change-the-flow

夢のビッグマッチ実現 芝の王者フェデラーか 将来のNO1候補ズベレフか ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝 

このエントリーをはてなブックマークに追加

すごい事になりました。ゲリー・ウエバー・オープンの決勝カードは新旧夢の対決、35歳のフェデラーと20歳のA・ズベレフとなりました。改めて説明する必要はないでしょうが、フェデラーは全豪、IW、マイアミを優勝し、その後の大会を欠場。この芝シーズンに照準を合わせてきました。当然に最大の目標はウインブルドンの8度目制覇です。一方のズベレフはローマMS初制覇を果たし一気にグランドスラム初制覇をも視野にいれています。両者の対戦成績は1勝1敗、直近の対戦は昨年のハレSFでした。ファイナルセットに持ち込み、7ー6、5ー7、6ー3でズベレフが勝利し決勝に進出しました。ズベレフは2年連続の決勝進出となります。

ズベレフはテニススタイルから言うと芝にマッチしているのではないかと言う印象を持っていました。しかし、前年ハレは決勝進出するもマイヤーの職人芸たるテニスに敗北、前大会のリコーOPではSFでミュラーに敗退しています。ズベレフが芝に適応できるのかに注目しています。

2回戦の相手は今大会優勝経験のある33歳コールシュライバーにストレート勝利、QFの相手は29歳のバウティスタ=アグート、SFの相手は31歳のガスケと熟練のテクニシャンばかりです。将来を期待されるズベレフはサービスやショットの強打は魅力であはありますが、もう一つの武器の足りなさを感じていました。しかし、今大会は違います。仲の良い兄のM・ズベレフとダブルスにも参戦し、これもまた決勝進出をきめています。目的の一つがネットプレーでしょう。ネットプレーの得意なミーシャから直伝される心強さもあります。今大会はそのネットプレーを随所に取り込んでいるのです。ズベレフは確実に進化しています。

QFとSFの内容に共通点があります。まずは第1セットを競り負けて落としていることです。QFはバウティスタ=アグートの持ち味の精度の高いテニスにペースを握られていました。ミス誘発を受けました。ここで先にズベレフのウイナー数とUE数を確認しておきます。

<QF> 第1セット ズベレフ:20ー16、アグート:6ー 9 第2セット ズベレフ:17ー13、アグート:9ー13 第3セット ズベレフ:12ー 8、アグート:3ー 5

<SF> 第1セット ズベレフ:16ー 5、ガスケ:10ー 3 第2セット ズベレフ:12ー 7、ガスケ: 9ー 5 第3セット ズベレフ:10ー 7、ガスケ: 8ー13

QFはウイナー数とUE数からみると全てのセットをズベレフとってもおかしくない数値です。手集計ではズベレフのミスはリターンゲームに多く、サービスゲームのUE数は第1セットで6、第2セットは2です。バウティスタ=アグートのストロークは安定しており第2セットまでは優位性を感じていました。両セットともタイブレークに持ち込まれワンセットオールとしました。

ズベレフの課題は雑になることです。うまく展開できないときなど怒りをあらわにします。強打しミスになります。前半はこのような場面が見られました。バウティスタ=アグートのショットは安定しておりズベレフのミス誘発で十分に対応でき勝利も見えるかのように感じました。ところが徐々にズベレフのショットに安定感がまし、バウティスタ=アグートはミス誘発では対応できなくなります。更にズベレフのパワーとフィジカル的な強さや持久力を感じさせます。第3セットに入ると完全にズベレフがゲームを支配し、6ー1でズベレフが勝利しました。

SFのガスケ戦も同様な展開を感じました。第1セット立ち上がりはガスケがズベレフに対しての戦略があるのか疑問でした。第3ゲームに先にブレイクを奪われますが、直ぐにズベレフのミスもありブレイクバックします。ここからはガスケの熟練のうまさを感じました。見事なドロップショットやネットプレーも交えミス誘発もし第10ゲームにブレイクを奪い第1セットを先取します。ミス誘発と言ってもズベレフのUE数は5ではないかと思われるでしょうがポイント数の内訳をみると分かりやすいです。ウイナー数+相手のFE数+相手のUE数=ポイント計です。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「夢のビッグマッチ実現 芝の王者フェデラーか 将来のNO1候補ズベレフか ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝 」へのコメント

ポンさん

初コメ、ありがとうございます。
その通り、フェデラーはドイツでも人気がありますね。あれだけのテニスを魅せられると、人は引き付けられます。しかし、ドイツ国民性なのか、ハレでしかみれませんので、ゲーム間は観客の表情をしみじみと感じ取っていました。素晴らしいです。

「夢のビッグマッチ実現 芝の王者フェデラーか 将来のNO1候補ズベレフか ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝 」へのコメント

初コメです。

アウェーどころかホームみたいな感じでしたね。。笑

今までも、そしてこれからもフェデラーのような愛される選手はでてこないでしょうね。。

こんな記事も読みたい

2017/6/24 世界ランクとGPランキング【たまにテニス】

ジョコヴィッチのスケジュールで芝シーズンを!錦織来年から前哨戦スキップでウィンブルドンがベター!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【2017ATP500ハレ2R】錦織選手 左臀部故障途中棄権 ネバーギブアップ!【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:7213
  • 累計のページビュー:5488629

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss