change-the-flow

おそるべしフェデラーのクオリティ 芝の王者は健在 ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲリー・ウェバー・オープン決勝、フェデラーがA・ズベレフに6ー1、6ー3のストレート勝利し、2年ぶり9度目の優勝を飾りました。

フェデラーがコイントスでレシーブをとりズベレフのサービスゲームから始まります。ファーストポイントはフェデラーはブロックリターンからラリー、フェデラーがスライスそして浅いスライス、ズベレフはネットかけてサイドアウトし落とします。次のポイントはラリーからフェデラーはバックハンドのスライスを深く返し、続いてバックハンドのスライスをドロップショットとし決まります。意外性を感じましたが鮮やかに決まります。続いて2ndを厳しいリターンで0ー40、ラリーから今度はスピードをあげ強打、フォアハンドウイナーと緩急をつけフェデラーがいきなりラブゲームでブレイクします。

フェデラーの戦略は大きく2つあったように思いました。

①ズベレフのミスを誘発すること。 ②ズベレフのペースとしないショートゲームとすること。

ミス誘発については、バックハンド側のボディに近いところに集めました。そしてスライスを多用しました。これはズベレフの攻撃的テニスを封じることもでき、強打出来ずネットにかけ、バックアウトし、サイドアウトしました。ズベレフはフェデラーの早い攻撃的テニスや強打を警戒していたのではないかと思いますが、この遅いテニスにペースを狂わされたのではないでしょうか。

ショートゲームについては、長いラリーはズベレフのペースとなりがちです。この長いラリーをフェデラーは避けたのだと思います。多用したのはドロップショットでした。これも意外性を感じました。長いラリーとなりかけると、すかさずドロップショットを仕掛けます。仮に決まらなくてもネットプレーとなりフェデラーに一日の長があります。フェデラーのサービスゲームでラリーでズベレフがポイントを取るものなら、ここもずかさずサーブ&ボレーとしていました。

第3ゲーム、ズベレフはボディ付近の球をバックアウトし、サイドアウトしました。フェデラーのリスクはウイナーをとることにではなく、ボディ付近に送るショット、ドロップショットにあずけブレイクを奪いました。 第7ゲーム、フェデラーのドロップショットがまた決まります。浅く入ると強打、ドロップショットを警戒するため厳しくコントロールしようとするのか、ズベレフはサイドアウト、バックアウトし第1セットを6ー1でフェデラーが先取します。フェデラーのサービスは深く厳しいコースへとコントロールしズベレフに攻撃の機会を与えませんでした。

第2セットはフェデラーのサービスゲームから始まります。ズベレフは深くコントロールしフェデラーにもミスがでてブレイクチャンスを握りますが、フェデラーがサービスで凌ぎます。QF、SFと第1セットを落としながら逆転勝利してきたズベレフは集中力を上げます。第5ゲームまでは互いにサービスゲームをキープしますが、第6ゲーム、フェデラーにドロップショットを決められた後、ズベレフはサーブ&ボレーを2本続けますが、フェデラーが対応しポイントを譲ります。最後はフェデラーのドロップショットからフェデラーのパッシングショットでブレイクを先取します。そのままサービスゲームを互いにキープ、最後はフェデラーの3本連続サーブ&ボレーから決めて勝利しました。

どのような展開になるか読めないと思いましたが、このような展開になるとは予想もしませんでした。言い方は悪いかもしれませんが、ズベレフは肩透かしを食らった感じではないでしょうか。ズベレフとしても打ち合いとなれば勝機があったかもしれませんでしたが、そうはさせてもらえなかった。フェデラーの凄いところは戦略を全うするところ、その戦略をクオリティ高く遂行できるところでしょう。今大会のズベレフは素晴らしかったと思います。必ずや血肉となる敗戦であったと思います。この敗戦を受けてまた一つ進化して欲しいと思います。WBにも期待が持てます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

おそるべしフェデラーのクオリティ 芝の王者は健在 ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝

クイーンズは観ていません。分かりません。35歳のロペスは頑張りましたね。しかし、チリッチも接戦に弱いイメージがついてきました。34歳のミュラーも俄然頑張ていますね。ディミトロフも波にのれません。昨年WB準優勝者のラオニッチの状態はどうなんでしょう。分かりません。おしえて下さい。

おそるべしフェデラーのクオリティ 芝の王者は健在 ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝

tomyさん

叩きましたね。叩かないとですね。容赦なしです。錦織もこれくらいの厳しさ、これでもかという厳しさが欲しいですね。しかし、フェデラーも不安であったと思います。前回は破れていますから。
サーシャは左右の動きは軸がブレずに素晴らしいです。しかし、今回はフォアハンド側に振られた際対応できない場面がありました。錦織のマレー戦も同様。バックハンド側のボディに近いところに集められると、フォアハンド側の対応が遅れるのかバランスが崩れるのか、徹する戦略は機能するようです。サーシャは対応してきますよ、考えるはずです。進化します。WB前哨戦でよかったかもしれません。反面、サーシャの弱点を披露してしまいました。研究されるので、早急な対応が必要でしょう。

「おそるべしフェデラーのクオリティ 芝の王者は健在 ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝」へのコメント

余談ですがクイーンズの決勝もなかなかの好試合でした。よければぜひ。

「おそるべしフェデラーのクオリティ 芝の王者は健在 ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝」へのコメント

やはり出だしからフェデラーは全力で叩きに来ましたね。期待しているからこそここで叩いておくといったとこかと。

自身の持ち味である早さ、ショートポイントなどを見せつつもつなぎのスライスが滑らかで丁寧。本人もハースに負けて以降バックのスライスにより重きを置いたといっていただけに芝にあわせてきました、さすが芝の皇帝。ビッグサーブを無効化するあのブロックリターンも続くことでストレスとなったでしょうね。

サーシャはやはり左右の動きは強さがあるものの前後、特に前への動きがまだ甘いですね。その点フェデラーもよくわかっていてドロップを多用していました。

離されてストレスから雑になる、そのあたりの修正力がつけばサーシャも一皮むけそうですね。

こんな記事も読みたい

夢のビッグマッチ実現 芝の王者フェデラーか 将来のNO1候補ズベレフか ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝 【change-the-flow】

2017/6/24 世界ランクとGPランキング【たまにテニス】

ジョコヴィッチのスケジュールで芝シーズンを!錦織来年から前哨戦スキップでウィンブルドンがベター!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:12062
  • 累計のページビュー:5028367

(07月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss