change-the-flow

心配をかける錦織 勝負の第2週へ 全仏オープン2017 R32

このエントリーをはてなブックマークに追加

全仏オープン3回戦、錦織はチョン・ヒョンに7ー5、6ー4、6ー7、0ー6、6ー4と雨天順延のため2日間にわたるフルセットの末、第2週へと勝ち上がりました。

錦織に目立ったのはミスです。UE数計は69です。セット平均15.8です。チョン・ヒョンは下半身が強く、ストロークに安定感がありミスをしません。よって、一定のリスクを取ることはやむを得ないのかもしれません。事前のチョン・ヒョン情報による戦略であったかもしれません。しかしながら、第1セットから錦織のテニスに違和感を感じました。

第1セット、第4ゲームまでの立ち上がりは順調に推移していました。ただし、チョン・ヒョン1stのサービスが入らず2ndの対応にあわなかった様子でした。下がって対応していましたが第5ゲームでは前にでてリターンエースを2本決めたのでした。一見、2ndにあってきたと言えるのですが、これが裏目にでたように感じていました。その後さらに攻撃的な展開としたのですが雑さが見られました。その後20ものUEを出します。バックハンドをネットにかけるミスが目に付きました。 チョン・ヒョンのテニスを始めてしっかりと観戦したのですが、いわゆる、厚いあたりの球を安定的に展開してきます。厚いあたりとは、球をつぶして打ち、威力とスピン量が多いものです。これにより相手のミス誘発をするテニスを基本とする戦略のようです。しかし、いざという場面ではバックハンドのDTLなどウイナーを取ることもできます。なにより下半身が安定していてフォアハンドもバックハンドも安定感がありミスが少ないです。今後に期待を持てる危険な選手となりそうです。

ここで、錦織のポイントの内訳をセット毎にみてみます。ウイナー数+FE数+UE数です。

第1セット:17+16+15=48 第2セット:10+ 9+10=29 第3セット:18+12+11=41 第4セット: 6+ 5+ 3=14 第5セット:11+12+ 9=32

ここで見て頂きたいのは各項目のバランスです。テニスはポイントを取り合う競技であり、どの項目でポイントを取ろうと多ければよいと思われますが、ミス誘発でポイントを重ねることが大切ではないかと考えています。そこには自身のミスがなく相手にテニスをさせない展開において出てくる傾向があり、相手はリスクをとりミスがさらに増発しペースを奪われるのではないかと考えています。トップ選手に多い傾向と思われます。注目するのは第3セットです。錦織のウイナー数が18とFE数とUE数と比較して多いことです。このセットのチョン・ヒヨンのポイント内訳は5+23+11=39です。FE数の内サービスポイントが16とチョン・ヘヨンのサービスが好調となり錦織がリターンを返せない状況となっているのです。

この様な視点で再開後の錦織の戦い方を観ていました。 チョン・ヘヨンが構えて放ったショットには威力があります。構えさせないことが重要と考えていました。初日においても錦織が振った球には手打ちとなり甘い球やミスをしいました。左右に振ることが重要と考えていました。それによりFEやUEが増加するのです。第5セットは11+12+9と各項目のバランスがとれています。これをゲーム毎のばらつきで見ると更に状況が分かります。チョン・ヘヨンの第5セットは8+8+10であり頑張っていました。ブレイクバックしたのも見事でした。 第5セット、錦織はチョン・ヘヨンのテニスを奪うことができました。十分ではないにしろ、錦織の攻撃的なバリエーションのあるテニスがトップ選手としての地力が勝ったと言えそうです。フェレール戦では疑問に感じていたバックハンドのストレート、更に進化するフォアハンドが機能していました。錦織とローラン・ギャルズと雨ですか、ガスケはモンフィス戦棄権をしたようです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2017全仏オープン3R】錦織選手、なんとか気持ちを繋いで勝利【"テニス"感覚観戦】

薄氷の勝利… 恵みの雨に感謝!【スコッチを片手に】

錦織がアジア・ナンバー1の本領発揮、チャン・ヘヨン(67位)との激闘を制す!(全仏オープン2017・3回戦)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:1400
  • 累計のページビュー:5841379

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss