撃的なテニスは脅威かもしれません。今季前半は好調なゴファンでしたが、マドリードQFナダル戦の疑惑の判定問題や全仏での転倒による離脱など運に見放された感がありましたが復調してきているように思います。12月7日に27歳となるゴファンにとっても勝負の年として臨んできたと思います。ゴファンの目標はトップ10定着とツアー・ファイナル出場ではないかと思います。プレー中のゴファンの厳しい表情に悔しさと強い闘志とモチベーションを感じます。決勝6連敗をここで断ち切り、再終盤戦に弾みをつけたいところでしょう。この一戦は注目です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「杉田の惜敗とゴファンの決勝進出」へのコメント

tomyさん

杉田戦の解説、ありがとうございます。
なんか嬉しいですね。試合内容を解説頂くのは。一般のニュース等の記事だと、表面的な事実を並べるイメージで、戦略や知りたい部分は読み取れません。イストミンと杉田のテニスは分かりますので、イメージか湧いてきます。他の方の内容解説は参考になります。イストミンはジョコビッチ戦をみても、局面で対応してきますので、杉田の苦戦も予想されました。杉田の進化という面で、何が要求されるのか探っているところです。チチパスはなかなかですね。

「杉田の惜敗とゴファンの決勝進出」へのコメント

みみさん

杉田、残念ですね。高橋悠介が、ポスピシルを破ったのはビックリですね。日本勢の底上げがてきているようです。ゴファン戦、はじまります。頑張って欲しいです。コメントありがとうございます。

杉田の惜敗とゴファンの決勝進出

詳しいご説明、ありがとうございます。ということは、少なくても、杉田選手がどこか痛めたのではないということが分かり、安心しました。でも、この大会で結構、疲れたことでしょうから、楽天オープンはどうか?が今度はそちらが気になります。特に初戦はあのペア―だし、厳しい山に入ってしまった感があります。まずは初戦突破を目指して頑張ってほしいです。

「杉田の惜敗とゴファンの決勝進出」へのコメント

杉田の怪我や不調というよりはイストミンの3rdセットでの復調、好調さのほうが大きかったです。

サーブについては、1stセットでは比較的ワイド多めな配球でコートを広く使いオープンコートをつくることとしていました。そしてあいたところに叩き込む形です。

2ndセット以降はセンターへのサーブが増えました。エースの量も増えます。それでもイストミンが大きく崩れることはありませんでした。杉田には僅かなミスがでます。結果タイブレークまで縺れることに。

3rdセットでは1stサーブの入りが急激に崩れたこともあり、2ndサーブを強打されることが増えてしまいました。より正確に厳しいサーブを要求される状況になり、1stが入らない悪循環になります。最後はイストミンのプレーが噛み合いやりたいようにやられる感じになりました。

イストミンの杉田が攻め込んでいるときの後ろに下がってのスライス等による処理が非常に良かったように思います。試合を通じてイストミンが上回った形です。

この試合を見られていないとのことで、スポナビライブでアーカイブが無料で解放されています(たしか2週間限定です)。よかったら是非。

こんな記事も読みたい

今後のランキング推移について 引き続き混戦模様【気ままにスポーツ日記】

楽天ジャパンオープン2017 ドロー発表 日本から杉田、太郎、添田、内山が本戦に出場!【0 to zeroのhorizon】

杉田祐一 1時間完勝SFへ!30位台へ向け明日イストミンと!過去対戦成績!錦織圭リハビリ最新tweet!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:2229
  • 累計のページビュー:5899937

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss