change-the-flow

「ラケットを叩き壊すくらいの闘志が必要だ」 錦織のウインブルドン2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは、杉田のツアー初優勝を祝福します。おめでとうございます。偉業です。今後のさらなる活躍を期待します。

ウインブルドン2017のドローが発表されました。 クレーシーズンが終わりグラスシーズン、そしてこのウインブルドン大会が終わると北米ハードシーズンへ移行する折り返し点となります。この大会の注目の一つがランキング1位争いです。失効後のポイントです。

①マレー   :7,390 ②ナダル   :7,285 ③ワウリンカ :6,130 ④ジョコビッチ:5,965 ⑤フェデラー :4,545

こうして見ると、上位5位まではビッグ4+1であり、4位のジョコビッチまでが1位のチャンスがあるという事になります。1位のマレーと2位のナダルの差が105ポイントですからほぼ横並びということになります。腰の痛みのためエキビジションを辞退しているマレーにとっては厳しい状況となっています。ここで2003年以降の優勝者を確認します。

2003年:フェデラー 2004年:フェデラー 2005年:フェデラー 2006年:フェデラー 2007年:フェデラー 2008年:ナダル 2009年:フェデラー 2010年:ナダル 2011年:ジョコビッチ 2012年:フェデラー 2013年:マレー 2014年:ジョコビッチ 2015年:ジョコビッチ 2016年:マレー

フェデラーが7回、ジョコビッチが3回、ナダルとマレーが2回となっています。ワウリンカだけが優勝がありませんが生涯グランドスラムがかかっています。フェデラーが優位と言われていますが誰が優勝してもおかしくないですし分からないと思います。これ以外からの優勝者が出て来てもおかしくありません。チリッチやA・ズベレフが有力と思います。チリッチは順当にいけば4回戦で錦織、QFでナダルです。A・ズベレフのドローを気にしていたのですが、4回戦でラオニッチ、QFでフェデラーと厳しいドローとなりました。レースランキングです。

①ナダル     :6,915 ②フェデラー   :4,545 ③ティエム    :3,165 ④ワウリンカ   :3,140 ⑤A・ズベレフ  :2,530 ⑥ジョコビッチ  :2,225 ⑦マレー     :1,930

やはりナダル優位、フェデラーが優勝したとしてもまだ差があります。この中にティエムとズベレフが入り込んでいるところに意味があると思います。錦織世代に勢いがありません。世代間争いも楽しみです。ジョコビッチとマレーがどこまで意地を見せられるのかもポイントになります。果たして今大会終了時点でどのようになっているのでしょうか。


ウインブルドン大会を前に(錦織のラケット破壊行為について)

「ラケットを叩き壊すくらいの闘志が必要だ」 これは以前に私が錦織に向けてコメントした内容です。錦織のラケット破壊行為は物議を交わし、非難を浴びています。だとすると私も同罪です。まさか私の声が錦織に届いた訳ではないでしょうが、錦織はやってしまいました。しかも豪快にです。このコメントをした時期は定かではありませんが、おそらく2015年シーズンだったと思います。このときの錦織への期待は大きく、このコメントに対する賛同の声はあったにしても否定されたり批判されたりすることは皆無でした。今なぜ錦織は叩かれているのでしょうか。この種のテーマが取り上げられていますが、読者の皆さまの中には関心や整理出来ていないものが漂っているように受け止めています。ウインブルドン大会が始まる前に、あえて、私の考え方を記させて頂きます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ラケットを叩き壊すくらいの闘志が必要だ」 錦織のウインブルドン2017

Change-The-Flowさん返信ありがとうございます。
トイレットブレーク記事、皆さんのコメントも含め再度拝見しました。改めて考え直しても、好ましくはないが問題ないレベルと判断してます。
今回小生の提案したトイレットブレークは相手選手を長時間待たせて揺さぶりをかけるものではなく、自身が冷静になり、再度集中する目的で、試合に1度で時間も合理性のある時間内のものです。
錦織選手の場合、ラケット破壊のプラス面があまりなさそう(逆にやってしまったと落ち込む)に見えるので別の方法で冷静になれるものの方が良いのではとの提案の一つで、何でもよいと思います。
錦織選手の武器の一つは「えっこんなところに打つの?」という感性で、これには怒りより冷静さが必要だと思った次第です。
*すみません、また蛇足です。こんな所に打つの?の小生にとっての最高選手はヒンギス選手です。後期にはパワーテニスに押されてしまい残念でしたが、彼女のテニスを見ていつも感嘆していました。

Change-The-Flowさんが多くのコメントに真摯に返信されている事に感銘を受けてます。これからも頑張ってください。

「ラケットを叩き壊すくらいの闘志が必要だ」 錦織のウインブルドン2017

フェデラーって去年のモンテカルロでラケット破壊しましたっけ?

どの試合か教えていただけないでしょうか。

「「ラケットを叩き壊すくらいの闘志が必要だ」 錦織のウインブルドン2017」へのコメント

fukuさん

フラストレーションや怒りの対応については、ジョコビッチ、やマレー、おそらくフェデラーも上手くプラスに変換できていると思います。彼らは流れを引き戻す際は、サービスで回復するケースが多いようですね。錦織の場合は、まず怒りを抱くことは必要と考えます。次にそれをパワーに変換できるかが課題でしょう。トイレットブレイクについては認識が違いますかね?「ナダル戦でのトイレットブレイクについて」(よく読まれている記事4)をご参照下さい。

チリッチはまず本日の最も注目試合の一つ、初戦のコールシュライバー戦をまず突破することですね。対戦成績3勝6敗。ナダルは危険です。きそうな気がします。フェデラーの名言は私も記憶しています。おそらく自信からきているのではないですか、 フィジカル的にもメンタル的にも。錦織は兎に角目の前の一戦に全力を尽くすことでしょう。課題を持って臨むと思います。上にいくためのテニスが出来るかです。初戦がいよいよ始まりますね。
昨夜は疲れて寝てしまいました。遅くなりすいません。また、お願いします。

「「ラケットを叩き壊すくらいの闘志が必要だ」 錦織のウインブルドン2017」へのコメント

ご参考までですが、読まれてなければ、two-set-downさんの、NO1記事、超大作をご覧下さい。完璧までに解説頂いています。

こんな記事も読みたい

女子・ウィンブルドン2017・全ドロー発表 日本からは大坂、土居など5人出場!【0 to zeroのhorizon】

【2017ウィンブルドン;ドロー 】錦織選手はどう戦う!?【"テニス"感覚観戦】

錦織圭 ズバリ80%満足ドロー!4回戦チリッチ戦突破は錦織夢の4強を意味する!?ウィンブルドン組み合わせ 杉田&ダニエルは?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:2183
  • 累計のページビュー:5505941

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss